FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【楽器】8月の練習前練習

昨日はバンド練習前練習でした。
というか
「バンド練習」が本番で
「練習前練習」が合同練習という
よくわからんことになってますが
まあ人前で演奏する予定が無いので
「全員で集まって練習する」のが本番です。

マジで皆についていくのに必死な私は
一人だけ
「バンド練習」というより
「楽器そのものの練習」見たいな感じのレベルです。
ので、極力練習に参加します。
多分今のところ最優先度を持った予定になりますね。
楽器自体は何年も前からやりたかったことなので
願ったり叶ったりです。

使用楽器は例によってAx-Synthです。



ちょっと前の「ダンスダンスレヴァリエ」では
リボンコントローラでピッチベントすることにチャレンジしてましたが
今回はD-Beamでギターのかき鳴らしを、
まあ低再現度でもやってみようかと言う自己目標がありました。

っていうかリボンコントローラもっと長くていいのにな。
音をぐぐぐっと下げたいことが多いけど、下がりきらないことが多い。
あれパソコン接続した設定画面でピッチベントの強度変えられるかなあ。

モジュレーションバーでのうにょうにょはだいぶなれてきて
演奏と一緒にあんま意識しないで使えるようになって来てます。
どこで使うかは適当すぎますが。

で、D-Beamですが
なんか意図した感じにじゃかじゃかなってくれない。
もっときびきびきいてくれていいのに。
むしろ明確に効果がわかるピッチベントは
リボンでやるからこっちにはいらないと言うのに。

位置が使いにくい。
いや、左手でいじる分にはまあまあイイところにあるんですけど
音色の切り替えを左手でやるときに
不用意に上に腕を掲げるとビームに触れて変な音になっちゃう。

まあ
モジュレーションバーでのうにょうにょにしろ
リボンことローラのピッチベントにしろ
D-Beamのなんらかのエフェクトにしろ
皆で演奏してしまうとそんな細かいところは聞こえないんですよね。
あんま気にしなくてもいいかも?



とにかく音色切り替えがマジで辛いっす、この楽器。
今までストラップの外側を左手と通して変えてたんですが
D-Beamに触れてしまうので
ストラップの内側に腕を入れて切り替えるようにフォームを変更しないといけない。
かなり間抜けな恰好になります。

Favarite登録した音色の番号をシーケンシャルに移動する(1⇔2⇔3⇔…)機能だけでも
左手の手元につけてくれれば違うのになあ。
モジュレーションバー引きながらオクターブシフトボタンとかそう言うノリでもいいから。
…想像してみたら凄く押しづらかった。



この楽器で
「左手で音色を変える」のと
「両手でキーを押して演奏する」ときの恰好は
かなり間抜けです。
片手での早弾きが出来るようにならないと恰好がつかないなあ。
あとはエアでもいいから無駄に動くとか。
まだまだ先の話ですね。
現状私は下向いたまま棒立ちでしか演奏できないので
どうあっても間抜けです。

今迄の本番練習では
だいたい7割くらいは鍵盤見なくても弾くこと自体は出来る位にはなってしまう
(それくらい暗記で無いと弾けないし、そうしても間違う)
んですが
まあ人の目があるわけでないのと、失敗のリスクがあるので結局見ています。
その1.5倍練習すれば見ないで弾けるようになって、
その3倍練習すれば歌いながら弾けるでしょうか。
…とても現実的なモノに思えないですね。20年後に期待。



あともう一つ試してみたのがワイヤレス。
元々電池駆動するので今回は電池で出撃してみたのと
まあ普通のワイヤレスキットってFMトランスミッタ使うんですけど
手元にオーディオ用のbluetooth受信機
(携帯電話用に使おうと思って購入したけど肥やしになっている)があったので
bluetoothトランスミッタによる無線構成でワイヤレスを実現できないかと
だめもとで発信機側も買ってみたんですが

やっぱダメですね!
すごいよ!0.3秒くらい遅延する!
キーを押したら衛星放送!

実際に買ったのは発信機のみでしたが
受信機の値段も考慮すると、
あと一息で普通の楽器用トランスミッタ/レシーバが買える辺り
非常に馬鹿らしい結果に終わりました。
まあ自分用人柱って感じですかね。

遅延があると言うことは知っていたのですが、
実際に楽器にさして使ってみたと言う記事は殆ど見当たらないので
自分で確かめるしかなかったんだよ…。

折角あんな楽器なので
いずれ楽器用のワイヤレスキットは欲しいですね。
本当の意味でケーブルレスになれるので憧れます。
まあモニタが無いので結局PAブッ刺しですけど。



未だによくわからないんだけどキーボードって
ギターアンプにさしてもいいのかしら。

ギターのスギさんは
アンプについてるよくわからないつまみをチョコチョコいじってるんですが
(ディストーションやらオーバードライブやら言ってましたが)
調べてみたところ
確かにアンプやモニタ側でかなりエフェクトかけるものなのですね。

あと音域の問題でギターの音域とキーボードの音域が違うのと
キーボードはエフェクト自前でかける(らしい私はまだ出来ない)ので
基本的には
・ギター用/エフェクトかけれる。音域もギターに絞ってある
・キーボード用/基本的に入力された音をそのまま出す。広い音域に対応
という違いがあるらしい。へー。

