FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【嫁(♂)が】ロケットに興味を示してくれない

鬱ってる所を嫁(♂)に誅された。
エロ本の背で。

どうせならチューして欲しいんだが。
親父ギャグ。

「最近自信過剰なんじゃない?」
なんて一蹴されてぐうの音も出ないわけですが。

やっぱり慢心してるよな。



よく考えてみれば
いま自分の手の中にあるものを見ると
身の丈に合ってないような気がする。
いろんなことが「出来すぎ」なんだ。

転職して仕事ライフワークバランスが思った以上に整って
文章を書くことがこんなに面白いって知って
カラオケ・コスなんて遊びが爆発的に大きくなって
それに伴ってすさまじい勢いで知り合いがふえて

全部ここ一年の収穫。
ぶっちゃけありえない。
衰退したのは絵くらいかw

バブルだったんだろうな。
それが収まりきらずに溢れ出しちゃって
でもそこまで増えたことを知っているから
それが減ることに対して恐怖を感じてる。

自分という器に入りきらないものを
それでも自分のものにしておきたくて醜悪な姿になってるんだ。

漫画とかでよくある
お金の亡者が這い蹲ってでもお金を掻き集めてるような
そういう描写。
今の私はまさにああいう感じなんだろう。



「この1年は余りにバブリーだったからなあ。
 ここんとこ、調子に乗ってるよな、私」

って言うと

「その間にあった、少し凹んだタイミングが、捕獲タイミングだった」
とさ。

確かに少し凹んだ時期があって、
やっぱりうまくなんていかねーよな、
なんて思ってた時期に……捕獲かよ。

「丁度今のキミにそっくりだったからね」
っつって
私の頭を打った本を抱えて笑ってる。
そういえばそのときもこんな感じで叩かれたような気がする。

エロ本抱えて真面目な台詞を言うな。


昔mne氏から教えてもらった
「はやぶさ」戦記が面白くて
http://spaceinfo.jaxa.jp/hayabusa/calendar/
H2Bロケット打ち上げに際して
嫁(♂)にも見せる。

満身創痍で代替手段を駆使しながら
未だに航行を続ける「はやぶさ」は
「萌え」の一言に尽きる。
(当初予定では2007に帰還予定だったが各種トラブルで2010に延期)


……と。
嫁(♂)はあんまり興味なさそうだ。


くそう、やはり宇宙は男のロマンでしかないというのか。
あ、こいつ♂だった。

シルバーウィークがほとんど予定で埋まっていることを告げると
私が絵を書いてH2B打ち上げを待っているうちに
ぶつくさ不貞腐れて寝てしまった。
1日くらいあけてやったほうがいいか。

そんな昨日の夜。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1815-17b4bb95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。