FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】仕事が

最近残業続きでうっへりです。

ストレスも酷いし食生活も酷いし
帰宅後直ぐに寝たりしたら精神衛生上悪いので少し遊んでから寝るモノだから
睡眠時間も減って寝不足だし。

帰って寝る


精神衛生上、最悪です。

耐えられません。


ってなわけで
こう
手っ取り早くストレス発散はというと
おうたのれんしゅう。

練習っつってもこういうときは巧く歌おうと思えない。
ただ声を出したいだけ。
そんなモンです。

ストレス溜まったときにスイッチが入って
向上心を持たずに遊べるから
カラオケはまだ続いてる感じですかね。
まあこういうときでなければ巧く歌いたいと願い
願いつつ全く上達しないんで
それはそれでストレスなんですけれど。


モ殺の祈りの手を適当に歌ってみたり。
「【モノクロ殺人現場写真】祈りの手」を練習もせずに勢いで歌ってみた by you.mikou

残業滅んで。マジで。

この記事へのコメント

Re: 【日記】仕事が

うむー。あまり、残業が続いて、今日のような精神状態だとすると、ちょっとヤバイですよ。
ストレスフルで、メンタル壊す、のはわたしたちのよくあることですし。ストレスフルで、自身の存在に疑問を持っちゃう、というのは、まさに私がたどった道ですから、うまくコントロールしないと、こっちに堕ちます。
できれば。メンタル系のドクターに行くことをお勧めします。メンタル壊すと、10年経っても、生還できないことがあります。(私なんて、うつ病が治らずに、躁鬱病に進化しちゃったもんね。もう一生治らない。)

Re: Re: 【日記】仕事が

昔一回行ったんですけれど、結局根本にあるのは
職場の環境でも、納期でも、仕事の人間関係でも、業務内容でもなく
http://monostation.blog112.fc2.com/blog-entry-2349.html
で書いたような矛盾に振り回されて自分を強く持てていないことが原因だと思うに
幾ら医者でも治せまいなと思うんですよね。

バカに付ける薬はない的なw

それは当たっています

精神科や神経科の出来る領域は、脳に対する中枢神経作用薬で、「精神の活動を抑える」ことぐらいしかできない。緊急対処的にはそれでいいんですが(ほっとくと自殺するので)、根本的解決にはなりません。
カウンセリング・グループワークの領域で、認知行動療法があります。1日の自分の行動を振り返って、あるシチュエーションでとった行動・その理由・なぜそう感じた/考えたか・結果はどうだったのか・他にとりうる行動はなかったのか・その場合どういう結果になったと予想されるか、を検討していく作業です。(私も実際にうけたことはないので、誤っている可能性があります。)
これにより、自分の行動を、自分にとってプラスである、と考えられるように、自己肯定できる自分に軌道修正していくという療法です。今は保険適用なので、安く実施することが出来ますが、実施しているクリニックが少ないことが難点です。(療法の時間はかなりかかるのに、診療点数が少なく、クリニックとしての儲けにならないからです。5分診療でお薬どばどば出してた方が、クリニックとしては儲けが多い。)
くりにゃー自身も、既存の精神科の領域を超えちゃった、という感触が自分にありますので(どうも、発達障害が根底にあるみたいです)、カウンセリングや人生相談レベルが必要なのかなー、と思っています。ただ、ここらへんになってくると、「胡散臭い」組織や、下手すると「新興宗教」の世界が出てくるので、選ぶのがとほうもなく難しい状態です。まっとうなところは平日しかやってないので、通えないし……。
困った状態です。
(認知行動療法は、続けることに意味があるので、カウンセリングは何回も何回も通わなければ行けません。時間かがかかるのと、平日夜間にやっているとこが札幌にはない、という点で、めちゃくちゃ困りにゃんこです。)

