FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【携帯】泥

WindowsMobileがもう終わったので
RaspberryPiで何とかならんかともがいたのですが
あれこれと環境構築に時間を取られ過ぎて、
目的のSS執筆に着手できず空白時間がそろそろ許容できない状態になったので
仕方なくもう携帯電話とタブレット両方を一気にAndroidに変えました。

二つ合わせて2万円強という糞安ペアですが使ってみた感想。

「何この安定感!」
「何このコスパ!」

私の場合モバイルデバイスに求める用途が
文章執筆なので偏っていると言えば偏っているんですが
もともとそんなに特殊なものだとは思ってないのですが…

文章の記述なんて
現代の携帯電話やタブレットデバイスのカタログスペックに書いてある処理能力なら
鼻で嗤うような作業だと、思っていたんですよ。
だってファイルサイズなんてどんなにいったって
1MByte行かないんですよ(行く場合もありますが

でも出来ないんですよ。

今迄自宅で書く以外の環境は
(私は基本家では書きませんが)

WindowsCE
ガラケー(Windwos7搭載携帯)
iPhone+iPAD
WindowsMobile+Windows8.1タブレット
RaspberryPi(時間的猶予がなく頓挫)
Android携帯+Androidタブレット

と遷移してきたわけですが
ただテキストファイルを書くだけでもかなり熟慮して選ばないといけない。

なんかひでーなっとくいかないんですよね……

CPUにもメモリにもギガとかのってて、
なんでただのプレーンテキスト1メガ程度の編集できないのか。

WindowsMobileを選択したのが本当に致命的な大ミスでした。
触ってみた経験的なところだけ言えばいい経験だったと言えなくもないですが
その間のQOLの駄々下がりったら半端なものではありませんでした。

WindowsMobileを使ったことのない人、
「スマホなんて名に選んだって大して違わんのにQOLだなんて大げさな」
って思うでしょ?
わたしもそう思ってたんです。
甘い。まじで。
あれは使った人間にしかわからない絶望感がある。
MS社に不信を抱くレベル。


で、今回生まれて初めてAndroidに触ってみることにしたというわけです。


まあ文章を書くところに戻りますと。

アンドロイドで文字を書く環境としては割とベーシックな環境に落ち着いたんじゃないかと。

「ハルナアウトライン」
「Dropbox」
「Jota+」
「Google日本語入力」

特に変な環境はないので語るべき事は無いですね。
本当はAtokにしようかと思ったんですが
今はやめときます。

全製品パスポート化されるらしいことなので
一旦その後の動向を待ちます。

また
手持ちのタブレットが、「MediaPad T2 8 Pro」(の中古)なんですが
こいつが、
ハードウェアキーボードを接続しても
ソフトウェアキーボードを画面から消すことが出来ないという欠陥を抱えている。
Androidのバージョンが一個古いためみたい。

「Google日本語入力」ではなく
別のIMEである「nicoWnnG IME」だけは、
IMEソフト側から能動的にソフトウェアキーボードを消すオプションが入っているんですが
他のものにはない。
Android側のアップデートで対応されているので
IME側で対応することはもうないでしょう。
「nicoWnnG IME」にしなかった理由は…
なんだったかな、艦橋検討中に何か問題があったからやめたんだけど
もう忘れてしまった。

Androidの事不勉強な中で環境構築したから
今もう一度見直したら「nicoWnnG IME」にするかもしれません。

まあそれにしても、「Atokお試し版」を試したところ
やっぱりソフトウェアキーボードは消せなかったので
どのみち不完全を我慢して使うのならお金を払うところでもないかなと
一旦やめました。

ただ、
Atokのサイトを閲覧していると
AtokForAndroidのpro版になると
わざわざ物理機ボードのサポートが記載されているんですよね。
もしかするとPro版は
能動的にキーボードを消すオプションが乗っかってるかもしれないのですが…
なんかそこまでこだわる気にもなれなかったので
「Google日本語入力」にしました。


SS執筆、なんて
小説の執筆とかシナリオ作成
みたいに大それたもんじゃないのですが
一応目に入ったのは、
「JotterPad」だったんですが
アウトラインの管理が気に喰わなかったのでやめました。
枝の管理はディレクトリで行うっぽいのが、あんまり。
外部連携が効くのかは確かめていません。
なんだかポートレイトで使うことが前提っぽく思えたのもやめた理由です。
(私は携帯電話にも物理キーボードを付けてランドスケープで使用しています)

