FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】例大祭

地震があったりなどで延期されていた例大祭が
去る日曜日にありました。

私自身はろくにモノを作ってなかったのですが
前日に夜伽の方達との飲みがあり、
遅刻していったモノの滑り込んで楽しく過ごして

例大祭本祭では
リグルコスしてリグルコスの人を撮影しまくってほっこりしていました。
リグルコスの人が
思った以上にたくさんいて非常に満足です。

あと合わせに混ざってではなくて
単独で被写体頼まれたのが嬉しかったです。

まあソレはいいとして。




3年前にチャレンジしたクリア団扇にリベンジしたのですが
まだ企画の練り込みが甘くて
納得いくモノは出来ませんでした。

やはり前のブックカバーがそうであったように
試作を延々と繰り返してブラッシュアップを半年はしないと納得はいかないですかね。



本を作ることについてはまあ最近めっきりなので言及しませんが
グッズについては
どうアイディアを出すかにつきると思っています。

どんなグッズにするか。
業者で量産パックプランが存在するモノは既に手垢がついていて
量産できる以上は
恐らく、
絵がいいかどうか以上に知名度が物を言うのではないか。
言い方が悪いけれど、
業者側にプランがあるグッズはその時点で陳腐化していて
業者に出すほどの数が頒布できる程度には知名度前提。
私のような弱小では辛い。

かといって
業者の持っている技術は個人では全く追随できない。
印刷対象が既に限られすぎていて
個人では作れないモノが多すぎる。

どうやって
個人でも作れて
見栄えがよく
業者がプランを提示していない
出来れば実用性があるモノ
ものを考えるか。

下敷きなんぞ
絵はアピールできるし
素材故に物理的にソリッドで存在感があり
実用性がある(まあ使わないんですが。でも団扇にもなるし)
んですが
業者に出さなければ恐ろしく割高になる。

一応作るきっとはあるんですが
これで作ると一枚600円くらいで無いと赤字。

なのでちょっと敬遠しちゃう。
よほど絵が巧くないとしょっぱいだけだしね。


このぎりぎりのラインを考えるのが楽しくもあります。
漫画書けないなーと思うし
アイディア勝負なところがグッズ作りが好きな点です。

グッズ作りというより、工作が好きなんですよね。
量産プロトタイプ一個出来たらもう概ね満足なんです。
後はソレを
「こんなのできたよー。業者に出さなくっても、業者が作ってないもの作れるよー」
って見せたいだけ。

今のところ純粋に「作ること」を楽しめるのがグッズです。
漫画とかだとそうは行かないんですよね、もう。

絵を絡めた創作で、最後の聖域になっています。


とはいえ何とかしないとね。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2224-f0471eb1