FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【言葉狩り】いい加減にすればいいのに

引用


麻生太郎首相は19日、首相官邸で開かれた全国知事会議で、地方の医師不足問題に関連し、「地方病院での医者の確保は、自分で病院経営しているから言うわけじゃないが大変だ。社会的常識がかなり欠落している人(医者)が多い。とにかくものすごく価値観が違う」と述べた。

 首相の発言は、地方病院の勤務医不足を問題視したものだが、今後波紋を呼びそうだ。日本医師会などが反発する可能性もある。

 また、首相は「小児科、婦人科が猛烈に問題だ。急患が多いところは皆、(医師の)人がいなくなる」と指摘。産婦人科などに対する診療報酬加算などの対応が不十分であるとの認識を示した。 



この出来事でまた言葉狩りが盛り上がってるようです。

揚げ足とりでしか批判できない人たちには
ご愁傷様ですとしかいえない。

まずは、
「医者に社会常識が欠落した人が多い」
なんて
いま今日こんにちあの時初めて出た言葉じゃないだろう。
しかも割と実しやかに言われている。

それを
一市民が言おうが
総理大臣が言おうが
言葉のもつ意味はかわらんだろうに。

そんなに「総理大臣」というものに
人間的ではないとさえ思える大きな意味を見出そうとするならば
ぜひ専制君主制を復活させる活動を開始すべきだ。
(ちなみに私は専制君主政治そのものが悪い政治体制だと思っていない。
この世相を見るに、「資源」さえあれば民主主義より遥かにいいはずだと思っている。
この「資源」は、恐らく人間では用意できないと思うが。)


更に、
それを踏まえていても
あの場面であの言葉を言ったからって
そこばかり取り上げても
本質的な意味など何もついてこないだろう。




まあ、そういう意味でも
麻生さんはTOP向きではないとは思ってはいたんだよなあ
少し下から言いたいこといってるほうがあっている気がしてた。
って今言っても仕方の無いことですが。




言葉狩り、低俗。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1347-bbac6fd8