FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】遊び方とお金と価値観

最近blogが復活してきています。

twitterで呟いていると書くことないななんて思って
ぜんぜん書いていなかった時期がありましたが
結構twitterじゃ言い切れない部分も出てきたので
戻ってきてるのかな。

twitterかかりっきりだった頃は
何でもかんでもtwitterに投げてたけど
blogで書いたほうがいいのかなって部分は分離してきた感じです。

それにつれてtwitterは詰まらんことしか呟かなくなって
フォロワー全く増えなくなりましたが。

blogだとtwitterほど反応ももらえないんで
それもそれで微妙ではあるのですけど
140字だとどうにも語弊が生じることが多くて。

かといって
文字数増加のサービスとか使ってもいいんだけど
そもそもtwitterはアーカイブにならない。

呟きと日記は分離されるべきで
日記はやっぱりアーカイブしてこそだと思う。
後から見直したときにそれなりの発見がある。

twitterをまとめてblogに落とし込むサービスもあるが
それならblogでいいかななんて。

twitter上で疑問として吐き出したものを
blog上で考えながら記事にする
なんて使い方になりそうです。

まあいつまで続くかわかりませんが。



本題。



こないだ
失業中に昼の世界が
なんて記事を書きましたけれど
実は同じ時期に会社をお休みしている方
(詳しい理由は聞かなかったけれど)
から
平日昼間に遊びませんか
なんてお誘いをもらって
遊びに行ったことがありました。
twitterで知り合った東方好きつながりなのですけれども。

平日昼間の秋葉原で待ち合わせて。
平日でも人居るんだなあなんて感心しながら
ただぶらぶらあっちの店入ったりこっちの店入ったりして
遊んでたというか長時間の散歩。
昼過ぎくらいからよるくらいにかけて
数時間喋ってぶらぶらしてました。

なんていうか
東京に来てまもなく
秋葉原がどんなところか初めてで
ぶらぶら見て回ったあのかんじでした。

秋葉原なんて実は東京に住んでしまうと
よほどオタク文化に深く触り続けるでもない限り
実はあんまり行く機会がないです。

電化製品なんかに関しても
確かに探せば安いんですが
探す時間と、わざわざ秋葉原まで行く時間とを鑑みると
近場の量販店とかで買ってしまってもいいかなって思いますし。

アニオタというほどでもなく
パソコンオタというわけでもないので
特にこだわりが合って探し回ることもありません。

同人誌を買い漁るような人間でもないので
実はほとほと用事がない街であります。
(東方のSSとか書いたり、
いかばかりかの同人活動をしている以上、
他のサークルに興味がないというのは
全く以って誉められたことではないのですが…)

まあそんなわけで
実は久しぶりの秋葉原だったわけです。



数時間で使った金額。
交通費(往復):1200円
待ち合わせの時間に食べていたマクドナルド:200円
マウスが壊れかけていたので買いなおした:150円
失業期間に人とあって話ができた:ぷらいすれす

といったところでした。
交通費が一番高いとか…。



何を思ったのかというと
「学生時代ってこういう遊び方してたよな」
ってこと。

時間があってお金がなくて
お金がないなりにちゃんと楽しく遊んでいた。

社会人になってから
お金のかからない遊び方を忘れてしまった気がする。

外に出ても飲食店に入って数千円は使うし
人の家にいくのにも何か買っていくのが礼儀になってしまって
交通費を除いても数千円はくだらない。

ところが高校とかの頃を思い出すと
交通費は大体数駅はみ出る程度でだから気にしないとして
(それでも定期の範囲外になる仲間が居ると気を使ったりした)
他の金額なんて本当に3桁とかそういうレベル。

交通にチャリつかったりしてたしね。

もちろんゲーセンいったらかなり使っていましたけど
それって特殊なケースで
そうでなくて
ただ本屋を歩いて回ったり
文具店見て回ったり
電気店でゲームのデモ見て回ったり
それでも楽しかった。

別にケチりたいわけじゃない。
今となっては
食べに行ったりしたら
そこでケチって安いものしか頼まないのは無粋だと思うし
そういう遊び方はそれで楽しいと思う。

ただ、
お金を使わなくても楽しかったあの感覚を
そのとき思い出せたのは貴重だった。


なんていうのかな
「お金がないと遊べない」っていう体になっているのは
それはそれで寂しいと思うんですよね。

じゃあ学生の頃は何でそんな遊び方ができたのかって考えると
学校生活の中で、
自ずと気の合う相手合わない相手、
合う相手との合うポイント
みたいなのが知れている
というのが大きいんじゃないでしょうかね。

