FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

若きサイラ

「別働隊の数は!」
「濃霧に隠れての侵攻ではっきりとはしませんが三万は固いかと……」
「三万……」
 もはや別働隊というレベルの数ではない。本陣と同程度の兵力だ。だとすると、ルニカの軍が対峙している本隊五万が、暖簾に腕押しな戦術をとっているのも合点がいく。この別働隊こそクラクサの本命。如何ともし難い数の差を少しでも埋めようと前線に兵力を集中した為に、リタ様のいる本陣はほぼ丸裸だ。そこに三万の軍勢が当たってはひとたまりもない。
「隊列を返せ!別働隊を迎撃す……」
「お待ちください」
 私の号令を遮ったのは私の歳を差し置いても幼い少女。
「今、ルニカ軍を離れるのは危険です。わが軍勢五千では三万の軍にジュウリンされるだけ。加えて前線の分裂はより深刻な戦況悪化を導きかねません。」
「……お前は?」
「イリーン・リア・イリアと申します。本作戦よりサイラ様の軍に配属されました。」
「どこの隊?」
「リィン隊です。」
 まとう軍服と襟章から、「リィン」がこの者のことだとすぐにわかった。自分を含め、こんな年端もない子供が隊長だということは。
「御伽者(テイルズ)か。」
「はい。」
 何の能力があるのかは知れない。ただ、今問題なのはそんなことではなく「リタ様の本隊に隊軍が迫りつつある」いうことだけ。
「ではどうしろというの?」
「……我々の戦争をするのです。この歴然とした数の差を戦術や戦略で覆すのは無理です。」
 イリーンと名乗ったこの少女の瞳には、固い決意と、そして幾許かの悲しみが映し出されていた。力に目覚めた御伽者(テイルズ)とは、総じてこういうものだ。だが逆を返せば、彼女も既にしかるべき覚悟を決めているということでもある。
「我々の、戦争……?」
「うすうす感付かれているのではないですか?私達の力は神から授かった神聖不可侵なものなどではないと。私達は兵器なのだと。信仰の対象であるならそれでも構わないでしょう。しかしそれは力の持つ側面。力とは、即ち力そのものです。力を何に使うか、それは火を見るより明らか。サイラ様、貴方の力こそそれを最も忠実に体現したものではありませんか。」
「……」
 そんなことは言われるまでもない。だが、それをしてしまっていいのか、私にはまだ判断できないでいた。リタ様は何も言ってはくれない。戦争で力が必要ならこの力を使わない手はない。それでもリタ様はそれを戦略に含めず、ルニカもまた同じだった。
「ダメだ。この力は人を導き、人を温め、道を照らし、未来を切り開くための力。人を殺すことになんか使ってはいけない。」
「ならば護る為に使ってください。ただ壊すためではなく、護る為に。」
 そんなのは詭弁だ、と言おうとした刹那。背後に強烈な気配を感じ、振り返る。
「サイラ、行きましょう。」
 背後に現れたのはルニカ。周りにルニカの兵がいないところを見ると一兵の護衛もつけずに来たらしい。
「ルニカ!?軍はどうした!」
 連れて来れるわけがないでしょう?などと、気の抜ける応え。
「馬鹿な!指揮官不在であの大軍がもつものか!」
「だから、さっさと片を付けに行くんです。」
「さっさと片を付けるって、まさか」
 私の物言いに、ルニカは意外、といった表情で口を開いた。
「当たり前でしょう?何のための力ですか。」
「何のって……この力は破壊のための力じゃない。護る為の力よ!」
 意図せずにイリーンの言葉が口を突いた。そして。
「わかってるじゃないですか。この力はリタ様を護る為に、使うのです。」
「リタ様を……護る……」
「そう。それが私達の生きる意味。そして初めてそのときが来た。」
 リタ様に三万の相手をさせる気?と付け足して、ルニカは私を見た。その目を見て私は確信する。
「イリーン」
「リィンとお呼び下さい。」
「では、リィン。貴方、誰かに回されてきたわね?」
「あは。ばれちゃった。実はルニカ様です。」
 ルニカらしい、もったいぶったやり方だ。
「もう少し時間をかけて納得してもらうつもりだったんですが……」
「時間?そんなもの、ないんでしょう?」
 怪訝な顔をするルニカとリィン。
「大軍相手にリタ様を護るのには、ルニカの能力じゃ盾にしかならないわよね。」
