FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

※エントリーを全体表示すると、記事の引用があります。
新聞のニュースってリンクはっとくと早々に記事自体が消えるからイヤなんだよな。
情報鮮度の観点では当然だけど、
引用してる側がニュースではなく嗜好のネタとして使っていたりする場合、
アーカイブとしての機能を一掃してくれるので勘弁して欲しい。



新聞記事を見て
いつも思っていることを記しておくことにしようと思った。
そんだけ。


■子供のもつ「世界」

昔は子供にとっては「学校が世界の全て」だった。
それは子ども自身が学校から家の間とその周囲という空間的限定があったからだろう。

子供の脚や経済力、行動へのアクティヴィティの面から考えて
空間的限定性は今日もさほど変わっていないはずだ。

でも情報社会の今日、
空間的限定性は子供の世界を限定する要因足り得ない。

情報社会という環境下では、
大人がそうであるように
子供のもつ世界もまた、ものすごい速度で広がっている。

親が不安がるのは、そういった、
「空間的に限定できないところで広がり続ける子供の世界」
だろう。

私は親じゃないので憶測ですが。



■子供の成長と世界のかかわり

そもそも子供が大人へと成長するのに
知識の蓄積という狭義の教育意外に
日常生活での経験というものは大きいと思うし、
むしろそっちが本質だろう。

子供の成長に対して社会が提示することが出来るのは
恐らく教育制度などの即物的なものだけだ。
だがそれは子供の成長にとって全てではない。

日常生活の経験とは、
外環境のあらゆるものから受取る刺激全てで
今日では、その空間的限定性が部分的に解除されていると思われる。



■「教育現場」の拡大
「教育現場」という言葉が指すのは、主に学校周辺だったわけだが
それは
「教育は学校で行うもの」という前提に立ったものではない。

建前はそうかもしれないが、
実態は

【教育を受ける場面が、学校という名前で括って「いた」世界の中に含まれている】

というだけの話だろう。
それが
教育は全般的に学校で行うものとしての錯覚を導いた。

あとまあ
知識のつめこみが教育であるという瀰漫は当然あったでしょうね。



■教育現場の崩壊?
前述を受けてわかってもらえると思いますが
私は

学校だけで子供の成長やモラルを教えるというのは、
子供が持つ成長に必要な必須要素の広さゆえに
社会的というよりは
生物的な壁にぶち当たっている、

ということを言いたい。

子供から大人になるという生物的な発展の中で、
人間は
それを形ある知識として明文化しきれない程度の能力しか持っていないのだ。
なのにそれを物質化しようとするそのこと自体が問題。


ネットを叩き
教育制度を叩き
社会をグロテスクに流布するのは
当然そういった原因が見えるからなんだろうけど

じゃあどうするのかなんて
恐らく遠大過ぎて
そういう切り口(規制とか囲い込みとかそういう消去法的なやり方)では解決できない。

結局
子供の世界を従来どおりの空間的限定性の中に封じ込めるという
安っぽい
もっと適切に言うならその部分だけ歪なアナクロニズムに満ちた
そんなやり方しか提示できていないのだから。


崩壊しているのは「教育現場」という言葉の定義の方じゃないのか。
----------------------------------------------------------
元の記事。
-----------------------------------------------------------
無抵抗の教師殴るける、子供の暴力エスカレート

12月1日9時13分配信 読売新聞
 子供の暴力の4件に1件は、相手を負傷させるほどエスカレートしていた。文部科学省が30日公表した問題行動に関する調査は、暴力行為が過去最多を記録。内容も悪質化していた。

 今年9月、栃木県日光市の市立中学校。放課後の教室で、3年男子が女性教諭の顔などを殴り全治1週間のけがを負わせた。市教委によると、宿題の作文を書いておらず、その場で書くよう指導されただけで突然キレたといい、無抵抗の教諭を殴ったりけったりした。

 「意思疎通が下手で、言葉にする前に手が出る子供はますます増えている」。神奈川県の中学校の女性スクールカウンセラー(45)は話す。今回の調査で、同県は暴力行為の件数が9232件と全国最多だった。カウンセラーは、家庭の経済的な困窮を背景に、ストレスをため込んでいる子供が増えたと指摘。「ささいなことで感情を爆発させる子にそうした子供が多い」と話した。

 一方、学校がいじめを把握した件数は大幅に減ったが、山形県高畠町の会社員渋谷登喜男さん(57)は「いじめを把握できないのは、子供が本音を明かさないためです」と語る。

 高校2年だった長女の美穂さん(当時16歳)は2006年11月、校内で飛び降り自殺した。死後、美穂さんの携帯電話から、いじめを受け自殺を決意したことをうかがわせる本人の書き込みが見つかったが、県教委は「いじめは確認できない」とした。

 今回の調査で「いじめゼロ」だった学校は、個別面談や家庭訪問の実施率が低い傾向があった。学校側の責任を問い、県と裁判で争っている渋谷さんは、「教師が忙し過ぎて子供と向き合えていない。学校現場で心や命の問題がおろそかになっている」と訴えている。
------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント

Re: 【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

うーん???
なんかほとんどの段落において「なぜ?」と言いたくなるw

主観を語るのはいいんだけど、
断言してる部分が多い割には
どうしてそういう考えに至ったのかを一切説明していないし、
全てにおいて話に具体性がない気が・・・。
かといってデータも経験則もないから、
いちいち脳内で予測補完するせいで非常に読みづらいし共感もできないなぁ。

なんか未だに脳内で補完しきれない部分も多いし、
そもそも引用したニュースと
全く関係がないじゃんと思うのは僕だけかいw

これは結局何が言いたかったの???

