FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

事件のあれ

私たちは考えなければならない――

あんなことが起こって、みなそう言っています。
他の言葉はともかくこの「考えなければならない」という一言にだけ、違和感を感じる。
その違和感を掘り下げると私も危険人物なんだろうなと自覚するわけです。

あくまでも私個人の感覚と感想なので
他の人は違うかもしれません。
いやきっと全的に違うのでしょう。
私が異常者の仲間側なんだと思います。

この文脈で「考えなければならない」という言葉が出たときに
私がまず感じた印象は
子供を叱るときの
「どうして叱られたのか(お仕置きされたのか)考えなさい」
という文脈に感じるものと非常に似ていた。

それは、
「考える」というところに本質が置かれていないという気持ち悪さだ。

考えろと言っていながら、実は最終的な結論は規定されている。
「~~~だから私は悪い子で、叱られたのだ」
に繋がる形でしかその「思考」は認められていない。

これと同じことがある。
考えなければ、見直さなければ。
今回の事件に対してこれらの言葉を用いるのは、
同じ「前提」を置いている。

本当は、考えてはいけない。

見直すのではなく、規定に従うだけ。
そこに理性があるように錯覚させる作為が気持ち悪い。
そこに進化した知能の持ち得る前進的な善意があると思わせる
ある意味でのファッショが気持ち悪い。


私は犯人を擁護するつもりなんて一つもありませんが、

彼は考えたんだと思います、

その深さや方向性はともかくとして。



でもこの先、
この悲劇の観衆となっている私たちは何を考えますか。

おそらく何も考えなんかない、
ただ犯人の異常性を取り沙汰し、
社会のせいにしたり、
最近の若者のせいにしたり
ストレスのせいにしたり
もともと危険思想の持ち主だったといってみたり
場当たり的な対応策を打ち出したり
考えることなんてその程度のこと。

もしこのエントリを何かの不幸な事故で読んでしまった人がいて
5年後にこのエントリのことを覚えているか。
きっと覚えていない。
それはこの事件のことも大して考えていないからだ。
このエントリを読んでいなかったとしても
事件については多分みんなそうです、安心してください。


彼がどうして犯行に至ったのか
その過程にあるもろもろの要因を詳らかにし
それ一つ一つについて考えることは、しない。

彼の中では整合性を持った一つの考えについて
「まちがっている」の前提を持った上でしか考えない。

それは
マスコミの性質でもあるし
私たち「観衆」の性質でもあるし
道徳というものの持つ側面でもある。

彼を異常者(あるいは二次的な被害者と認めたとしても)と非難し
事件を人道的な悲劇とし
妄信的に再発を防止するそれには
「考えてはいけない」。


以下は私も目をつむるべきだし
議論の時に持ち出すかどうかは非常にナーバスだと思いますが
・この不景気の時代に、生産性のない人に多くの税金が支払われていること
・格差社会の低賃金労働者のはけ口になりかねない
・施設の職員にかかる(かもしれない)賃金ではカバーできない精神的ダメージについて
・人間という生物の継続可能性に寄与するか否か
など
道徳に目を閉ざせば(むりに出すなら)「考えるべき」問題は枚挙に暇がない。


ただ犯人を盲目的に非難するなら
これを「考えない」選択しか、おそらくないだろうし

こういう時に特によく叫ばれている
「考えなければならない」
という言葉には
そういうところを考えろという意味は含まれていない。
むしろ

宗教かもしれないし道徳かもしれないし科学かもしれないし正義かもしれない
そうした何らかの価値観やイデオロギに従い、
「考えるな、やめろ」
「考えるな、愛せ」
「考えるな、罰せよ」
「考えるな、行動せよ」
だけが効果を持つ。


今回の事件ばかりではない
所謂「異常犯罪」について、
観衆というのは
いつも「絶対に考えない」できた。

犯人に対して、
異常だから理解できるはずがないという前提をしき
その上で、犯人を非難するための論をただひたすら並べるだけ。


犯人が持っていたかもしれない筋の通った一つの「考えた結果」については
考えない。



だから今回も、同じように、気持ち悪さを感じている。

私も異常者だろう。