FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【所感】人生の流れ、切り替えから1年。

8月の半ばで、初めて「東方夜伽話」投稿してから1年位になるようです。
次に何かアップしたら20作品目になるようです。

思えば
無駄に時間だけかけてもうだつの上がらない自分の絵に限界を感じて
面白くないどころか辛いだけな上に毎日日付変更後に帰る仕事に嫌気を感じて
そんな感じで駅のホームからみえる線路が呼んでいる様に思えるほど生きることに半ば絶望して

これではまずいと自分に鞭打って
色々な方へアクションを起こした時期が、去年の夏。

客観するとたいしたことの無いでも自分が歩いてきた道を振り返ると、
実は物凄く重要な切り替えスイッチを切り替えた時期。

生きるのが嫌な鬱々とした気分は、カラオケコミュに参加するようになって晴らし、
限界の見える絵は、代わりに文章を書き始めることで取りあえず直視しないようにし、
そこで見えた「変化」への希望から転職し。
結構ぎりぎりのところで生き延びたと思っています。

そこから約一年。
「文章」という新しい自分の居場所について言うと

その思い出深い場所へのそろそろ20本目の作品発表。
だんだんと夜伽で私の文を読んでくれている人が増えてきたこと。
そして夏コミでの合同誌出版という大きなイベント。
そして文章というジャンルでもう一度がんばろうかなと思い始めている絵。

これらが一挙に固まったというのもどこか運命的な気がしています。

ははっ、たかがエロ小説で。

そういわれそうですが。
でも、こういう問題についてのみ言うのであれば、主観だけがあればいいとおもっています。
他の人がどう思おうと、
私にとって節目であった去年の夏と、
そこから刻まれた新しい道の軌道が見えたのが今年の夏。


常々
時間の使い方には燃焼型と生産型があると思っています。
燃焼型の時間の使い方は、みんなが知っているような、楽しい刹那を楽しむ。
生産型の時間の使い方を持たない人は沢山いる。持っている人も沢山いる。

生産型の時間の使い方を身につけてしまった人は
燃焼型の時間の使い方だけでは不満足に陥る気がします。
両方欲しくなってしまう。

燃焼型の時間は現状、カラオケが最高の地位にあります。
これは面子に恵まれているというのが非常に大きいです。
本当に、カラオケコミュに入るという選択は、正解でした。
よくこのあたりくじ引いた、おれ。

問題の生産型の時間ですが
つまりこれの切り替えとして、絵→文というシフトがあったわけです、去年の夏に。
東方夜伽にアップを決行してから。

それを踏み出したきっかけは、
最初に投下した作品を読んで「これをすぐ公開しなさいw」といってくれた人のその一言です。
私をくすぐりの道に引きこもうとして下った代わりに東方に引きずり込んだのですが、
その人のその言葉がなかったら夜伽にアップしていなかったことでしょう。

高校の先輩で今でも付き合いのある方が
その昔に教えてくれた「東方ネチョ」という言葉と、そのスレのまとめサイト。
これがなかったら夜伽に辿り着くこともなかったでしょう。

東方を知ったのは高校時代の友人が突然教えてくれたから。
最初なんだかさっぱりわからなかったのに。

それと、
夜伽に上げ始めてしばらく
どうすればいいのか戸惑いながら手探り状態で絵同様惑いまくっていた私に
傍で、そうですね、今見ればそれは博愛に近いというくらい、無条件だったと思います。
傍にいて、私の文が好きだと、こっちが目を逸らすくらい真正面から言ってくれる人がいます。いまも。
その人がなかったら書き続けられなかったかもしれない。

いろんな人のいろんな要因があって
自殺などせずに生き延びたのだと。
文章を書くということに喜びを見出せるようになったのだと。

こと、最後に挙げた人の存在が大きくて
幾ら感謝してもし足りないくらいです。
たくさん、初めての感覚を教えてもらいました。
こんなに生きていて安心していられたのは、初めてだと思うくらい。
……こいつ神だぜ?

ときに評価され
ときに荒れ
ときにあまり反応がなく
紆余曲折あってもまだ書いていられるのは、この人のお陰です。

各々の方々が誰だとはこの場では申しませんが
もしこれをよんでピンときたら貴方です。


ありがとうございます。
たぶん、今生きているのはあなた達のお陰です。





なんてことを、エロ小説をだしにしていってみる。
本心ですが
いや、エロ小説で救われたなんて、
仮に自伝を書くことがあったとしたら最早ネタエピソードでしかないんだろうなw