FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【X05HT】ファイル選択ダイアログ

早くもバックスペースキーの効きが悪くなってきました。
壊れる前にSpbBuckup辺り買って
全復帰できるようにしておかないとまずいかもしれない。
修理に出したらまずデータは消えるだろう。

「こんな簡単に壊れるのかよ」
「お前が文字打ちすぎ」
「そうなのか……」



本題。

FileDialogChangerを導入しました。

おかげでJOTはどこのファイルでも扱えるようになりました。
TreNotesはどこにあるファイルにでもファイルリンクをはれるようになりました。

ただ注意しなければいけないのが
TreNotesの大本のファイルを開くときは
FileDialogChangerの恩恵を受けられないこと。

最初の.tnxファイルの選択時には
FileDialogChangerで対応していない方のファイル選択ダイアログが開くので
やはりディレクトリが掘れない。

仕方がないのでtnxファイルはルートの一つを決めて、
全てのアウトラインエディタのデータはその中の入れ子として扱うことにし
WkTaskのランチャーでそのルートファイルを選択させるように設定して
何とか使い物になるかと思ったら

GsFinderなどで、関連付けされた.tnxファイルをダブルクリックで一度開いておくと
何故か最初のファイル選択ダイアログでも表示されるようになるとわかった……
掘れない位置のファイルでも、位置を記憶はするらしい。

折角頭をひねって時間をかけた設定を全て破棄して戻す。
まあちゃんと使えることがわかったので安堵しつつ。

テキスト管理はtombo
テキストエディタはjot
アウトラインで整理したいときはTreNotes
とりあえずこれでOKかな。
tomboの仮想ディレクトリ機能をまだ使ったことがないんだけど
これを使うともっと入り組んだ管理ができるようになるのかもしれない。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1630-1fa7ab18