FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【原発】失恋と恋心とアンフェア

失恋した相手に優しくして、
その行き先を失った恋心を掠め取ろうとする。
卑怯かな。

でももしかしたら、
ただの、本当に慰めたいだけの気持ちかもしれない。
何で卑怯なのか。

弱みに付け込んでいるから?

弱みとは。
なぜそこに付け入っては卑怯なのか?

彼女が求めているのが優しさであるというのなら
その失恋が残した傷跡を
ボクが埋めるということは、
利害も因果も、もしかして運命も一致しているのかもしれない。

でも
彼女の失恋は、ボクの恋心とは無関係だ。
彼女の痛みは、僕が彼女を思う気持ちとは無関係で
なのに彼女の痛みをそのままボクへの依存心に錯覚させて、
その思いを偏向させてしまうことができる
そんな一瞬のセキュリティホール。

そこを攻めるのが汚いという、それが卑怯の正体。

失恋は望まれた事故ではない
それは痛いものだし、
絶対に避けたいものだし
その痛みは酷くわかる。
それを耐えろだなんていわないし
失恋の痛みを抑える薬を使うななんていえない。

同じようにボクはボクの恋心を否定するつもりはない。
ボクは彼女のことを好きなんだから
その主張は絶対に変えない。
時を経てボクが何らかの理由で彼女を好きじゃなくなったら
変えるかもしれないけどね。

でも
ボクの好きを実現するために
彼女の失恋を利用するのは
その隙に付け込むのは卑怯なのだろう。

それは二者に直接の関係は
「あるようでいて実はない」から。




地震が起こって津波が起こって原発事故が起こって現状です。
原発事故が起こって放射線被害が多発し、汚染物質の拡散が広がり
それを引きずった風評被害も収まらない。

被害に遭われた方にあってはかける言葉もありません。

というか、
「がんばって」すらいえないのならもう黙ってみてるか
同情するなら金をくれということでお金を出すしかないわけですが。

もう募金したから許して。
後は何も言わずに口を噤む。

事実についてだけ感想を述べて、
人々に対して励ましの言葉とかは言わないですから。

本当に、言わないほうがいいのなら
励ましたりしませんので。勘弁してください。




で。
とはいっても心の痛む出来事であって
もう二度と起こって欲しくない
(別にこれが初ではないので二度とという言い方は正しくないが)
です。

とあるmixi記事で
反原発を謳ったヒトの記事について
ちょっとした勘違いがあって
そこに突っ込むついでに
「今言うことじゃないだろ!」という記事に対して
「今だから(原発反対を)言うんでしょうね」
ってコメントを残しました。

(実際は今言うことでない、というそのタイミングがずれていたので、
記事自体がノーカウント)

しかし
残したあとで自分が残したそのコメントに対して
ものすごく違和感を感じてしまい
それをずっと考えていました。




原発事故は失恋であって
ボクの恋心は原発反対の意見だ。




私が感じていた
私のコメントに対する
自身への気持ち悪さはコレだろう。

今原発の賛成反対を言うのは
動機はあるけど不当な気がしたのだろう。

こういうナーバスなときに
イデオロギーをねじ込んでその方に話を持っていこうとするのは
どことなく卑怯な気がする。

勿論私は自分の恋心を否定するつもりはないのだけど。

原発の悪い面のみが強調されたこの状況下において
原発反対を口にするのは
ヒロイックで共感を得られやすく
ゆえに陶酔感も抜群でカッコイイ。

だが実態としては
情報操作を受けて意識形成されている状態と
何も変わらないんじゃないか。

この状況下で原発反対を謳うことこそ
ただのアジテーションに過ぎない。
今それを議論するのは、フェアじゃない。

そんな気がして

自分の残したあのコメントが
そのコメントを残した自分が
酷く気持ちの悪いものに見えている。

そして
ひいては
「今言うことじゃないだろ」
というあの記事こそ正しいかもと翻っている。



浅はかだな、私は。

この記事へのコメント

Re: 【原発】失恋と恋心とアンフェア

普段は関心のかけらもないくせに傷ついた時だけ優しく(厳しく)接して自分を印象付けようとする姿勢が「卑怯」に見えるんだろうね。
行動一つ一つを後から気づいて直したいと思うことなんて良くある。腐るほどあって嫌になる。

Re: 【原発】失恋と恋心とアンフェア

原発は賛成派。
というより、もはや無いと無理でしょう。

正直、安全対策がココまでぬるいとは、
思っても見ませんでしたが。

その地域が人類滅亡レベルの災害で、
やっと壊れるぐらいの対策は必要である。

コメントに関しては深く考えない方が楽ww
まあ、オレもそうできれば楽なんだけどもねぇwww

Re: 【原発】失恋と恋心とアンフェア

よくあること次いでにさくっと翻しておくことにします…。

原発は現実的には頼らざるを得ないんでしょうね。
謳われている代替手段が非現実的すぎる。

恐らくこれ以上の建造はしばらくの間無いでしょう。
そうすると、新しく建造はしないものの、
古いものは運用し続けなくてはならなくて
いずれ錆び付いていつ壊れるかわからないものをごまかしごまかし運用して
結局事故率上がってまたあぼーん
って目に見えていすぎる。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2218-f21ba222