タイプライタースクロールするのは魅力的だったのと
ハルナアウトラインはクラウドと直接連携できないんですが
その他の部分で「ハルナアウトライン」が圧倒的でした。

ハルナアウトラインは
今まで使ったアウトラインエディタの中で一番使いやすいかもしれない。


外部連携でJota+に連携して使っています。
Jota+はカスタマイズ性が高く
私のお気に入りの「黒バックに緑文字」にできる。
検索や置換など不足なし。

外部連携は
iPhoneやiPadで、
iTextEditorとAtokPadを連携していたのと
同じ感じでした。
アプリの切り替え時に注意しないとデグレする。

ハルナアウトラインの.holファイルを
Dropboxに保存して、
携帯電話とタブレットの間、
最終的にはデスクトップと連携しています。

Dropboxに.holファイルをいちいち保存するのだけは手間だなあって思います。
特にDropboxからローカルにエクスポートするとき
同名のファイルを上書きしてくれないし、
どうしますかとの問い合わせもなく
勝手に末尾に(n)を付けられるので
いちいち旧ファイルを削除してリネームする必要があります。
これはdropbox側のクソ仕様だなと思いました。


とりあえず、
android携帯+AndroidタブレットでSS1本かけたので、
目下このまま行こうと思います。



はあ、それにしても
WindowsMobileを脱出できたことで
非常に心穏やかになれました。
めでたしめでたしです。
急な出費はきつかったですが…。

RaspberryPiでwlan0 not associated

下記障害は、想像ですが、初期設定時のユーザ設定のせいの様な気がしました。
その後、いろいろとやってみたところ
SSIDの一覧は表示されるようになったものの
DHCP設定の筈なのに名前解決に失敗して外部接続にことごとく失敗するようになり
もう何が悪いんだかよくわからずにOSのクリーンインストールをしました。

その後ユーザ設定
(piユーザを封印して独自ユーザで使用するようにする一連の作業)
を気を付けながらやったところ、今のところ綺麗に動いています。

RaspberryPiは
①ローカルネットワークの外部からアクセスを受ける側のサーバとして使いたい
②普通にネットワークに子機として接続するデバイスとして使いたい
のふたつに大まかに分けた場合、

webでネットワーク設定についての情報を集めようとすると
特にトラブル>解決の流れについては①の情報ばかりが出てきます。

「今回DHCP設定をしているのに名前解決に失敗する」という障害については
web情報はSSHで外部から家のラズパイに接続するときのノウハウで埋め尽くされており
遂に一つも手掛かりを得ることが出来ませんでした。
(外部から接続しやすいように固定アドレスにしたがDNSが、というものばかり。
私は②ユースなので固定IPにする必要もなければSSH接続の要件もありません)

色々諦めてさっぱりとクリーンインストールしました。

------------------------------------------------
正直Linuxはずぶの素人なので何もわかりません。

ある日起動してみると、今迄は
xwindow上で
wireless&wired network setting
をクリックすれば接続先一覧が表示され、
希望の接続先を選択してpass入力すれば繋がっていたんですが

wlan0 not associated

とか表示されて接続先一覧などでて来なくなりました。

RaspberryPi3B、0Wを購入後
インストール直後から何のセッティングもしなくてもLan接続できていたために
その辺の設定が全く分からないままいた弊害とも言えますが
いきなりお手上げです。
google先生に訊きます。

英語のフォーラムでにたようなことを叫んでいる人がいますが
解決していない様にも見えますし
英語なので少しのヒント萌えられません。
学生時代の学力カースト最底辺舐めるな。

数少ない日本語のweb情報のみを漁ります。


まず、今迄の
wireless&wired network setting
を右クリックすると
「なんたら.confに対する権限ねーよ、書けねえ」
とか言われます。

解せぬ。お前先週まで従順に接続してただろ。

エラーメッセージ上に
対象ファイルのパスとファイル名が表示されるのが幸いし
ファイルまでたどり着いてみると
確かに権限が無いようなので与えてみる。

これはPIユーザ以外を使うためにユーザ設定をいじくり回したときに
何か設定を見すっているのかもしれない。
Linuxのユーザ権限至上主義は
温いwindowsユーザにはかなりハードル高いです。

