FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【靴選び】市街戦用インラインスケート

CityRunに参加してから
インラインスケートを
トランスポーターとして活用したい欲が
また高まってきました。

是非一着欲しいところ。

現在
HYPNO
PowerSlide Phuzion 3(2) Blade & Walk
 (真ん中当たりの靴が並んだ画像をクリック→一番下から2つ目以下)
U-Kan/Michelin Skate & Walk
が候補に挙がっています。

どうにもならなさそうな下りとかは
こういうのがないと無理そう。

あとは
車も通るほっそいみちとか
店に入ったときとか
「インラインスケートって迷惑」
って思われそうでいやですから。



HYPNOは現在販売中で
面白いもの好きな人やCityRunnerにはそれなりに持ってる人がいます。

Phuzion 3 Blade & Walk は
Salomon
(今はインラインスケート分野から撤退。スキーとかで有名なあのサロモン)
からリリースされていた
SmartSkateの後継に当たるそうです。

最後のSkate&walkは現在日本では販売されていませんが
インラインスケートの通販サイト
J-SK8
のトップで写真のみの公開となっている
近日公開的なスケートが恐らくこれだろうと思います。
(ベルトにUKANの文字と、フレームにMichelinの文字があるため)
日本での販売が開始されると言うことでしょうか。

いま使っているスケートは
アグレッシブの靴にUFSの非アグレッシブのフレームをつけています。
<関連記事>

UFS(UniversalFrameSystem)は各社共通のフレーム規格のこと。
規格同士ならフレームとブーツの互換が自由。

今のフレームはPowerSlideのモノなので
PowerSlideで統一して、Phuzion3Blade&Walkにしようかなと思ったんですが
Phuzion3Blade&Walkに付属しているフレームは
なんだか
「Powerslide DamoneFrame 10.9」
とかかいてある。
このフレームが何者なのか解らない。
ページ内にある記述によると
「標準165mmピッチで、他のフレームにも搭載可能」
とのこと。

因みにUFS
・前後のボルト(M6)の穴の間隔は167mm。
・フレームの幅は41mm。
・前後のボルトの穴を中心に直径20mm深さ3mmのザグリが必要。

……だめじゃん。しかもなんのための2mm……。

だから独自規格とかやめろ、っていうか
自社で出したフレームくらいつくようにしてくれ。

では
U-Kan/MichelinSkate&Walkの方。
- Extruded U-Box : can take wheels up to 80 mm
- Lenght : 245 mm - 9,4"
- Spacing : 165 mm
しかも何かね、こういう風にかかとのところが上がってるの。
因みに先の日本での通販可能商品もこういう風に
かかとが上がっているように見える。

こっちもだめじゃん!


頼むからこういう体に直接つけるようなナイーブな調整が必要なギア
(しかもパーツ売りしているにも拘わらず)
について
独自仕様連打するのはやめて欲しい。




というわけで
既に持っているフレームがpowerslideだから、
という理由でのチョイスは無効。


いえ、
脱いだ後の携帯性で言うなら断然HYPNOなんですが。
そうでない後者で考察するなら

日本では全く名前の知られていないU-KANを取るか
それなりに名の知れたPowerSlideか。

この二つは互換性が強そうだから
Skate&walk用の靴をBLade&Walkでもきっと使える。
むしろごつくはない靴なら何でも入ってもらえないと意味がない。
両方ともムリすれば色々の靴が入るでしょう。




タイヤのMichelinだから
ウィールの質は期待してしまいそうですが

靴には関係ない。




結局どれにするかの決め手が何処にもない。
どうするかなあ。