FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】紅楼夢(2011)に行って合宿して来ました。当日編

共通前書きヘッダ。

東方紅楼夢に行ってきました。
私は東京在住ですが
イベント自体は大阪なので
遠征です。

大阪にお住まいじゃない人含めて
全員が遠征という形になるので

「合宿しようZE☆」
って事になったらしく
夜伽作家さまの合宿に混ぜて貰うことになりました。
合同誌に一回まぜてもらっただけなのに
これは役得。

参加者は途中参加を含めて
・稜乃さん
・鎌鼬さん
・大崎屋平蔵さん
・鮭缶さん
・詩所さん
・卯月由羽さん
・望月七星さん
・桜館さん
・ワニバナナさん
・謎のザコさん
・凪羅さん
・つかいさん
・とるこさん
・みこう悠長
とそうそうたるメンツ。


このエントリは、そのレポートの一部です。
出発編
宿編
当日編
に別れていますので、
読みたいという奇特な方があれば、
出発編からご覧下さい。
------------------------------------------
イベント当日編。



「うーん」

目が覚める。

(お、重い……)

目が覚めたときには
布団が何重にも重ねられて私は埋まっていました。

私が寝ている間に何があったんだろう…。

「……今何時スか……?」
「9時」
「何時に出るンスか……」
「10時」
「おきる……」

シャワーを浴びて身だしなみを整える。


10時までに準備を完了して、
一般参加組の
・鮭缶さん
・詩所さん
・私
はチェックアウト。

というか殆どはイベント参加なのに
一般参加でこんな遠征しているのは物好きすぎなあ。
3名だけ、一般参加です。



えっちらおっちら
会場に向かいます。
既に並んでいるわけでもないのでするりと入って。
宿でご一緒した人のブースを回って乞食行為をした後、

一般参加組は一旦散開。
時間を決めて再度落ち合うことに。


一人だけ会場で会う約束をしていた
ばいすさん
と会ってハグ。

そのあとリグル島を回る。
片っ端から買って
抱えきれないような状態で
アンバランスなまま書くサークルを回ります。

各ブースの人に
「大丈夫ですか」的な目で見られながら回る。

(あ、○○さんだぁ)
と各ブースで物を買う度に一人でにやにやしていたら
二人だけ気付いてくれました。
気付いてくれる人がいてよかった。

まさかリグル島を回るだけで
トートバックいっぱいになると思わなかった。

待ち合わせ場所に戻って
「大体用事終わったし、会場出て飯でも食いますか」


一旦退出。
会場施設内の食堂的な場所でご飯を食べて休憩。
何気に疲れたねーとか話ながら
東方も何も関係ないような話をしながらまったりします。

「酒強いんですか?」
「いえ、別に強くは」
「いやいやいや、一番飲んでたでしょ」
「え?そうでしたっけ?」
「おまけに寝てるんだか寝てないんだかわかんない状態で」

確かに言われてみれば梅酒沢山飲んだ後に
日本酒1本くらい飲んだことになりますが……。




紅楼夢自体の開催時間は15時まで。
14時過ぎなので、
14時半になったら各ブースに行って
片付けの手伝いでもしようと言うことに。


鮭缶さんは稜乃さんのところへ
詩所さんと私は望月七星&桜舘さんのところへお手伝いに。

委託販売用の分も含んでいるのでかなりの量が段ボールにあります。
総計で段ボール二つとキャリーカート一つを
運送業者受付場所へ持って行く。

(これ女の子二人でどうやるつもりだったんだ……?)

あまり考えるでもなく取りあえず詩所さんと私で手伝う。


っていうか詩所さん至る所で男前なんですけど惚れそう。




詩所さんから「鮭缶さんは地元なのでもう帰りました」とのこと。
取りあえず配送業者への依頼も終わって。

「各自解散ってことで」
「はいー」
「オレ稜乃さん達んトコ行くんで」
「はいー。」

ぽつねんと置いて行かれた私。
七星さんと桜舘さん。

「えーと、飯でも食いに行きますか」

残ったメンツは
・私:東京
・望月七星さん:熊本
・桜舘さん:山梨
大阪が分からなさすぎる。

「……取りあえず荷物のある新大阪に行きますか」

前途多難。

新大阪で。
「荷物回収はご飯食べてからでいいですかね」
「何食べよう」
「……」
「……」
「……」
「串揚げ」
「それだ」

安直です。

何処で食えるかわからん。

完全にイメージだけで
「ガード下の小汚いところでごちゃごちゃした店で食えるに違いない」
↑マジで大阪の人に失礼

タクシー乗り場に行って
「オススメの串揚げやさんに」
「串カツのことですよね?」

「じゃあ新世界やな」
「じゃあそこで」(何処なのか分かっていない)

