FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】抽象画の展覧会「単色のリズム」を見てきました

勤務先の近くで面白そうな展示会をやっていたので
ふらりと寄ってきました。

単色のリズム-韓国の抽象


よかったとかわかったとかってのはさっぱり程遠いんですが
面白かったです。

そういえば随分前に友人にポロックの展示会に連れてってもらったことがあるのだけど
その時と似た感覚でした。
「抽象画」と言う括りでくくると同じところだから、と乱暴に言えばその通りかもしれませんが。

何を思ってこれを書いたのかとか
なんでこういう表現しようと思ったのかとか
これって無限に執筆重ねられるのにここで完成にした理由は何だろうとか
想像できないものが沢山あるんですが

出来上がって展示されてるものは
「これ自体はマチエールなんじゃないのか…?」みたいなものもあって
制作とはなんなのだろうなあとふわふわと考えながら見ていました。

出来上がりの絵面自体はいずれもミニマルなものなので
どちらかと言うと技法そのものが制作なんじゃないのかと感じるところもあって
「絵画ってなんなんだろう」とか。

思い切り寄って見て
「溶かした紙を支持体に貼ってこそいでる…?」とか
「ああ、これって裏から絵の具押し出して表側でヘラで潰してるのか」とか
「下地をこの色で塗り潰した上からこっちの色を重ねてる?」とか
「ここマスキング剥がしたときの一部残ってるw」とか
どうやってこの不思議な質感を出したのかを想像しながら見て回るのも楽しかったです。

韓国の画家コレクションなので、
韓紙という素材がよく現れてましたが
乾くと合皮みたいな質感、溶かしきるとパテみたいな質感、ボール紙みたいな性質
があるのかな、といった感じで、
面白い素材なのかな。

アナログ絵の場合は、
「書く方」ではなく「書かれる方」も重要なのだというのは感じていましたが
これは顕著な例を見たかなと思います。

韓紙の他には普通通りにカンバスとか、麻布とかありました。
和紙ってのもあった。
まだ大戦前の作品では
日本に美術を習いに来てる韓国人もいたのらしいのを見て
ちょっと今の状態を残念に思います。
そのころは今ほど敵愾心はなかったのかもしれません。


抽象画とか現代美術とかを見ると
そもそも〇〇とは、みたいなところが揺らぎます。
でもその作品を〇〇の枠の中に組み入れているのも
やっぱり業界の権威だったりするので
じゃあやっぱり〇〇ってここにいるべきなのいないべきなの
って急に放り出されたような感覚になりますね。


自分で何かを作るとき
何をもってこれを〇〇の枠の中に入れ、
どのタイミングでこれで完成ですというのか。
わたしは制作と言うのが開始当初からゴールを見据えて始まるわけではないと思っている節があるので
こうした作品群を見ると、何かを問いかけられているような気分になります。

もう少しまともな物を作れるようになってから吐くようなセリフでおこがましいですが。



あとはまあ
見てきた作品が最近の制作ばかりではない
(私が生まれる前のものとかもあったので)
ので当然かもしれませんが
デジタル作品は一つもなかった。
そして、基本、でかい。

やっぱ現物としてそこに存在して
とにかく巨大である(絵としてはありがちなサイズでもモニターとしては巨大)
のは、それだけで作品に説得力があるなあって。

これがデジタルで書かれたCGだったら
ひとつも面白くない絵ばかりだっただろなって思います。

とにかく
・具象ではない(正確には、非具象と抽象はちがうようですが)ものを
・この巨大なサイズで
・手で描いて
・それが目の前にある
というのはすごい。


私個人としては最近は
制作は、
品質以外に、手間そのものも価値になるのではないかなあ
と考える様になりました。
同じ柄の繰り返しでも、デジタルコピーではなく手で同じものを書いているとか
ただの縦線の繰り返しでも全部手で書いているとか
そういう、
「うわ、まじかよ、キチガイか(誉め言葉」
っていうところ。

見てきた抽象絵画はミニマルな絵が多かったんですが、
それらに共通してたのは手書きによる揺らぎが美しさになっていたということです。
多分コピーでやった方が圧倒的に整然と作れるんですが
そうじゃないことに美しさがあった。
多分それが「透けて見える手間への価値観」
みたいなもんなんだろうなって思います。

まあそれって自分が徒にでも絵を描いているからで
見てるだけの人にはもしかしたら価値のない揺らぎなのかもしれませんが。


それにしても美術館とかの展示を見ると疲れます。
あと私はモノを食べるのが遅いし本を読むのが遅いのと同じように
こういうのを見て回るのも遅いようです。
大した大きな展示会ではないんですが全部見て回るのに1.5Hくらいかかりました。
出た頃にはへとへとでした。

無印良品のデザインが好きな人には
概ね当たりの展示会だと思います(雑