FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【呟き】文章とか

文章で
「ああ、こういうのかきたいな。でも書くための能力値が低すぎることは承知している。」
なんて局面に直面してる。
具体的に言うと綺麗な文で綺麗な話。

多分無理だし、
今までの私の文を読んでくれてる人も
そんなものは期待してないだろう。



書きたくても書けないものを追いかけて
ストレスをためる上に評価されずに時間を無駄にしてしまうことを考えると
(絵でリソース大損失)

「かきたいかな、でもかけそうにないな」って
その瞬間思ったことに
では、と着手するのは非常にリスキーに感じる。

もちろんそれが作品に幅を持たせるとか言う綺麗な話はよく耳にするが
本とにそうなのかといわれると疑問だ。

それって
何でもかんでも吸収できるスポンジのような才能(かつ芯は揺るがない)がある人
に限った話だろう。



描きたいけど描けないね、でいうと
ディフォルメ絵が最近やっとつかめるようになってきたところなので
クソ下手っぴでも一応経験値が入ってることくらいはわかった。

ディフォルメ絵をちゃんと描こうと思ったのは、東京に来てからなので、
実際に何かをつかめるまで2、3年掛かったことになる。
遅すぎる。

結果論で言えば
ディフォルメ絵の方が人受けがいいこともあって
良い結果に繋がった。



文についてはどうだろう。
厨二俺設定全開で文章的技巧はあまり無く
ただエロを目指しているのが今で
綺麗な文章を書きたい欲求が沸いている。
で、受けがいいのは綺麗な文。
状況は似ている。

同じ徹を踏むのであれば
また数年先ということになるだろうか。



少しずつ齧りながらでも、まあ、いいか。
文章は、絵みたいに根を詰めすぎないように、いきたい。

自分より歴の短い人の方が巧い
なんて事はもう飽きるくらい経験したことですし……。







そもそも論で言うと
絵・文に共通して言えるのが
「話を作れない」
ということで、
それを考えると
絵を漫画にすることも
エロ文を読ませる小説にすることも
共通して「出来ない項目」なんじゃないだろうか。

……考えたくない事実だ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1933-ca91c2d4