つっても
現状ギターの補佐音が多いから
ギターアンプにブッさしてもいいんじゃないカナなんて思ってます。
いちいちPAで全体出力に混ざると
他の楽器がモニタからしか出てないのと比べて
やたらと主張が強くて扱いにくい…。

逆にエフェクタとか音作りが出力手前でしっかり用意できているなら
(詳しいことはわからんけど)
ギターもキーボードアンプで鳴らしたほうが
自分の意図した音が出るとか
そう言うことにはならないんだろうか。

音楽って難しいな…。




やっと練習内容のレポート。
実際の演奏の練習の前に
楽器の練習として
考えないといけないことが多くて大変です。

今回の課題曲はSyncArt'Sの「深炎の秋方」です。
私はいつもどおりキーボード。
ギターの補佐とピアノをやってます。

キーボードは基本的に補佐音ばかりになるので
一曲につき大体一度くらい「変なパート」の演奏を求められます。

「水面下ラプソディ」でも一瞬だけ入る変な高い音あったし
今後もこの傾向は残るでしょう。
むしろこういうところ入り込んでいくのがキーボードかなとか思ってます。



今回の変化球はピアノ音でした。

どうも2ラインなっているようで
高音が目だって低音が目立たない。
でも主旋律のリズムに合っているのが低音で
目立つ高音は裏打ち
っていう気持ちの悪いピアノパートがありました。


主旋律:■ ■ ■ ■…
------------------------
低音部:■ ■ ■ ■…ベロシティ弱め
高音部: □ □ □ …ベロシティ強め


打ち込み系の曲だからかそれともキーボードが2系統想定されているのか。
(そもそこの曲はギター3本を想定しているらしい…)
両手で引くにしてもかなり音域被っているので確実にキーボード二段構成。


主旋律:■ ■ ■ ■…
------------------------
自分の:■□■□■□■…ベロシティ全部強め


で弾くしかないわけです。
音の目立つ高音の方だけ弾くと裏打ちのみなのですげームズイ。
リズム感がこい!
しかも裏打ちで目立つ音が出るので他の人も混乱するらしい。
リズムが一致してる低音の方だけ弾くと「そんなおとあったっけ?」状態。

ので全部混ぜてなんか半ばオリジナルなパートになっちゃってます。
それはそれで指運び早くて大変ですが
まあ練習したら出来るようになったのでこれでいいカナとか何とか…。
未だに迷いがありますが。

ころころ指を運んで弾くのは楽しいですね。
サポート音ばかりなので
基本的に音を「押さえる」って感じなんですけど
たまにはやめのパートとか回ってくると弾いていて楽しいです。
難しいんですけど。



ギターソロがハモってる。
まあ2本だからソロじゃないんでしょうけど。
だからギターさんに合わせて私もソロパートを
ハモり音で弾かなきゃいけないんですが

何を間違ったのかハモらない音を覚えてきてしまっていて

(やべー間違ってた……後ろの音ひいてるしかねー……)

ってなってました。乙。

まあ何音か下げて少し変化させるだけなので
少しの練習で何とかなると思いますが…。



音が薄い。

最大
ギター3本と
ベースが鳴っている曲を
ギター1
キーボード1(似非ギター)
ベース1
で鳴らしてることに加えて
何より
三人のパートが要所要所で丸被りできてしまったこともあり

全体として音の薄さが半端なかったです。

これは
被ってるところをなるだけ散らしていくことで軽減しよう。とりあえずAメロ。
ということになったんですが
私のクソ耳ではどう散らせばいいのか全然音が聞き取れません。
これはまずい…。

全くどこを弾けばいいのかわからないと言うか
原曲きいても「何であんなに騒々しく(ほめ言葉)出来てるんだろう」っておもうくらい。

今までってそんなにそんなに強く打ち合わせしなくても
丸被りってことはあんましなかったんですが
今回に限ってはベース音とギター音まで被ってしまっている始末。
確かに原曲も同じところを弾いているように聞こえるところが多い。



本番と言うか
合同練習は21日です。
もう日がないんですが、
「まだどこ弾けばいいのかわからない」状態にまさかのデグレ。
ぐぬぬ……。





それにしても
実際に顔を合わせて練習すると違いますね。。

各々自分で練習しておいて合わせは直前のリハ一回だけ、
なんて言葉をよく聞きますけど
改めてそれが凄いことだと感じています。

私のレベルだと
必死に覚えていったパートを流して弾いているだけなのでアレですが
他の方は顔を合わせて練習することの「密度」をやはり感じるようです。



私はその場その場のを覚えるのに必死なので
前にやった曲とか完全に忘れています。
まえのおさらいとかやったらぼろぼろ。
ダンスダンスレヴァリエのソロパートがぐだぐだしながら追っかけられたくらいで
後は練習しなおさないと完全に忘れています。
1曲トコロテンううう;;





いつかレパートリ増えてきたら
極々近しい知り合いだけ誘ってプチライブみたいなことしたいねえ
なんて話も出たり出なかったり。
忘年会とかそう言うイベントの出し物として。

スタジオには小さいハコとして機能しそうな設備を備えているものがあるらしく
そう言うところをやっすく借りてとか皆やってるんですかねー。

すごいなあすごいなあ。

まあ仮に何かやるようなことがあったら
マジでこのトコロテン状態を何とかしないと。
間違わないで弾くとかむりっすよぉ…。
カラオケでさえ間違うのに。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2291-fd1107cd