権限エラーは表示されなくなりましたが
接続先設定のような画面が出てきましたが
(これも今までは疑いなく接続できていたために使った事が無かった。情弱…)
何も記載がされていません。

web情報ではその辺をどうのこうのするというのはあまりなかったので
一旦はその状態で放置します。


日本語のサイトを探しても微妙に症状など違うので
広く色々とやってみるしかなかったのでいろいろとやり、
一日かけて接続できるように復旧しました。

……というのが2週間ほど前に0Wでのこと。
今日やってみたら3Bでも全く同じ症状で繋がらなかったので
同じ手当てをしてみたらとりあえず同じようにつながったので
メモっておく。



【症状】
メニューバー上の
wireless&wired network setting

wlan0 not associated
と表示されていて、
AP一覧が出てこない。ネットの海に漕ぎ出せない。

wireless&wired network setting
を右クリックすると権限エラーみたいなこと言われる。
俺だー、結線してくれー。

また
$ wlist wlan0 scan
とかコマンド投入しても
no scan results
と言われる。

試しに
sudo ifdown wlan0
sudo ifup wlan0
とかやってもダメ。

ifconfig
する限り、一応wlan0さんはそこにおわすようだ。

こんな状態です。


【やったこと】
※Linuxずぶの素人で何が原因なのかわかっていないため
 以下に記載する手段は
 十分条件ですが必要条件には過多かもしれません。
 どれかはやらなくても解決するのかもしれませんが
 もう怖いので触りません。


前述の通り、
wireless&wired network settingが吐く
権限不足エラーを生ずるファイルに対して
権限を充足させる。
ファイルのパスも名前もエラーに表示されてる。
dhcpcd.confだか何だか。
どうしてこうなったのかはもはやわからない。


/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
の中を見てSSIDが""でくくられてたら外せ、
という情報をどこかで見かけたが
効果がなかったのでくくり直した。
多分これは違う。



/etc/network/interfaces
の中を覗いて


auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
.....


赤文字部分が記載されてなければ追記する。
こんなものを弄った記憶はない。


再度
sudo ifdown wlan0
sudo ifup wlan0
で立ち上げ直し。
効果なし……あったのかもしれないけど
直ぐ次の手順に移ってしまったのでよくわからず。

大体、
インターフェイスデバイスの再起動にSUDOがいるのは通常なのか?
この時点で何かおかしいのでは。
おかしくないのかもしれないが、私にはわからない。



iwlist wlan0 scan
は依然ダメ
sudo iwlist wlan0 scan
で完全表示させてみると
一応希望するAPは見えた。

sudo wlist wlan0 scan
で再認識させる必要がある…とはちょっとにわかに信じがたいが
行った手順には入っているのでメモ



上記全てをやってからreboot。


繋がった。
原因も分らなければ解決方法も解せぬ。



以上。

【携帯電話】OnenoteがマシになったのでSS作業用にノートを組み立て

前に、Windows10MobileでSSを書く手段として
Onenoteを上げたうえで「使い物にならない」と結びましたが
あれからいくつかバージョンアップがあって、
先ほど試してみたところ、
少々のサイズのテキストを張り付けただけで落ちる
という事は無くなったようです。

Onenoteには、
もし仮に満足に文字列入力が可能になるようだったら
デバイス×場所シームレスに、
アウトラインっぽいブレイクダウンをしながら
文字を書いていくことを期待しています。

アプリの挙動いかんではtxtよりも
こちらを優先したいと考えているところではありますが
まあ今のところはまともに使えそうに見えないです。

幾らか文字列を張り付けても落ちる事が無くなったので
今書いているSSの作業をonenoteでできる形に
一旦張り付けてページ分けしてみました。
勿論バックアップはとってありますが…。

wp_ss_20161028_0001.png

他の人の描き方がどうなのかはわかりませんが
私は
当該作成単位を更にいくつかの細分単位に分けて
その日の気分でノリのいい細分単位を書いていきます。
日によってあっちだったりこっちだったりするので
しばらくするとこれはもっと前に、あれはもっと後に
みたいなことがよく起こるので
アウトラインでの作業は長い間憧れ
(でもいい実現手段がなく実行していなかった)
でした。

