FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【ぼやき】心クリーン作戦を開始する。

先週からずっと
私の側に、悩みが一つ居座っています。
同時に
私の側で、支えてくれる人がいます。

その人に
どのような意図があるのかも
どのような意図も無いのかも
私にはわかりませんし
それを聞こうとも思いません。

私がその人に支えられている状態は
でも望ましいことではありません。

悩みは私一人で解決しなければいけない。
悩みをその人に被せてしまってはいけない。

それともう一つの理由故に
この掻き毟りたくなる胸の内を
それでも収めなければいけない。

だから
私は一人で立たなければならない。
支えを外して、一人で立たなければならない。

側にそれがある心地のよい状態を
だからこそ苦しく感じてしまう。

その人に
どのような意図があるのかも
どのような意図も無いのかも
私にはわかりませんし
それを聞こうとも思いません。

私は
その人と
どう向き合えばいいのかわからない。





前にどっかの記事で書いた気もしますが
私は
綺麗で良い話を
気分的に疲れたと気に読むと
あっさり号泣します。


そんな感じで
今日一冊の本を読んだ。


で、号泣した。

良い話に感動して泣くのが半分。
その登場人物のように綺麗な心を持てず、自分の中の汚い心を見て、情けなくて泣くのが半分。



私はどうしてこういう綺麗な気持ちをもてないんだろう。
どうして汚くて醜い心が体全体を支配してしまうときがあるのだろう。
それがよくないことだとわかっているのに、どうしてこの真っ黒な感情を抑えることが出来ないのだろう。

頭で理解していることに、理性が下している判断に
この感情はどうして従わないのだろう。

情け無い。不甲斐ない。





悔しい。泣くほど悔しい。

この記事へのコメント

側で支えてくれる人がいるという事は良いことだといもいますよ。人は支えあって生きていく生き物です。
無理に一人で立つ必要はないと思います。

そして悩みと言うのものは人に話すことで軽くなります。
そしてその悩み聞いた人もほかの人にその悩みを話すことで軽くなっていくのですよ。

一人での解決は確かに重要かもしれませんが、
頼るということもとても大事なのです。

Re: タイトルなし

> 無理に一人で立つ必要はないと思います。
それを許すと、私はいつまでも人によっかかり続けるので、
少なくとも自分の口からそれは言えない。
私は依存心の塊みたいな人間なので。

>その悩み聞いた人もほかの人にその悩みを話すことで軽
話はします。割と。
特に、そういう時は概ね「私が正しい」と思っていることなので。
ヒントも貰うことは多々あります。
但し、解決への行動自体は絶対に自分でなければならないとおもいます。
最低でも自分にその程度の決断力と意志力と行動力は備わっているべきだと思うのです。
しかし備わっていないから苦しいんですけど。

ただ自分を支えてくれる人がいる。自分を心配してくれる人がいる。ともに傷つこうとしてくれる人がいる。どうしてそこまでしてくれるのだろう?その理由が見当たらない。その人がただ不利益を被っているようにしか見えない。きっと君は「君を助けるのにどうして理由がいるのだい?」というのだろう。知っている。でも、それを疑ってしまう自分がいる。疑う必要のないことに疑ってしまう自分がいる。それは自分に自信がないせいだ。自分が誰かから支えられるに足る存在であることを信じられない。でも、支えられている。その人が分からない。怖い。自分は自身の制限故にその人を恐怖の対象としてとらえる。人は恐怖に対して拒絶するか同化するかしかないらしい。それを拒絶して一人で悩みを解決しようとするのもそれでよし。それと同化して一緒に悩みを解決しようとするのもそれでよし。そこに正解などない。
どちらを選ぶかは自由です。条件と経験記憶で選択肢は減るかもしれませんが。僕ならいったん同化してその後で決めます。僕は自分の「世界」を広げていこうと思ってますから。長くなってすいません。ただの妄想自演です。

Re: タイトルなし

私の内面を含めて、概ねその通りです。なんという洞察。

「恐怖」の代わりに「疑問」である。
「その疑問」が生じる理由に、記してあるのとは別に客観上2点ある。
「恐怖」はその人を対象としておらず、「その人に不利益が分散する」ことを対象としている。
位です。大局的にはまったくその通り。

問題は
「悩みの解決」とは「問題解決」ではなく、既に「私の気持ちの整理」しかできないところまで「悩みの対象となる事態」が進行しており、故に完全な同化によっても望ましい効果は得られないところでしょうか。

まあ
同化は拒んもうとしつつも
人に話してヒントを貰ったり、只聞いてもらったりということは
私の忍耐が限界に達して既にしてしまいましたがw
よええww

それでも同化をするという選択肢に
肯定的な視点を私も持てるくらいの余裕が欲しいですね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1556-18b5d0b1