近場だと思っていたのにタクシーで30分くらい。

(っかしーな)

新大阪駅付近のガード下ってつもりだったんだけど妙な流れに。
でもまあ、タクシー運転手のおじさんがすごくいい感じだったので
話に乗ることにしました。



「あれ」

そこには通天閣が。

(この時間から観光地に入ることになるなんて……)

「しばらく歩いてみて。雰囲気とか是非味わってもらって」

観光に来た一団だと思われている。
まさかあんなイベントの帰りだとは説明できそうにもないので
黙っておく。

新世界ってお店だと思ってました済みません。
商店街の名前なんですね。
札幌も札幌市しか知らず
東京も自宅付近と新宿しか知らないような引きこもりなので……。

「何処に入れば……」

串カツという看板は至る所に出ていて
何がいいんだか悪いんだか分からない。

「どうしよう」
「……わかんないから決めの問題ですね」

決めの問題、とか
思わず仕事中に良く出る言葉が口を突くくらいには
テンパって居る。

「もうここでイイか」

てきとうにはいる。
適当に頼む。


そこで桜舘さん。
「ワニバナナさんがくるとかゆってる」
「はっ?」

本当に来た。
というかこの方大阪だから普通にこれるのか。



「女子会ー」
「ちょっと待て!私は男だ!」



2時間ほどぐだぐだとだべって退店。

「駅どっちだっけ」
「ワニバナナさんお願いします!」

てくてく歩く。

「こっちじゃなかった」
「オウフ」

軽く散歩。
目に入る光景が同じ日本だけど違う文化圏みたいで
楽しかった。


で、新大阪に向かいます。
新大阪でワニバナナさんと離別。
荷物を回収して桜舘さんを新幹線の改札まで見送って離別。

望月七星さんは翌日の京都観光のために京都に向かうと言うことで
私のバス発車の22:30ほどまで適当に時間を潰すことになりました。

もう行く場所もないんでマクドナルドで適当に席を確保して喋っていると
向かい側に東方の袋を抱えた人が2,3人いて

「あれ、絶対同じバス待ちなきがする」



そこから1時間半ほどあーだこーだ喋るのだけど
私の手荷物が普段通りではないので
落書き帳とかそう言うのが直ぐに出せなくてちょっと残念。

望月七星さんのプロット帳的なモノを見せて貰ったらすごかった。
イイ作品かく人はちゃんと考えて作ってるんだなあ。

本当は少人数でモノを作ることについてとか色々話したいし
話聞きたいし、ってところはあるんですよね。
私も一応は作品を投稿している(た)身ですし

合宿とか飲み会とかなると
そう言うのを敢えて避ける傾向にあるので
(それを好かない人を内部に持つ可能性があるのでリスク回避としては当然)
やっとそう言う話が出来るなあと思ったところで
残り時間1時間とかです。
少し残念。



以前
Dr,ハチさん
銀蔵さん
SYSTEMAさん
ワニバナナさんと
飲んだ飲み会で
少しそう言う話になったとき楽しかったなあ。

まあそう言う場になると
私は自分のことばかり話し過ぎちゃうから
よくない気もしますが。



で、時間になったのでバスに乗ります。
14人いた人と徐々に別れてって、
最後の一人とお別れです。

たった3日の旅行、2日のイベントでしたが
久々に内容の濃い体験ができてよかったです。

これで私もイベント出店側なら申し分なかったんですが、
私は何時までも本を出せませんね。

何となく、踏ん切りが付かない。


ニッチな業界なのは間違いないし
自分の作品が
その上でもニッチだって、分かってるしね。
その理解が、臆病につながっているのは何とかしないと行けないのだけれど。
どうにもね。


今回200だか300だか印刷して、委託販売もなさる方に
「セカイノハテを読まなかったら私は夜伽にいなかった」と仰られると
嬉しくもありながら、
同時に自分の小ささも痛感するところです。

どちらかといえば人間的な小ささ。

まあ肥料でも、いいかなあ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2322-e8e4ba7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。