もしonenoteがちゃんと稼働するのなら、
携帯電話でもクラウド上のアウトライン的なドキュメントを編集できることになるのと
何よりonenoteは上に下に移動するのが非常に楽です。

wordへエクスポートできることも確認しているので、
まあmobile版の機能いかんによっては
本当にonenoteでSS書くという暴挙に出たいと思っています。

【雑記】Windows10Mobile(MADOSMA)で長文テキスト編集できるか②

①はこちら。

①書いた時から
WindowsMobileユーザの間で期待視されていた
「Windows 10 Anniversary Update(にくっついてくるmobile版のupdate)」
を経ています。

期待の大型アップデートによってどうなったかというと
何も変わっていません。

……ひどいですね。

日本語入力系全般はそれなりに声が大きく
ユーザエクスぺリエンス的にも大きな比重を占めるはずなのに
ユーザの声など知ったことかといわんばかりに
AnniversaryUpdateではやり残した機能の追加に腐心している感じでした。

旧日本軍が
兵站考えずに薄く広く風船みたいに
考えなく領土を広げてったのと同じ感じに見えます(言い過ぎ

まあそれは置いておいて、
ドキュメント作成について再度状況を見ましょう。


■.txtファイルの扱い
私はアプリ開発をしていないのでよくわかりませんが
メモ帳系のアプリは群体としてすでに進化を止めているように見えます。
乗せられる機能は載せたといった感じ。
実際にカタログスペック上、必要な機能はおおむね出揃っていて
それを搭載したメモアプリは固定気味です。
notepadX
nsメモ帳
Scyphoz Notepad
ほかもろもろ。

上記三つはどれも星4とか獲得していて高評価なんですが
個人的には
どの評価についても「ほんとに使ってるの?」という感想を禁じえません。
それはやはりopen可能なファイルサイズが全く改善されていないからです。
数百byte~1kbyteくらいならそれでもいいんでしょうけど

その程度のファイルサイズなら
ぶっちゃけこういったテキストエディタをわざわざ選択する意味はないと思います。

この問題は広く未解決のまま存在し続けていることから
やはりアプリの責任ではなく、OSの問題と考えます。



唯一大型ファイルサイズ
(大型ったって、普通にドキュメント作成してれば
当たり前のサイズだと思ってるんですが…)
に対応してるかなと思えるのが
nyama'sTextEditor
です。

これはファイルを分割して表示する機能があり
指定したサイズごとにページ分割して編集領域に取り込み作業させてくれるため
ファイルサイズの上限制限(のようなOS不具合と思っている)を
回避できています。
いろいろとメモアプリを試していますが、唯一このメモアプリくらいです。

この「ファイルを分割して読み込み編集する」という手法は
昔書いたF07Cという変態携帯で文字編集をしようとして使用した記事にある
iMode用のガラケーアプリで有効だった方法。

Windows10Mobileという優れたスマートフォン用のOS下で
結局ガラケーと同じ方法をとらなければいけないことに皮肉というか

W10M糞

具合を如実に体現しています。

このnyama'sTextEditorはそれを回避はしてくれているのですが
ページ指定が「スライダのみ」なので
何十ページにもなる場合には指定が困難です。

OS的には5Kbyteくらいがせいぜいなので
100kbyteの.txtを開こうとすると
あの小さい画面上に出るスライダが20分割され
それをゆびでちょっちょっと調整して開くしかない。

せめて「次のページ/前のページ」とか
入力ボックスに直接ページ指定で
移動できるのならいいのですが…。
というかそれができればもう何も言うことがない。




■WordMobileの現状
なんと.txtファイルを開けるようになりました!
おお!と思ったのもぬか喜び。
なぜか読み取り専用でしか開けません。
開いた後保存できないのです。
保存したければ.docxにするしかない。

エクスポートとか言う謎メニューから
.odtとか言う形式には出力でき
これは普及度は微妙なものの
アプリや環境に依存しないドキュメント保存形式らしい。
が、これも読み取り専用でしか開けない。

は?ばかなの?

WordMobileにも実態として進歩はなし。




■日本語IME
何も変わってません!
Spaceキーで変換候補を進めていくと文節区切りを勝手に初期状態に戻されるのも
どうでもいい変換候補を馬鹿みたいに覚え続けて邪魔なのも
変換優先度が低くなったものが候補に表示されず変換不能になってしまうのも
全角スペースが入力不能なのも
何一つ変わってません!