「お金を使わない遊び」
というのと
一致はしないけど
相当な相関関係があると思う点に
「価値観の統一が取れていないと一緒に楽しめない」
という要素があると思うんですよね。

ぶらぶら歩いたり人の家でごろごろしたり
買うでもないのにお店に行ってウィンドウショッピングしてたり
ある意味でやってることって
デートみたいなもんでさ
そういうくらい気の置けない仲じゃないと
できなかったことだと思うんですよね。

逆にお金を使う遊びだと
その許容範囲が広がる。
多少趣味や傾向のずれがあっても一括りに楽しめることが多い。

学生を終えて社会に出ると
学生時代みたいに
一致するしないを見ている余裕なんてほとんどなくなっちゃいます。
だからお金のかかる遊びへシフトしていく。



さてここで。
twitterやmixiみたいな
価値観をひとつとした人と知り合う機会が多く持てる仕組みが
潤沢にあるこの現代で
大人になったからってお金のかかる遊びに縛られている必要があるのか
ということですね。

この間秋葉原に行ったとき
相手はどうだったのか知らないけれど
私は楽しかった。
特に何をするでもないけど
くだらないパーツとか見て
なんでもない話をして笑ってるのが楽しかった。

これを後から振り返ると
社会人みたいな年齢になっても
お金を使わずに遊ぶことは十分できるのではないか。

いや
お金を使わないのが重要なのではなくて
お金を使わなくても遊べる相手を見つけ
そういうところで協調していくことは可能なんじゃないか
ってところです。

くどいようですが
お金を使う遊びはそれで楽しいです。
ケチるつもりもありませんし、
使うところでケチるのも無粋だと思います。

ただ、もしかしたら
お金を使うような遊びにしてしまうことで
一定以上相手と近づく機会を逸している可能性
もあるんじゃないかなと思うんですよね。

もちろんお金を使って近づく
(変な意味でなく)
場合もあると思いますけれど。



大学の友人の家で宅のみをすると
とても安上がりで楽しく飲めたりする。
それって
学生の頃の遊びと今の遊び方の中間くらいにあるもので
ひとつの(そして誰もが持っている)モデルケースだと思うんですよね。

webで知り合った相手と
オフで遊ぶようになって
気が合うならそういうほうへシフトするのも
また面白いと思います。
どんどんお金を使わない遊び方へシフトしていくというのは
逆に気が置けない中になっていっている気もするんですよね。

今のところは
いくらかのカラオケコミュの仲間とは
宅のみとかして遊ぶんですけど
やっぱり連結感が違います。



これからはいわゆる「デジタルネイティブ」とか
そういう子たちが台頭してくるので
もっともっとそういうスタイルが増えてくるんじゃないかなあ。

若い子達の遊び方に変化が出てきているように
我々「もういい大人なんだし」の年代も
変わってもいいんじゃないかな。

じゃあ
たとえば「趣味」みたいな
尖がった一点で共通点をもてればいいのかというと
それじゃあそういう仲にはならない。

学校で気の合う人として付き合っていく相手って
趣味が同じというだけじゃなくて
そもそも性格が一致していたり
もっと広い(複数の点で)共通点がある。

ネットのツールだけでそこまでのポイントを見出すのって
はっきり言って難しくて
私は
ネットの向こうでしか知らない相手を人間だと思っていない
なんて部分があります。

人格否定してるんじゃなくて
やっぱり作ることも隠すことも取り繕うことも簡単だし
「一点」でしかつながっていないことが多いから。

もちろんそういう人の中には
もっと仲良くなれる人は多いし
その可能性は高いと思う。

だから私はオフしたがりなんですけどね。

ただ、
ああ、これは少し話がそれちゃうかな、
せっかくそういう風に相手の深い部分を知りたくてあうのに
大人数になっちゃうと結局何もつかめなかったりします。

出てくる会話なんて
人数が多ければ多いほど
人数分で平準化された話題にしかならないし
平準化されたそのレベルに対応できる発言しかできない。

自分の中の変わったものを出そうものなら
空気読めない発言になるわけです。

まあこれは私が性格が悪くて
価値観ずれまくってるからかもしれませんけれど。
一般的な普通の価値観の人だと、
大人数の場でも喋れるのかもしれません。

私は何か自分の考えとかをゆっても
場がしらけることが多いので怖くて言えません。

わからない相手には説明するのに手間がかかることばかりで
多人数になると時間リソースって分割されて
一人に割りあたる時間なんて極わずかで。
それを説明する暇なんてない。

