FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

2006/04/30の日記[状態:連休明けが怖い。]

そろそろ
入社した職場の同期とも色々と話す機会も出てきました。

ちょろちょろと飲みに行ったりと
同期との人間関係は割と良好に進めております。





しかし。
職場に同じ趣味の人間がいるのかいないのかと言うことを
出来れば把握しておきたい。
具体的には絵を描いている人間とか
同人関係がお好きな方とか。




そこで。

罠です。





研修中は同期が全員同じ部屋に鮨詰め。


何か良い方法は無いかなあと。







ちょうど、
昼休みの間に
高校の頃の恩師から電話がかかってくる予定があったので



「…これじゃないか?」







着メロを

東方の曲

に設定してして電話を待つ。
マナーモード解除ですよ。
しかも
取り出すのに時間がかかるように鞄の底に締まっておきます。


電話を待つ…。

鳴る。

鞄の中をごそごそと探す振りをしながら
コール音に直して2コールくらいの時間曲を流す。







魔理沙のテーマが昼休みの研修室にこだまする。







電話をして、切って、何事もなかったかのように飯に戻る。

予想外に、
マナーモードに直す前にもう一度かかってきたので
罠を二重にはったことに。

何も知らない人なら何も感じないし
わかる人ならすぐにわかると言うことで

わかる人間はきっとそんな会話を振ってくる。

わからなければわからないでスルーしてくれるからOK。







結果。
一名掛かりました。




飲み会の時にさり気なくふってきたので
乗ってあげる。
ばっちり。






「次の霊大祭はいくのですか?」
みたいなことを言われたので
「んーちょうどそのころは、身内との締め切りがあるちかないとか…」
とお茶を濁して
また伏線を張っておきました。








さてどうなるかな。













うちの職場があるビルの下の方には


アンミラがあります。


札幌で入ったことがないので
こっそりとそのうち言ってみようと思います。


夜に。
昼はダメだという情報をキャッチしました。
何がダメ?
色々。



















紆余曲折の末

次の本の内容は

「涼宮ハルヒ」になったようです。

内容?
全く知りません。
期待もしてません。

アニメ一話の一部を見たら
激しく辟易しましたが
複数人数で何かをするのだからそんなことばかりも言っていられません。

市場では(敢えて言うなら、この間書いた「受け手市場」では)
人気あるらしいし。

取り敢えず
漫画喫茶言って雰囲気を見たり
借りれそうな友人に当たってみたり
結局購入してみたりします。








生産コスト対性能比の高い絵を描く人は
取り敢えずこなして
自分の書きたいモノもついでに書くとか
出来るんだろうなあ。

線が多い絵は好きだけど
が力の足りない現状では描くの大変です。










塗る気失せるし。