いやー、ほんとWindows10Mobileって使い物になりませんね!



■他
上記は「文章作成」という狭い領域だけで言っていると思われるかも知れませんが
これは広い領域に足がかかっています。

WordMobileの勘違いした機能拡充は、
Wordを外で使う時にはどんなシチュエーションでも残念な気分になるでしょうし
IMEのアホさはメール作成時にダイレクトに影響します。

continuumでデスクトップみたいにできて
出先にディスプレイがあればPCを持ち運ぶのと同じ!ゴイス!
とかよく見ますけど
どうもcontinuumにしてもIMEはMobileの状態と同じとのこと。
つまりあのどうしようもない変換機能そのままってことと思いますが…
もしそうなら
あんなので「出先にPCがある」みたいな作業ができるとは私には思えない。

「w10mはiosや泥と違いビジネスシーンで活躍するOSだから」
なんて目をグルグルしたユーザがおっしゃってますが
こんな状態でどんな優秀なハードウェアを投入したところで
ビジネスシーンでの活躍なんてありえないと思います。

というわけで、
WindowsMobileがまともになるころには
iOSやAndroidはまともではなく
素晴らしいOSにブラッシュアップされていることでしょう。
アキレスと亀を実現してくれそうですね。

【日記】携帯電話をDSと間違えられて酷い目に合うところだった

むかしこんなものを作って
いまだにちゃんと稼働しているので
携帯電話に物理キーボードをつけて運用しているのですが。

私は特定派遣社員なので普段は自社じゃないところで働いています。
で、たまに自社に戻る機会があるんですよね。
半日くらい、会議とかなんとかして夕方以降が懇親会みたいに食事をするんですけど。

上記のキーボード付き携帯を
(休憩中など、ほかの人も携帯いじってるような時間に)使っていたんですよね。

そんで更にその後日リーク?してもらった情報によると
どうもマネージャクラスの別の会議で
「私がDSで遊んでた」ことになっていた。
DSなんかもう1年くらい電源さえ入れていないし
ましてや持ち歩いてもいないのになんのこっちゃと思ったら
この携帯電話をいじっているのがDSで遊んでいるように見えたらしい。

結局その場では、
私のそれが携帯電話だってわかってる人がフォローしてくれたらしいんですが
もしいなかったらよくわからんところでマイナス評価もらうところだった。
おそらく私自身に問い質しもないままにマイナスくらってたんだろうという
その密室性が気持ち悪かった。

もっというと
デバイスの形が~とかそういう話もあるんでしょうけど
私より年上の人たちって
ザウルスとかPALMとかCASIOの電子手帳とか
そういうデバイスがいっぱいあったの知ってるはずなのに
(一応はIT業界にいる人だよ、その当時にそれくらいアンテナ立ってて然るべきだろうに)
一枚板でタッチパネルフリック入力する以外のよくわからんデバイスは
「形がそれっぽいからゲーム機だな」みたいに判断したというのが
またもう一つ唖然ポイントでした。

そういう時代に生きてたんだから、
今みたいな没個性なデバイスしかないのよりも多様性を見てると思ってたんだけど
「そんなことねーんだな…結局時代に慣らされて過去のことなんか忘れるんだな」
って結構残念な気分になりました。

「子供叱るな来た道じゃ年寄り笑うな行く道じゃ」

かといって自分がいつまで時代のテクノロジを直観として受け入れていけるのか
私もいい年なんで自信はないです。
今だって「物理キーボード付きがいい」なんてアナクロ極まりない好みをゆっているのだから
私は脱落候補生なのだろうという自覚がある。

逆に、あの密室にいた上司共は時代の先端だけ見て
同時に過去を忘れている(のかな?細かいことはわからないけど、斜に構えて言えば)
のは非常に尖がっているともいえる。
(もっと言うなら、DSというか今のデバイスをよく見てる人なら、
あの携帯電話がDSじゃないのはすぐわかるだろうけど)

何が正しいのかよくわかんないな
何事もバランスだとは思うけれど

……となるとやっぱり
「他人のことは、そのまた他人になんだかんだと言わないのが吉」
ってところかな。

監視社会こわいな(言い過ぎ

他人に興味を持つとろくなことがないように思えるコミュ障はこの先生きていけるのか・・・。



この記事をベースに似たような工作をしている人がいるとは思いませんが
万が一いたらご注意ください。