Re: 【日記】仕事が

やはり状態と既存の症例を比較すると発達障害的なモノが気になりますよね…。
治すモノなのか、変えるモノなのか、よくわからない(実質的にどっちでもいい)のですが、
本当、このままだと新興宗教に走りそうで怖いです。

私の中で根深く問題なのは、自分にとってプラスであったとしても、他人との比較が必ず出てくるところです。
自分にプラスになっているだろうことは日常でも少なからずありますが、それを蓄積したところで他人には追いつけない、というある種の脅迫感があります。
まずいんですよね、これ…。

高みを目指すのは崇高なのだけれど

やはり、みこうさんは「求めるクォリティ」が何か、とてつもない高みにあるように感じます。
自分自身に納得しない。
他人(下手するとプロ)と比べて、自分を常に「低く」見る傾向があるのだと思います。
それはねー。
クリエイターとしては避けて通れない道なのでしょうけれど。
辛いよ?苦しいよ?
くりにゃーも、完璧主義・減点主義で生きてきたので、「仕事をしても誉められない・トラブルしたら減点される・常に0点が達成位置で何かあると必ずマイナス点が付く」という仕事をやったら、一発で精神が壊れました。(サーバ運用、という仕事です。あれはサービス提供されている状態を維持する仕事なので、「動いていて当たり前」運転が継続していても誰も誉めません。何かトラブって、サービス異常になると減点される。)
相対評価でなく、絶対評価できる「ものさし」があればいいのですが。拍手の数とか、マイビクの数とか、同人誌の売れ行きとか。
他人は、もちろんプロは、とんでもない高みにいるかも知れません。それはそうで、だからこそプロなんです。それを目指すというなら、この道に耐えるしかないです。(作家さん・アーティストさんがドラッグに走るのは、その重圧に耐えきれないからだ、と思っています。プロにとっても、精神に対するストレスがハンパない状況なのでしょう。)
そうでなければ、(悪い言い方かも知れないけれど)「妥協すること」を覚えないと、ほんとに壊れるのではないか、と心配します。(というか、すでに壊れているのだと思う。)
あまりいい意見にならず、申し訳ありません。
生きるのはしんどいですね。

(最近、私は、精神が壊れまくって、「世界はすべて誰か(かなり高位存在)のシナリオで動いている」と感じ始めています。自分の行動が、シナリオを演じているような錯覚を覚えます。デジャヴュのかなり強力な感じ。だんだんと慣れてきて、「今やっている行動は神の意志なのだろう。ならば受け入れるしかないな」という、もう、人生諦めモードに突入しました。自己存在が否定されて、ついに自我・自己を失って、「神様のロボット」として動いているわけですね。レゾンデートル自体、意味を失いました。でも、なぜか生きている。意味があるのかどうかわかんないけど。)

Re: 高みを目指すのは崇高なのだけれど

現状でもうクスリが欲しいですw
とまあ冗談は置いておいて。

実際自分が何かを名乗る(何かの立場を取る)と、
その時点で減点法になる気がしています。

絵師なんだからこれくらいは描けて当然
文士なんだからこれくらいは書けて当然
その発想も他人なら抱いて当然
そんな気がしています。

現代、発信/受信の区別が無い情報社会において
「アマチュアにもスゴイのがいるなあ」
っていうのは良く聞くことで
それと
「アマチュアでも○○(そのメディアをつくる人の呼称_ex:絵描)ならこれくらい出来るでしょう」
は既に等価になっていると感じています。
実態がそうであるという意味ではなく、
「○○」という言葉を受け取る人の印象において、という意味です。

だから減点法が課されていると感じますし、
絵については決定的にその水準から立ち後れて挽回の余地が見いだせなくなった今に置いては
「私は絵師じゃない」
を言うようになりました。

絵を描くことについてはそれによって大分楽になりましたけれど逆に寂しさも残りますね。
しかしそれも仕方がないと感じています。
同時に文についてもいつそうなるのかと、恐怖してもいます。

これは確かに病気のような気もしますねw

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2344-2a1293ab