「……言ってくれますね」
「盾だけじゃ、護れない。護るには槍だって必要、よね?」
 リィンがぱちんと指を鳴らした。ルニカもまんざらではない様で、普段の澄ました雰囲気が少し和んだ。
「時間ならもう十分に貰ったわ。三万くらい、余裕よ、余裕。」
「三万って……三万ですよ?」
 お飾りの将として軍の後方にいるばかりだった私は、この手で直接人を殺めたことなどない。勿論仮初の決心をした今も、この力で人を殺すということに抵抗がないわけではない。ただ、それ以上に。
「リタ様を、お守りするわよ!」
 この力をリタ様のために生かせる。それだけで無限の力が沸いてくるような気がした。
「サイラ様。本陣に向かわれるのでしたら私をお傍に置いて下さい。きっとお役に。」
 リィンが急に部下らしくひざまづく。
「御伽者(テイルズ)ならばここで隊を……」
「お願いします」
 功を急いでいるのだろうか。いるだけの武将として私を後ろ指さす者が多いというのに、なんだって私についてこようというのか。
「この子はね」
 訝んでいると、ルニカが口を開いた。
「最初は私の下に配置するつもりだったんですが。そしたらなんて言ったと思います?」
「るるるるるルニカ様」
「私はサイラ様の下でしか働くつもりはありません、って。御伽者(テイルズ)とはいえ配属されたての新兵が、この私にそう言ったんです。」
 リィンが、あわわわ、と言いながらルニカと私を見る。ルニカの方はといえば言葉とは裏腹に楽しそうに喋っているではないか。
「だからあの役目を負わせて貴方の下に置いたんですが、色々と失敗してしまいましたね。」
「とんだ見当違いね。こんな人望の無い将の下に付きたいなんて。それとも下刻上狙いかしら?」
「違います!私はっ!サイラ様が……」
 小さな私を見上げるもっと小さなリィン。傍目から見ればこの上なく微笑ましい光景だろう。しかし彼女の目にそんな可愛らしいものはなかった。まさに真剣の一言に尽きるその表情からは、嘘や戯言の破片も感じられない。
「私が、何?」
「……」
 リィンは、そこまでの威勢が夢だったかの様に静かになり、口をぱくぱくとさせるばかりでそれ以上の言葉を紡がない。……ルニカは笑っている。
 物語や何やらを元に推し量るならこの先の言葉は一つに決まっている。ただ、私とリィンは初対面だ。その言葉が適当とは到底思い難かった。
「……まあいいわ。なら遅れないで付いて来なさい?」
「はい!」
 私が許可を下すと彼女は跳ね返るように顔を上げた。
 この場にいる御伽者(テイルズ)は全員リタ様救援に向かう。私が離れている間、隊を指揮する者が必要だった。と言っても、それが誰なのかは決まっていて、実際には私がいようがいまいが、サイラ隊の士気には何の影響もない。
「リルイ頼めるかしら?」
「お任せ下さい。身命に代えて、隊を守ります。」
 副官、と言っても幼い私が将故、実質的に隊を取り仕切っていたのは彼女だ。部隊内でも珍しく私を買ってくれている部下の一人。年上だけれど。
 リルイがいなければ私は自分の隊に指示を出すことも叶わないだろう。それ程までに、私への兵の忠心は低い。兵達は私ではなくリルイのために戦っているのだ。だというのに。
「サイラ様、自信をお持ちください。貴方は自分で思っているよりも遥かに優れたお方です。」
「子供に向かってお世辞はやめて」
「ほんとうのこ……」
 そこまで言って、私が笑っているのを見たリルイは微笑み返して口を閉じた。
「この一戦でサイラ様への周りの見る目は必ずや一変します。ご武運を!」
「大袈裟な……」
 私が苦笑してみせると。
「私もそう思いますよ。悔しいな、私より先に見抜いてる人がこんなにいっぱいいるなんて」
 リィンが残念そうに、そしてその言い草がこそ大袈裟な風に、言う。
「みんな、どうかしてるわ。」
 私がリタ様の元で立派な武将になれるかなんてどうだっていい。兵の忠誠も。リタ様が私を見てくれているかも。ただ、私は私にできることで、リタ様への忠義を尽くす、それだけだ。
「急ぐわよ。リタ様には指一本触れさせない!」
 巫女として祭儀用の些細な火と、多少の熱光線を扱えるだけだった私が、全御伽者(テイルズ)随一の破壊力を持つ存在に育つのに、それからさほどの時間を要しはしなかった。何故なら、そのとき、私が護ろうとした当のリタ様は……。