FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【もの】レザーカービングってものをやってみた。

レザークラフトという意味では件のブックカバーで遊んだことがあって
表紙をスタンプで済ませてしまったことが少しばかり心残りでして
何とか自分の手で革に細工をしたいなと思ってハンズのレザークラフトコーナーをうろちょろしていると
レザーカービングという言葉が目に飛び込んできました。

どうやら革に切れ目を入れたり刻印をしたりして図を書く工作のようです。
本をパラパラと見ると、植物の蔦みたいな図柄が通常らしく
刻印をする道具にも、種の形をそのまま打てるモノとか、葉脈のような筋を付けるモノとかがある。

でもどうせだからこれで革に絵が描けないかなあ。

なんて事で
取りあえず刻印をする道具(金属の棒の先に形が付いたもの)を数本買ってみます。

レザーカービングに使う槌みたいなのは普通のハンマーではないようだけど
取りあえずは家にある普通の金槌でいいや。

あとは
ブックカバーをつくったときに文字を刻印するための金型も
レザーカービングでも使えそう。

てな訳で
金属棒を数本買ってきました。
2本だけ。
1本500円にも満たない棒なので
まあ工作して遊ぶための初期投資としては安いモノです。

あとは、練習するための革の端切れ、100円。
端切れなら安い。


なんだろ、
グラフィックソフトとかタブレットとか買うのに比べれば
1/10位の投資で、もっと面白いモノが作れるんじゃないかなあ。
絵+工作は今のところフロンティアのように見えます。


で、やってみました。


なんて言うか、必要な道具が足りていないような印象。
流石に2本じゃ足りないのか?
っていうかさっぱり難しい。



後日更に4本をかいたして再び。
道具の使い方とかを覚えることの方が優先なので
図柄は基本的に固定というか、ソラでかけるモノ。
本当は下書きを革に写すための手順もあるんですけど
ソラで描ける図なので、それは取りあえず今回は不要ってことで。


むずかしい…。なんかまともにならない。
なんかまだ表現力が足らないというか
まあ表現力については練習次第かな。

革の性質もいろいろで
二回目の革はちょっと加工しづらい。

これはウッドバーニングしたときに焦げにくい木の種類があるとか
そういうのと似ている。
練習するウチに素材の特性とかも覚えないとダメかな。

あとは教本のようなモノも1冊買ってきたので、
それを見つつ練習しようと思います。

この記事へのコメント

すごいにゃー

革細工というと、専門業のイメージがあります。
ドメルサドルだっけ。北海道にも鞍屋さんが革細工して売ってますが、とても高級品です。
(違った。ソメスサドルだった。ドメルはバラン星の指揮官ね from ヤマト。ソメスさんはこちら
http://www.somes.co.jp/about/concept/index.html )
私の大好きなわちふぃーるど(猫グッズのトップブランドです)の池田さんも革細工が本業で、その製品は私も少し持っているけど、とても高い物でした。(ダヤン猫の刻印がされてるの。)
そういうのはハンドメイドの世界だからなのかなー。工業製品とはちょっと違う気がします。(スタンプでぽんぽん大量生産できる物なんだろうか?)
みこうさんてただの変態ではないですね。クリエイターとして、もしかしたら、ハンドメイド高級品を作って、それで生計が立てられる可能性を持っているのですね。うむむー。修業は必要なんでしょうけど、リグルは立派にゴキブリだし。2作目でずいぶん世界が変わりますね。
何か、可能性があるって、素晴らしいですね。

Re: すごいにゃー

ソメスサドルは聞いたことありますねー。有名です。
わちふぃーるども見かけますねえ。
そうかあ、ああいう感じのモノを少し参考にしたらいいアイディアが貰えるかも知れませんね。
その前にカービングそのものを巧くできるようにならないと行けないんですが・・・。
まあ高級品を作れるように、とは思いませんけれど、人がやっていないので、
適当に楽しく趣味にしているだけでも安心できる位置に入れそうな気がしています。
ちょっと力を入れずにがんばりたいなーとおもってます。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2350-b2fea6ac