FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】らくがきを

ペンタブで下書きからやると、目に力が入らない。
って言うのは自分の体ではなく、絵側の話で、
どうしても描いている絵が、目力に乏しくなる。

何か軽薄な目になってしまって、そこで顔の印象が変わってしまう。

私の絵なんて「イラスト」って言うより「キャラの落書き」なので
そうである以上は絵全体の魅力はキャラの魅力、
そしてそれの半分は顔に依っていて、つまり、
あんな小さなパーツなのに、目の存在がものすごく大きい。

どうしても紙に下書きしたときの目の表情が、ペンタブからだと出ない。
下書きしてからスキャンしてそのとおりにペンタブでペン入れすれば、近づきはするんですが。

何で、こうもうまく出来ないんだろう。



昨日落書きしてたんだけど(紙です。ちょっと紙でリハビリ中。)
1時間で顔の下書きしか出来なかった。
体まで進んだには進んだけど納得行かなくて消去。

大まかな構図のヴィジョンがあれば特に初期粗描もなく下書きできるけど
それに頼るとたまにこういうことになるな。
あいまいなまま体のラインを作っていって途中で
「あれ、こうじゃねえ・・・」

高速化の鍵はこの隙間を埋めることかもしれない。

つまり、必ず
「こんな感じの構図」
ではなくて
「この構図」
まで脳内で詳細化してから、
必要に応じて粗描をして
それから下書きする、をくせにする。

イメージどおりにできれば安堵感も一入ですし。

色塗ること前提の子をと考えられない
そのくせトーン処理をする気もない。
むう。
下書きが楽しいからもう下書きだけでいいかなって、思ってたり。
絵描き失格。


やっぱり集中力的にも
創作活動専用の部屋が一つ欲しいなあ。
絵だけじゃなくて、文についても。
現状、文も電車の中じゃないと思考が散漫になって進められない。
これだといずれ限界がくるだろうし。

それにしても
時代はデジタルで
新進気鋭の絵描きさんたちは液晶タブレットに憧れ、
もしくはそれでブイブイ言わせているというのに
私のこの体たらくは何だろう。

液晶タブレットを持っている人は必ず作業効率が上ったという
しかし私は恐らくそれを使いこなせないだろう。

私が液晶タブレットを使っても恐らく下手になるだけだろうというのと、
それによって使わないことを選択すると、作業効率アップの機会をも損失する。

つくづくダメなヤツですね、私。

この記事へのコメント

液タブは使ってみたいけど、目が疲れそうw
便利なのかな~

紙みたいに顔を近づけて描けるのはいいんですけどね…
トレース大除きながら描いてるのと感覚は似ているのでしょうか。
もう少し暗いと思いますが。
液晶タブレットは総じて光量が抑えられているみたいですよ。

たっけえ20万位する液タブだとそりゃあもう
使いこなせる人からすると宝物なんでしょうけど
私だときっと
「紙でいいや。ペン入れは描く作業じゃなくてほぼベジェでなぞる作業だから液タブでなくていいし。」
とかいいそう。
へたれれれれれてます。

液タブ(デジタル全般にも言えるけど)だと全体を見渡せないので拡大・縮小を頻繁に行う必要があります。
また本などにする場合は実寸サイズでのバランスを見るためにちょこちょこ印刷も必要になってくる。
1から10まで液タブ使用している方はたぶん全体から見ると少数で、大体の人はペン入れまたは仕上げあたりから液タブ(デジタル)です。

また、ペン先を見ながら描くのではなくペン先を当てたところに表示されるカーソルを見ながら描く必要があるので直感的に描けるかと言われればそうではなく慣れが必要ですが、ただのタブレットで描くよりも絵を描いているという実感が沸くっていうのがメリットかと。

明らかに今の私に旗からの持ち腐れなので、
やっぱり買おうとは思えないですね。
高すぎて。

液タブは「スケブ抱えてソファで適当な体勢で描く」をPC化する為の装置だと思ってた。

ある意味正しいけどコードレス化はまだまだ無理だろうねえ。

結局タブレットPC……っていっても
絵描き機能優れてないのでも高いからなあん。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1746-f37b315f