これって矛盾してるんですよね。
たくさん人が居れば居るほど
自分の考えを「説明しなければならない」可能性が高いのに
人が居れば居るほど「説明する時間はなくなる」。

だから私は大人数でのオフとかでは黙ってることが多い。

「それって私は違ってさ」
なんて言い出して
しかも大量の時間を持っていくなんて
場がしらけるだけだ。

だから少人数が好き。
少人数で、相手の会話を聞いてその尖ったものを聞き出したり
自分の中のものを曝け出したりして
せっかく会うんだから
そういう風にしたい。

まあ単なるコミュ力不足。



自分の考え方が偏りすぎていて
説明するのも面倒だし
してもわかってくれることが少ないよねなんて
東方SS書いていて
自分の幻想郷観は説明するのが面倒くさくて
説明したところで広く受け入れられるものではなくて
だから説明すんのめんどくせーし、
説明なしでわかってくれる人だけ読んで下さい
作品読んでわかる人は以降も読んでくれるとありがたいです
わかってくれないなら別に読まなくて結構です
ってスタンスとすごく似ている。

結局は性格なんだろうな。
ひねくれもので性格悪い。



話がそれましたが。
遊び方の話に戻しましょう。

そういう遊び方も
まあ実態としてはお金がかかったりしている現状ですけど
お金をかけないステップに進む可能性を持っているんじゃないかなあ。


この間
アイススケートに行った人とは
「原稿オフとかしたいねwww」
なんて話も。
これはこれで楽しそうです。
ぜひやってみたい。



……なんて。
お金がかからない遊びも、なんて
こんな考え方させられるのって
実は不況だからなのかもしれませんけれどね。

実際に余るほどお金があれば
そんなことは考えないのかもしれません。

今まで書いてきた考え自体が
そもそも不況下にあってお金がないからという状態に
無意識に誘導されている言い訳なのかもしれません。

なんか集団意識とかそういう感じ?
よく知りませんけど。



いつもどおり何を言いたいのかよくわからない
拡散しまくった記事でした。



余談ですが
金曜日夜とかに新宿東口で待ち合わせたりすると
人がごった返してるんですよね。

まあ普通の光景なんですけれど。

これを見て
「ほんとに不況なのかなあ」
っていつもいつも思うんです。

第二位の地位を追われたとはいえ
数百ある国家の中でGDP第三位ということが、
つまりはこういうことなのかな。
なんて思わされます。
(だからって三位でいいとかそういう意味ではなく)

ただ、そうやって遊んでいる路傍には
ホームレスさんがいたりするのも
やはり目をそらしてはいけないのかな
なんて。

余談でした。

この記事へのコメント

Re: 【日記】遊び方とお金と価値観

学生時代、毎月1万とかで遊びまわってた頃が懐かしい。
今じゃ1万なんて一日で飛んでいくよなぁ…と。
財布の紐が緩みまくりな気がします。

Re: 【日記】遊び方とお金と価値観

確かにアキバは行かなくなったなw
数年前はDVD-Rのメディアを買いにいってたけど、
結局アマゾンとかのほうが安いからな~
電車賃考えるとry

PC自作する人は、
中古PCパーツとかで、まだアキバ行く価値あるかもw
新品PCパーツとかも見定め出来るしなww
特価品もあったり(ry

Re: 【日記】遊び方とお金と価値観

僕も大人数の飲み会ではおとなしくなります。というか少人数ですらおとなしくなります。一対一がスキです。ひとりの相手の表情や言葉をみたりして考え方を知り、自身の考えを相手にあったように伝えるだけで僕は精一杯です。

Re: 【日記】遊び方とお金と価値観

樹さん>
その時代、一万あれば、三ヶ月はもちますよね!

こみさん>
そうなんですよねー。
半額とかその辺まで値が下がったらいきますけど
結局通販か、近場になりますよね。

黒さん>
やっぱサシのみが最高ですよね。
相手の深いところが見えたり、深いところを見せたり。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2201-fa8e3578

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。