FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】名刺、かあ。

twitterで主に募集されるオフに参加するようになって
mixiを始めたときと同じように急激に人のつながりが増えています。

mixiの時は全くなかったのですが
(恐らくサービスの差異というよりは時期的な問題だと思いますが)
twitter関係で初対面の人と挨拶をすると、かなりの確率で名刺をもらいます。
mixiを始めたのは4年くらい前だろうか。
twitterはまだ半年経たないくらい。


ココでいう名刺は、所謂一般の方が言う名刺とは違う。
普通の名刺は、一般社会上での自分の表札で、
会社名や役職、本名、会社の連絡先などが書いてある。
ここでいう名刺は、web上の自分、作家としての自分、など
もう一つのペルソナを具現化し、その表札としての名刺で
本名はなく、ハンドルネームやペンネーム、webサービス上のIDや
仮想空間にもう一人作り上げた自分への連絡先などが書いてある。
使用目的故に形式的に、形式ばっている必要が全くなく、
管理に困らない範囲で、綺麗・可愛い・目立つ・面白いなどが許される。



twitterを始める前にもらった名刺は、
女装少年オンリーイベント「計画」のどれかに参加したときに
東方コスをしていた人からもらったのが初めてで
それまでは一切もらったことがありませんでしたし
それ以降は
東方夜伽の合同小説誌を出すときに絵師さんの一人からもらった位。


正直
同人作家達は名刺代わりに作品を交換するところを
コスプレイヤーさん達は写真を渡すのもアレなので名刺交換という文化が発生した
んだと思っていました。
レイヤー以外の名刺交換は少数派だと。


でも実際最初にもらったときに
「ははあ、これはいい文化だな。」
とは思いつつも
でも踏み出せないでいたんですね。

それは
自分が「これが自分だ」と主張できるモノが無かったために
名刺を渡してまで主張することに躊躇いがあったからです。

私なんぞの名刺もらっても別にその後どうなるかわからんしな。
作品ならまだ読んでもらえるかも知れないし、
もしかしたら作品を読んで何か気に入ってもらえるかも知れないけど
パーソナリティそのものが看板になるような「名刺」って
今の私には生かし切れないな。
と。


ところがtwitterを初めて
twitter関係でオフをすると
かなりの人が名刺を持っていて、それをもらいます。

そもそも私が同人活動をする「身内」以外の誰かと
同人活動をするもの同士としての人付き合いを殆どしてこなかった
という閉塞を
このころになってようやく打ち破ったからだとも考えられますが

twitterを始めたのと時期を同じくして
twitter以外の場でも同人作家同士の交換もよく目にするようになり

今や
手元に結構名刺がたまってきました。


twitterを始めなかったら
名刺には踏み出さなかったかも知れません。
というのは、
単純に人とのリレーションの数の問題だけではなく
twitterというサービスでの自分の確立方法故です。


同人活動
コスプレ
などで名刺を作ろうとすると
個人のパーソナリティそのものと言うよりは
作品や扮装が先行し、
それ故にそれがある一定以上に達していないと、
極言してしまえば
中の人の中身など一切鑑みられることなく切り捨てられる。

普段どんなに面白いことをいっていても
クレバーでクールなブレインなヤツでも
活動範囲を作品や行動で規定する場面においては
それは仕方のないことだ。

だから、
少なくとも今の私の創作物に対する制作スキルが一定のままで
人との関係数だけが増えていったとしても
中の人の紹介としての名刺を作る気になれなかっただろう。
また、
そういう側面からとらえられた場合には
やはり私は名刺を求められるほどのキャラクターは持ち合わせていなかっただろう。

twitterはそのサービスの性質上必然的に、
pixivであるとか
cureであるとか
~~アップローダであるとか
そういう
自分を具現化する別の何かを仲介せず
中の人そのままがその人としてとらえられる。

あの絵を書いている人
あの文を書いている人
あの曲を作っている人
あのコスをしていた人
その側面が無いわけではないが
そこは主役ではない。

中の人がそのままとらえられるwebサービスに触れるのは
実は初めてだった。

mixiも使い方によってはそうできたのだろうが、
どうしてもコミュニティに沿った使用に寄ってしまう。



これがうぬぼれではないのであれば、
この発言を許して欲しい。
つまり、

twitter上では
べつに
絵描きとしてのみこう悠長でもなく
文章書きとしてのみこう悠長でもなく
カラオケ好きのみこう悠長でもなく
ヘタレイヤーとしてのみこう悠長でもなく
どれでもない
素でくっちゃべってるだけのみこう悠長に興味を示して
followしてくれているひとがいる。

ということを。



勿論上記のいずれかの人もいるだろうけど
普段のしゃべりが気にくわなければ、
作品を好いてくれたとしてもfollowしないだろう。

作品からfollowしてくれた人がいても
全てがカテゴリ分けされずにfollowerとして
フラットに扱われ、
とてもとても生身な私が見られている気がするし
私自身もfollowしてる人についてはそういう目で見ている。

良くも悪くもだが。
いるかどうかは知らないけど
私の作品が好きでfollowして普段の呟きを見て幻滅したという人が
いないとも限らないだろう。
っていうか、普通にいそうだ。



そういう風に
「作品を名刺にしてもそれがメリットとならない」
関係を築けたというのが

twitterを始めてから名刺を作ろうかな
と思えたきっかけです。


勿論
web上のみこう悠長は
先に述べたいろいろのことを中途半端に下手の横好きでやっている存在なので
名刺にはそれらのことは記述しますが。





何だろう
「(名の知れた)~様」でなくても
きちんと表札を持ち歩ける関係を前提としているっていうのを
私が実感として感じられた、
いうだけの話なんでしょうね。

mixiの頃から名刺交換していた人からすれば
こんなことは当たり前のことなんでしょうし。





一つ大人になりました。




先日のお花見でもかなり頂いて、
さすがに管理をしないと行けないだろうという量になったので
名刺ホルダーを買ってきました。
持ち歩き用の名刺ケースとかも買ってきました。
100均ですが。


そろそろ私も名刺を作ろう

この記事へのコメント

Re: 【日記】名刺、かあ。

確かに、素のつぶやきを読んで、みこうさんをフォローしました。今までのwebサービスには無い距離感がありますね。twitter・・・他のサービスを利用したことはありませんからこの発言は変ですね。参加する敷居が限りなく低いから参加できました。これだけですね。私の場合。

Re: 【日記】名刺、かあ。

80%の変態呟きと、10%の愚痴呟きと、10%のまじめ呟きで構成されていますが、
10%の部分をみて私をフォローし続けている人は半月さんを含めてもわずかですねw
貴重な存在です。

Re: 【日記】名刺、かあ。

みこうさん、どうしてフォローしたんだっけなぁ。
どうも百姓の方からの繋がりな気がしてならない……。
10%の部分を見て「くぅぁぁぁ一緒に歌い(踊り)に行ってふっとばしてしまいてぇぇぇ」とかもんもんとしている毎日だったりします。

Re: 【日記】名刺、かあ。

あぶひゃくさんつながりでしたか。
私もよくわかってませんw

えっwふっとばされる!?!?!?w

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2063-fdc98e8f