FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】ものとろん

Monotronという玩具を買ってきました。
Stylophoneを調べててみっけたんですが。

DS-10でさえ何がなんだかわからなかったので、
楽器の入門用にというか、弄って体で覚える、
まあやっぱり玩具として買いました。

つまみの意味とかよくわかってなくて
ぐにょぐにょ弄って
「うは、おもしれえw」
とかやって遊んでました。

昨日は買って帰って来てから5時間くらいずっと遊んでました。
別に扱えるようになったわけではないんですが。

鍵盤はついてますけど書いてあるだけで
全体がリボンコントローラなので
鍵盤的な音の境界がないです。
その上ピッチを弄れるので
(更に隠れた半固定抵抗を弄るとリボンコントローラー全体で弄れる音の幅が変わるので、
それをやると鍵盤の印刷さえ意味を成さなくなる)

音がさっぱりわかりません。
なに、絶対音感とかないとだめっスかね。

鍵盤は書いてあるけど、鍵盤無視して
音が無境界に変わる楽器として遊んだ方が面白いのかな。
鍵盤見るよりも、鍵盤ピッチと音を体で覚えてうねうね操作するかんじ?
スクラッチプレイみたいな。

リボンコントローラに触れるのは初めてだったんですが、
触れているだけでは無反応でほんのの少し力を入れると反応
だったので
ギターの弦を押さえるみたいに指を当てっぱなしでスライド→ここだと思ったところで入力
みたいな感じで
距離と音の相対を体で覚え切れれば……ムリクサ orz


ニコニコで演奏してみたに何かあるかなと思ったら
殆どない。
不人気楽器かなこれ。


恋愛サーキュレーションを演奏したもの
があったけど、
とりあえずあのレベルになるのを目指そうかな・・・。
つまみとか全然使ってないから
あんまりシンセとして機能してない気がするケド。


とりあえずこれは凄い。



ちなみに「私が持ってるmonotronと違う…」って言いたいくらい
これらの動画の音声には雑音がないですね。
私イヤホンジャックから取っても、
音量上げると簡単にホワイトノイズはいるんですけど…。

音自体は凄く太いキックから
頭が痛くなるくらいにキンキンに波形の崩れた音まで
かなり色々作れます。
シンセだと当たり前なんでしょうか。
初心者なのでよくわかりません。

つまみがちっこいので
キック音作ってリズムを調節しようとすると
微微微微調整くらいの回転を強要されますね。
音を作るときもほんの少し回すだけで全然音が変わる。

シンセサイザー扱う人ってああいうのすっとやるのか…。
動画見ても迷いなく捻ってるのすげえなあ。

リボンコントローラの長さ的にオクターブも一つとちょっとなので
例えば先の恋愛サーキュレーションの演奏を真似してみたらならなかったですが
1曲内の高低差の激しい曲で同じことを使用としたら
捻り具合も正確に覚えないとだめってことになるんでしょうか。

流石に本格的な演奏になると複数オクターブくらいはカバーした楽器を使うのでしょうけど、
すげえ。シンセ奏者すげえ。

ああ、入門書くらいはよんだ方がいいかな。

この記事へのコメント

Re: 【日記】ものとろん

面白いなー
カオシレーターとかカオスパッドと同じ部類だよね。
音録るときはマイクよりラインに挿した方が綺麗に取れるはずだよ。

シンセとか使えないけど音楽の切り貼りにReaperやAudacityがあると便利かも。遊びファイル出来たらキカセテネー

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2089-9afb900a