FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【楽器】ほどほどに隠すのも面倒くさくなった

帰宅したら25時です。
もう疲れた勢いで書いちゃおうか。



こないだの楽器オフ。
やってること自体はバンド練習、というのが妥当なのだけど
そうやって書くとそれだけでそれなりのレベルに見られそうで怖いので
そうかけません。

混ぜて貰ってる人達は結構わかってるらしいんですが
(といっても「特別に巧い」というレベルでもない)
私は楽器を触って間もないとかそう言うレベルなので

私自身の口からはちょっと
「バンド練習してる」とか自称できない。

この気分お察し下さい。
でももういいや書いちゃえ。



どれくらい初心者かというと
スタジオに行って
「何で私のアンプとスピーカー無いんだろう?」って
疑問に思うレベル。
コレは後述。

昔から楽器やりたいやりたいっていっていて
言ってるだけで何もしてない状態が数年も続いていたので
言ってるだけだとただのバカみたいに感じられそうなこともあり
思い切って初めて見たという次第です。



ギターは正直やる気はなかったです。
やってる人が多すぎる。
ベースかな後思ってたんですが
一緒にやらないかと誘ってくれた人の中にすでにいたので。
ドラムもいた。
で、ギターもいて
正直私はいなくても動くんですけど
混ぜて貰うには
ツインギターにしてギターくらいしか空いてなかったんですが



キーボード。



音楽聞いてて好きな音がシンセ音なので、
これが楽しめるかなあっておもったんですよね。

一番難しいのは知ってます。

2年くらい前から
この楽器かっこいいなあ、っていうキーボードがあって
それがやりたかった。

時同じくしてmosaic.wavのライブに行ったら
使ってる人がいて
曲そっちのけでそればっかり見てた。
そしたらなんか
けいおん!のエンディングで誰かが
(見てないので名前はしらない)つかってたとかで
にわかに話題になった。

というのが
肩にかけるキーボードなんですよね。

でそこから2年悶々としてから思い切って買ってしまった。

mosaicのライブで見たのと多分同じモデル。

RolandのAx-synthってやつですね。

これ。

肩にかけるキーボードって
もうRolandしか作ってないんですよね。
現行モデルは
このAx-synthかAX-09ってちょっと小さくて可愛いヤツ。
どっちにするか迷ったんですが
単純に鍵盤数多い方っていう。
あとはまあシンセサイザーとして使うのだから
音色の操作くらいは出来たらいいなと。
(AX-09はプリセットの音色しか使えないので
位置づけはシンセというより電子ピアノに近い)



で、話を少し戻しますと
一緒に楽器をやってくれてる人達には
すごく助けられてるんですよ。

っていうのも

①そもそもバンドにキーボードが必要かどうか疑わしいとよく言われる。
②そのくせいざやろうとすると難しいから止めておけといわれるキーボードという役。
③キーボードとして入れるにしても、普通なら要らない子扱いされるネタ楽器。
④イロモノ過ぎて初心者がいきなり触るモンでもないのに使ってる。

という点に目を瞑って貰っている。

コレが
既に巧いレベルの人達であるか
あんまり気心の知れてない人達であるか
若しくはその両方であれば
絶対に輪の中に混じることは出来なかっただろうなあ。


「ショルダーキーボード?いらねえ。マジで止めろ」
って普通言われるそうです。
普通にキーボードを扱える技術がある人であっても。

賛否別れると言うより、圧倒的に否が多いらしい。
わたしは全然ありっていうかコレが好きなんですが。

まして私みたいな楽器を触るのが初めてで
楽器一発目がAx-synthなんて
一般的には愚行を通り越して狂気の沙汰です。

でも強いて言えば
「キーボードをやりたかった」
というより
「肩掛けキーボードをやりたかった」
なので
他の選択肢はなかったと思っています。



それでも混ぜて貰えたからにはちゃんと練習したい。
とはいえお金を払って学校に行くのも辛いので
家でしこしこ練習してます。



で、いざ触ってみて
改めて音楽とか聞いてみるとですね。
言われてるほどキーボードが不要に見えないんですよね。

アニソンとかゲームの曲だからでしょうか。

キーボード何処にでも入り込めるし
入った方がいいだろうなってシーンが結構ある。
まあそんな自在に遊べるレベルにはほど遠いんですが。

ピアノとかオルガンとかギターベースドラムではない音があったら
技術は別として全部自分のパートとして扱える。
それが無くても
ギターが二人とかいればギターになれる
ベース二人も出来る。
勿論表現力は薄いけど。
ドラムはMIDIキーボードとして使わないと無理。

まさに器用貧乏が好きな私にもってこいじゃないか。
……好きなんじゃないんだよ!



で、多分ギターとかベースでとっかかるよりも
結果としては入りやすかったと思ってます。
状況とメンツに助けられてます。





楽器で遊んでるメンツが
元はといえば全員カラオケ仲間なので
誰でもボーカルになって遊べるんですよね。
でも全員楽器抱えてるので誰もまともに歌えないという状態。
現状はギターさんが、演奏優先で歌ってます。



キーボードってバンドでは軽視される存在らしくて
スタジオに行ってもそれ用の機材が備わっていないことが結構ある。
今まで5回くらいスタジオで遊んで
3カ所くらい見たけれど
キーボードがおいてあったのは1カ所だけで
他のところはキーボード用のアンプもモニタもない。
(でもその一カ所は最初から2台備え付けられていた。
コンセントが足らなくて使われてない匂いぷんぷんだったが。)

備え付けキーボードをやる人は
自分のを持ってくるなんて普通はしないので
置いてあるところに行くか
お金を払うとレンタルできる場合があるのでそれを使うらしい。

でも軽視されてるので
乗っけるスタンドがズタボロだったりで結構悲しい目に遭うらしい。

その点ではまあ
肩にかけるキーボードは
比較的軽いので持ち運べるし、
スタンド要らないのでその辺の設備には左右されないので楽と言えば楽です。



でも基本アンプもモニタもないのでPAに直接ブッ刺すしかない。
場合によっては音が自分とは遠いところからモニタリングされるので
自分の演奏してる音が聞こえなくて演奏が辛いコトがありますね。

でもモニタ買ってそれを運ぶのも怠いので
モニタヘッドフォンでも買って出力分岐して
モニタリングしながら演奏しようかななんて考えてます。

ステレオ出力使ってると
フォン出力止まっちゃうので
出力分岐する方法を考えないと行けません。

まだ始めたばかりなので
何もかも楽しいです。




それにしても何で黒買っちゃったかなあ私。
白にして痛Ax-synthにするべきだっただろう……。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2235-dadb7205