FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【携帯】ワープロとか電話とかOSとか

電子辞書はモバイルデバイス(PC/携帯含む)に
統合的に取って代わられて消える
という悲観的な話はそこそこよく聞きます。

実際私は勉強を微生物ほどもしなかった人間なので
電子辞書を欲しいと思うことはないです。
漢字辞書がたまに欲しくなるくらいでしょうか。

一番欲しいと思うシソーラスはいい辞書に出会ったことがないというか
紙の辞書で引くものではない(というか機能性の天井が低い)けど
電子でも使い勝手がいまひとつってことが多い。
そして出てくる結果も
別に頭で想像できるものばかりで
もっと奇抜な結果を出してくれるようにならないと
余り欲しいとは思わないかなあ。

極々稀に欲しくなるのは和英ですが
それも本当に稀。

やはり電子辞書は海外で実際に活動する機会が多い方か
現役学生さんへの訴求力が強いのかなと言う気がします。

それとも文章を書いているのに辞書なんか全く引かない私が変なのか…?
だから語彙が少ないのかと思ってみれば確かにそうかもしれない。
ぐぬぬ。


話がそれそうなので強制的に元に戻します。


これは極めて独善的と言うか
私自身の使用用途と欲求から来る希望なのですが

電子辞書のサイズで
辞書+ワープロなデバイスがあったら買う。

デジカメをトイデジした感じで
機能は抑え目でいい。
そのままミニチュア化したような感じで安く小さく。



【①パソコンとファイル連携できるテキスト形式を扱える】
.txtで十分。
別に.docとかでもいいけど、
ワープロ機側の負担が小さいほどいいと思うので。
縦書き対応であれば最高ですが。
無駄にTeXとか対応されると面白いけど需要はなさそう。
って言うかwindowsCEで動くエディタレベルであるとか
昔の白黒ワープロ専用機のソフトの移植とか(書院?文豪?)
そう言うレベルでいいです。
ただ、独自すぎるOSは辛いかもしれません。


【②幾つかの代表的な辞書を数個のみ搭載】
薬辞書とかそんなんいらないんだよね。
国語英和漢字がのってればいいし
最悪これは無くてもいい。
atok的な意味での辞書は搭載して欲しいけど。


【③USBマスストレージとして機能するかSDカードが刺さる】
パソコンとの連携くらいはさせて欲しい。
USBコネクタをつけるのと、SDカードスロットつけるのと
安価で楽なほうでいいです。
文字ファイルしか扱わないことを考えると、
記憶媒体が本体に対してリムーバブルであるメリットは余りないと思います。


【④乾電池で駆動する】
理想は単三アルカリ電池での駆動ですがちょっと辛いですかね。
まあ普通に内蔵充電電池でもいいです。


【⑤携帯電話もしくは電子辞書サイズ】
一番必要なのは小型化だなあ。
展開するタイプとか外付けのキーボードって
家電量販店には溢れてるけど
喫茶店には溢れていない。
そう言うことじゃないかなあ。

ポメラで基本的に機能面は満足なのだけど大きさだけがネック。
ハードウェア構成的には電子辞書のそれがよいとおもってます。
「携帯ゲーム機持ち」ができると言うのは、
モバイル機器には大きな要素だと思うのです。

ポメラが小型化するなら
無理に電子辞書ベースにして辞書機能を積み込む必要はないが
扱える最大ファイルサイズだけは拡張して欲しい。
8000文字って
メモと言うには大きいけど、
文書と言うには小さいですよね。


【⑥余計なものはいらない】
UMPCならぬ「UMワープロ」であればいい。
webブラウザもメーラもwi-fiもBluetoothも無線LANもいらない。
画像ビューワも音楽再生機能もPDFビューワもいらない。
電卓もタッチパネルもスケジューラもいらない。
そういう点で、機能面はやはりポメラが非常に望ましい。




妄想をつらつらと書き綴りましたが
誰が欲しいのかと言うと
私だけなので
発売可能性はワンチャンもありません。

ポメラのコンセプト(というかキングジムの専用機指向)は大好きなのですが
ポメラの大きさだけ、どうしても、使えない。
ワープロサイズのメモ機なんだよなあ。

結局この辺を満たすのって
ハードウェアQwerty付き携帯電話が一番近い線にあるんですよね、今。

独自OSを回避して
小型モバイルに傾倒となると
やっぱりAndroidoでの実装がいいんでしょうかね。

実際、
過去、電子辞書の幾つかはWindowsCEベースで作られていたようですが
WindowsCEはWindowsMobileとなりモバイルパソコンをターゲットにしたが、
それが今はWindowsPhoneとなって携帯電話をターゲットに切り替えた以上、
こういった機器への搭載は(当面は)切り捨てたと見て間違いないと思います。
WindowsMobileClassicという路線は当初言及していたが既に途絶えたといわざるを得ない。

逆にAndroidは
電話以外の機器への搭載についても(現時点から)比較的意欲を見せているので
Androidワープロ専用機とか結構面白いんじゃないかと思うんですが。
アプデはパソコン連動必須となりますかね。
でもAndroidがスタンドアロン機を視野に入れてるともやはり思えないかなあ。

組み込みOSとしてのAndroidって、どう見られているのかなあ。
EmbeddedMasterとかいうのがあったような気がするけれど。



一般消費者が逆立ちしても自給できないのが
ハードウェアだなって
最近思います。

ソフトウェアはパソコンがあれば誰かが作ってしまうし
作ったものが簡単に配布されるけど
ハードはそうは行かない。
材料費もかかるし個人では大量生産も出来ない。

ワープロソフトを作ってしまう人はいっぱいいるけど
ワープロを作ってしまう人はいないんですよね。

ポメラ改造して
ミニキーボードくっつけた猛者とかいないのかな。




結局携帯電話なのだな。



今友人からAUのIS01(悪評高い「メガネケース」)を借りて
wi-fi接続のみで家で使って遊んでるんですけど
何でこれの後続機種が出ないのかなあ。
これ私はほんといい機種だと思うんだけどな
ハードウェア面では。

余りOSに独自な改変をいれず、
拡張性と運用性を優先して継続運用を可能にした機種が出てくれれば。




AUがスマートフォン市場での遅れを自覚して
昨今何とかしようとしているとか色々耳にしますが
こういう機種についてどう考えているのかなあ。
シェアを伸ばすにはこんなニッチな機種は考慮に入れないか
もしくはそう言うところまで汲み取るほどの意欲を見せるか。

IS11Tでの物理Qwerty搭載携帯の投入
WindowsPhone7機のいち早い投入
iPhone5発売の噂、
噂話レベルでついでに言うとIS01の後継機も秋冬であるかもしれないらしい
最近は個人的にAUから目が離せない感じですね。


docomoは腰が重いし
(といってもX01HTに先駆けてWM機を法人販売ではあるが扱っていた歴史はある)
ソフトバンクはスマフォに対しては過去の栄光だし
(iPhoneに拘泥しなければリーダ足りえたかもしれないのに)。



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2311-df531f2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。