FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】twitter飲み会

土曜日は久しぶりのtwitterオフでした。
twitterで知り合っても結局なんらか強い色合いの在る趣味で繋がったりで
twitterオフというよりもそっちのつながりでのオフに化けてしまうことが多いんですが
今回は久しぶりに普通の飲みオフ。

赤羽です。

私は土曜日仕事なので
(節電対策で休みが土日から日月にしばらくの間シフトする)
土曜日のオフは仕事から直行しなければなりません。


オフが既に開始されている時間にようやく豊洲を出発
赤羽に向かいます。

到着はオフ開始から2時間送れ。
若干げんなりしつつ。



到着から颯爽と日本酒!
比較的日本酒があるほうの居酒屋だったので
日本酒かぱかぱ。


その中でも一際存在感があったのが
この「白雪 はなほあん」という銘柄

日本酒には幾つかパラメータがあって
その中でも「日本酒度」というものは
0をニュートラルとして
一般的に
+であれば辛口
-であれば甘口
というものです。
大体
+5~-5の間に収まっていて
甘口~っ、って言われているものでも-6とか
超辛口といわれているものでも+8とかです。
※リンク先にもある通り、甘口から口を表す指標としては目安程度です。

が、このお酒、日本酒度が-22。
見た瞬間、-2の誤植だと思ったんですが
確かにメーカー公称も-22。


興味を持って頼んでみる。
取り敢えず、安い。
値段的には安酒。

で飲んでみたところ
水のようなすっきりと、果物のような甘さ
(フルーティというと少し酸味を感じそうですが酸味は無い)
甘口ですが、日本酒の甘口というとありがちな濃厚な感じではなくさっぱり。
かといって芳醇さが全く無いわけではなく、飲み口優先程度にはある。
日本酒業界の桃の天然水、といったところでしょうか(?
上善水如をもっとあっさりにしてもっと甘くした感じ。

甘いんですがまあ、
-22という数値から感じたほどの衝撃の甘さではありません。

でもソレを差し引いても飲みやすい日本酒。
日本酒といえば「一緒に塩が食べたい」とか「魚が欲しい」とかなりますが
このお酒はそのまま飲み続けられますね。
お気に入りでした。

この写真のお酒は別物。
変換 ~ PICT0003




でそんなこんなで取り留めの無い会話をしつつ解散。
一緒に参加していた森くまさんと
私とは
新宿で終電が終わっていました。

私はまあ急行駅で一つ前まで行く電車があるので
ソレを降りてから50分くらい歩いたりタクシー使ったり
新宿から深夜バスが出ている(かもしれない)などで
まあまあ帰ろうと思えば帰れたんですが
森くまさんは帰れないらしい。

のでネカフェに行くことにしました。
まあ寝るだけなんですけどね。


1時くらいについて私は3時半くらいまで寝ました。
その後は普通に漫画読んでました。

「白砂村」「マケン姫」を読んでました。

「白砂村」は記紀神話ベースの設定をひぐらしのような小さな舞台に詰め込んである印象の漫画。
というかあの辺りもろに意識してるなこれ。
あと若干ブルーシード臭。と中二。
記紀神話ベースということも合って結構好みかもしれない。
月読姐さんがいいキャラしている。

「マケン姫」は話全然読んでなくて絵ばかり追っかけてましたね。
変わった人体構図を使う人だなあと思って。
人物の書き方に勢いがあってそれだけ延々と見てました。
読んだというより見た。
ストーリーをこれほどに読まなかった漫画は久しぶりかもしれません。
ストレートな色気のある絵っていうのを
私は勉強しなおしたほうがいいかもしれないなあ
と思った次第。
キャラ名さえ覚えてないので内容についてはパス。


で5時半くらいに退出して帰宅しました。
その後、家でTRPGのキャラを調整して
そのまま以下の記事にあるオンラインセッションに突入、
という流れでした。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2267-13843e9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。