FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【携帯】WindowsMobile→WindowsPhone

もう現在どういう感じなのかというところは
他のサイトとかでも語り尽くされているようなので書きません。


余り話題に上ってこない
タッチスクリーンの実現方式について。
もはや当たり前のように静電容量方式なんだと言うことになっていますが
抵抗膜方式は抗うことさえ出来ずに息の根を止められてしまったようです。
むしろ元々そんなモノなかったレベルで抹消されているようにさえ見える。



先日友人にK01?を触らせて貰いました。
前に別の友人からT-01Aを触らせてもらっていたので
個人的には、あの大画面にQWERTYキーボードついてるとか
かなりイイ機体何じゃないかなと思っていたのですが

何故かT-01Aの頃抵抗膜方式だったタッチスクリーンが
静電容量式になっていました。

おかげで全く細かい操作ができません。
(堅いモノでの圧迫を感知しないので、指先よりも小さな部分を選択するのがほぼ不可能)
設定項目などを弄るときに全く使い物にならないという
泣けてくる状態で
ああ、これは酷い……と思ってしまいました。


iPhoneの大量普及で
静電容量方式が圧倒的シェアを占めているように見えます。
恐らくマルチタッチを実現するためだと思いますが
個人的にはマルチタッチよりも
1点でもいいので細かな制度を保つ方が好きなんですよね。

WindowsMobile(WindowsPhoneClassicって位置づけになる?)が
画面内に設置されたモノが細かすぎるから
細かなタッチが必要なんだ、
といわれることも多いですが
そのために画面を大きくしているようにさえ見えるし、
画面を大きくしたところで限界がある気がする。

格安でAndroid機触れる機会ないかなあ。
どんなもんなのかじっくり使ってみたい。

iPhoneやiPadを触って思ったのが
「何処押してるんだか全く実感が沸かない。
 何となくこの辺ってやるとその辺にある、確かに適切なモノを触ったことになる。
 なんか気持ち悪い」
なんですよね。

目で見ている精度をスクリーン側がファジーに直し、
ソフト側でそのファジーを再度ユーザの精度に解釈し直しているところが
なんか気持ち悪いんだろうなあ。

時代遅れの人間の発想ですね。ほんとうにありg



iPhoneが出始めた当初も
依然として抵抗膜方式タッチスクリーンを採用し続けたWindowsMobileですが
このおり、
WindowsPhone7になって
やはりラインナップは静電容量方式に刷新されてしまうようです。

Microsoft側がデバイスの最低基準を設けるという
Android陣営にはないライン引き(かつiOSよりは緩い)ですが
OS側でマルチタップが前提とした機能がわんさか用意されているのでは
静電容量方式に基準を敷いたといっても等しい気もします。

ここまで書いておいて何ですが
抵抗膜方式が残って欲しいというわけではなくて
高精度のタッチをさせて欲しいというだけです。
勿論マルチタッチの持つポテンシャルはすごいんで其れはそれで期待しているんですけど
前述のあの気持ち悪さにだけは、慣れられるか自信がないです。

昔から扇風機とかについてた
静電気感知で切り替わるスイッチとかが嫌いだったんで
その辺克服しないといけないようです…。

恐らく根底にあるのは
タッチキーボードよりも物理キーボードがのってないと嫌だっていうのと同じで
「そこを確かに押している」という実感がないからなんだ思います。

こうやって考えると
本当に、時代に乗り損ねた、機械音痴のオッサンと同じレベルだよな…。


今使っているX05HT(ToutchPro)はもうそろそろ2年縛り脱出なので
何かに乗り換えたいなと思っています。
WindowsPhon7がでて日本で、HTC7Proが販売されれば
恐らくそれに乗り換えると思います。
というか、現状で乗り換え対象が見つからない。

そこで静電容量方式のタッチスクリーンに慣れることが出来るか。
自分への課題になりそうです。


WindowsMobileClassicは別枠で続ける、
みたいな非公式発言があったやらなかったやらと言われていますが
ニュアンス的にはサポートブッチはしません程度のことでしょう。
個人的には
ライトユーザ方向へ食指を伸ばしたモノばかりでなく
ひたすら二PDAの延長、UMPCの先端として
ごてごてと機能を乗っけたまま進化していく、
そんなOSもあってもいいと思っています。

◆追記--------------------------------------------------------
抵抗膜方式でマルチタッチを実現する技術は
静電容量式のスクリーンに比べて生産コストが低いらしいこともあって
方々で研究中のようです。
ですが、
ココまで静電容量方式が個人ユースとして出回ってしまった以上
仮に抵抗膜方式のデバイスが普及モデルとして輩出されても
もしかして喜ぶのは私のような変わり者だけなのかもしれませんね。

この記事へのコメント

Re: 【携帯】WindowsMobile→WindowsPhone

>何処押してるんだか全く実感が沸かない
最近流行りのスマホを店頭で触ってそれは確かに感じた。あんなんでフルキーボードとかホームポジションのポッチとか丸っきり意味ないし。
最先端な部分だけ追求されすぎている気がしないでもない。
メカニカルもあいして・・・。

Re: Re: 【携帯】WindowsMobile→WindowsPhone

>メカニカルもあいして
仮想化では追いつけない部分があると思いますねえ。

大丈夫☆

時代遅れではないと思いますよ!
どちらにも一長一短あるので・・・
気にすることはないですよ~

そういえば、
静電式につかえるペンというのが
あったような記憶がありました



今しらべてみたら
いろいろ、たくさんあり、
良いのもあるようですが
うまくいかないペンも多かったりで
むずかしいことも多いようです;;;;;

Re: 【携帯】WindowsMobile→WindowsPhone

既にユーザの意識には
「爪やペンを使ってやらないといけないスマートフォンなんて…」
って思われていそうな記がします……。

万年筆からボールペンへ、
筆記用具の主流が移行したのと
現象は同じなのかも知れませんね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2173-e79e86c9