FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【読書/日記】「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」を読んだ。

友人が本を買うというので私も本屋に行き、
特に当てもなく本を買った。

彼は
本屋に行くときは特に下調べもせず
ふらふらと見て

・面白そうだけど
・知名度が高すぎない

ものを買うのだという。

私と同じだ。

私はそうして選んだ中からどれか一冊を選ぶのに、
タイトルの語感を重要視するのだけど
彼がその辺をどうするのかは聞かなかった。

彼が買うのだから
折角だし私も何か読もうかなと思ってふらふらと選んで
あれでもないこれでもないと
本を手にとっては戻し、戻しては歩いて選びを繰り返した。

(平積みにされてる本はダメかな。
作家か、タイトルか、どちらかの知名度が高すぎる。)


どうも人には理解されないのだけど
情報は稀少でなければ価値がない
情報は有用でなければ価値がない
そういうよく分からない考えが私にはある。
どうせ同じお金と時間をかけるなら
二つの妥協点でなるだけ高いものを選びたいなと思ってしまう。

そしておおむねそうして選んだもののほうが
たとえば有用だが稀少ではないもの
逆に稀少だが有用ではないものを選んだときよりも
満足度が高いことを自覚している。

本を読んで得る、その内容は情報だ。
その情報から得られる感想や感覚も、
それに準ずるような感覚がある。

勿論、
人の感想は人の感想、
自分の感想は自分の感想なのだから
同じものを読んでもいいという理屈は
分かっているのだけれども。

まあ、そうは言っても本屋にあるものだ、
それなりに売れることを期待して仕入れてあるわけで
そうである以上はどんなに隅に置かれていても
それなりの知名度はある。

何を買ってもまあまあ安定しているのだから
せいぜい冒険しようなんていう
その辺の微妙なバランスで買ってるような気もする。



そうして友人が本を買ったので
私も2冊選んだ。

1冊はそうしたよく分からない信念に従ったもの。
平積みされておらず、
背表紙だけを見てタイトルからピンと感じたもの。

もう1冊は、ある意味で保険のような感覚で
平積みされたものの中からよさそうなのを選んだ。

そんなに読書の数が多いわけではない私には
二冊ともタイトルも著者名も知らないものだった。



で、
2冊の内、背表紙で見たタイトルでピンと来て
取り出した表紙を見て、おっ、とおもって
中を開いてにやりとしたものが、このエントリのタイトルにある

「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」

いつ出た本か知らないけど、
既に5巻出て完結しているらしい。
同著者の別シリーズが始まっているらしく、
そちらもその一冊が置いてあった。

海外のファンタジーモノの翻訳らしい。

妙なタイトルも、
翻訳モノであれば原題とは関係ないかもしれない。

表紙の絵は勿論日本人が描いたもので、
原作者のイメージとは違うのかもしれない。

中の文体は翻訳したもので、
原文の味を100%いかしているかどうか、
英語の出来ない私には分からない。

タイトルから感じた妙な好感は
なんとも言い得なかったし
表紙絵に感じたアニメ絵だけど萌え絵じゃない感じも
気に入った。

何より、私は
外国語を日本語に訳したような
持って回った文体が好きらしい。

ブラックラグーンの芝居じみた台詞が好きだし
MTGフレーバーテキストの回りくどいユーモアが好きだ。
大分昔に読んだ純粋理性批判や、
ちょっと前に読んだラブクラフト大全の、
主軸を見失いそうになる長蛇な文が好きだ。

「これ気に入った、これにするー」

妙にほくほくしてそれを選んだ。
5巻全部が棚に揃っていたなら
全部買っていたかもしれないが
あいにく4巻が抜けていたことが
1巻だけ買う程度に自制心を
ぎりぎりのところで保ってくれた。

おりしも
複数のSSのねたが平行して出現するも、
どれも一気に突っ走るほどのパッションを得るには至らず
コレはどうしたものかなと
買ったばかりの万年筆で
100均ノートや手帳にメモ帳に
ざらざらとところ構わず
プロットや設定を書き並べては
ため息をついてばかりだった私は
いったん諦めて
買ったこの本を読むことにしようと思った。

そんで読み始めたこの本は

思いのほか面白かった。

最近本屋で選ぶのが
恋愛小説かミステリーばかりで
恋愛小説は私にはどうにもむずがゆい
(得るものも多いが)
もので
ミステリーはどうにもその
ミステリーというものの実態を掴みきれずに
唸ってばかりだった。
(ミステリーというジャンルが、
どういったものをさすのかよく分からない)

以前読んだ「ダブル・ファンタジー」は
恋愛小説ではあったが、むずがゆさよりも圧倒されて、
コレは大変よい読書であったし
「外字警察」は初めて読む警察物で胸が沸いたが
それ以降はやはり同じ傾向が続いた。

ミステリーは買ったもの
(直近だと「彼女がその名を知らない鳥たち」や「孤虫症」)
もあるし
その友人から借りた「GOSICK」や「推定少女」も読んだが
やはりミステリーを定義付けるラインがよく分からず
読後感だけを味わった。
勿論得るものは多かったし、面白かったが。


そんな中で買ったこの本は
久しぶりのファンタジーモノだ。



以下ネタバレを含む




続きを読む