引用されたニュースでは教育現場なんていう言葉は
一切出てきてないけど・・・。
最初から学校っていう括りに限定された話をしてんのに
なぜ突然子供の世界が広がりすぎているって話になるの?

で、仮にそれがその通りだとして、世界が広がることと
モラルが低下することに何の関係性があるの?
まぁなんとなく言いたいことは予想できるんだけど、
問題はそこじゃないんじゃない??

モラルとかを教えるのはどちらかといえば
学校よりも、学校なんぞに入る遙か前の親だと思うんだけど。
もちろん学校に入ってからもだけどさ。
よーするに躾がなってないだけ。
なぜなら、やって良いことと悪いことの判断なぞ
学校で逐一教えてくれないから。
教えてくれるとすればそれは、「学校の中でのルール」であり、
もっと基本的なモラルなんかに関しては
小学校以前にどう考えても教えられているはず。
あまりにも目に余る非道徳的な事には注意はするだろうけど、
それは教えてるのとは違うよね。
結果的にはそういうことの積み重ねなのかもしれないけど。

教師に暴力を振るうなんざ教師が親に直接訴えればいいし、
もし僕の息子がそんなことしてたら只じゃ済まさないけどねぇ。

そしてこれはニュースにも書いてある通り、
面談などの少ない学校であるために、
教師サイドから親へ訴える機会も少なかったせいなのだろうと
予想できると思うけど、ココについては問題視も言及もしないの?
まーこんなことがあってもいじめはゼロですとか言ってる時点で、
学校側が問題を表に出したくなくて教師側へ
ある種の「配慮」を求めていたという可能性もありそうだよねーとかw

生物的だとか世界だとかアナクロだとか
そんなスケールのデカい話する前に
もっと解決すべき問題はたくさんあるんじゃない?w

で、結局みこうさんが思うところの解決策って
何も書かれてないんだけど、
じゃあどうすればいいのかって所を見てみたいなぁ。

ちなみに結びのとこだけど、別に教育現場っつー言葉自体は
崩壊してないと思うけどなw

現状では教育現場が学校だと錯覚されてると
最初から決めつけてるからそういう結論に至るのかもしれないけど、

別に教育現場=学校だなんて誰も思ってないでしょw

皆そんなことは最初から理解してるわけで、
理解してる上で、それが学校として使われる機会が
ただ多いってだけじゃんw
錯覚してんのはみこうさんじゃないのかw

まともに考えれば、塾も幼稚園も保育園も、
さらには家庭までも教育現場と言えるわけで、
それはつまり教育現場そのものが学校だけじゃなくて
もっと広い意味で使われるってことだよね。
で、現状ではモンペやら今回の事件やらで
まさしく教育現場そのものが
崩壊に向かっていると言えるんじゃないかな?

そーゆー意味では、別に「教育現場」って言葉自体は
崩壊もしてないし、特に言葉としての意味や役割も変わっているとは思えないんだけどw

ってかなんかすげー長くなった!
でもなんかあまりにも突っ込みどころが多くてw

ごめんねごめんねーw

Re: 【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

引用元に"教育現場"の字が無いことから察するに
崩壊しているのはみこう氏の"教育現場"という言葉の定義の方か・・・・

・・・あ,いや,すみません.頭悪いんで自分には本文の内容がサッパリ判らなかっただけです.

Re: 【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

憶測だけど、中の人が小説書いたりする作法で評論してるのが問題なんだろうな。
特に最後の締め方が、小説でよくある「余韻を持たせて読者にその後を想像させる」やり方。
うやむやになっちゃってる。評論としては下策。
まあ評論というより読み物として面白いかなw
あと言葉そのものの崩壊ってニュアンスが、上お二人と中の人で微妙に違ってる気がする。
引用記事は気にしないものだと途中で気付けたから良かったけど
ちょっとそれはきついような。引用なしで書いたほうが良かったのでは・・・。
blog記事は、飛躍してるとは思うけど、概ね同意。

Re: 【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

子供には一定の情報しか手に入らなかった時代とは異なり、いまは子供でも様々な情報が手に入る時代となった。様々な知識、様々な人との交流。。。
子供の世界における空間的限定性が崩れていくとき、子供は何をするようになるのか?その答えがすでに出てき始めているのかもしれない。

Re: 【提言】崩壊しているらしい「教育現場」ってなに?

なんか強烈な違和感があるから
みこうさんには何が見えてるんだろうと思って何度か読み返したら
新聞記事とブログ記事の間にもうひとつ架空の記事があるように見える。
この新聞記事を見て、これは学校のせいだ親のせいだっていう反応をした記事があると仮定して、それを受けたブログの記事だとすると、だいたい筋が通る。
だから記事との関連性が見えないっていう声が上がったりするんだな。
だとしたらこれは、見る人におおらかさと雰囲気を見る力がないと読めない記事。
上の人がいってる”小説の方法で書いてる”っていうのが頷けるな。読む側に異常に高い想像力を要求してる。論述としては問題ありかも。
でもま、堅苦しいことを決められたスペースじゃないしそこはまあ、ねえ。

出てくる意見をあらかじめ潰そうとするとか、斜に構えすぎじゃないかwwww

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/1957-dbef2224