FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【所感】表現ってなんだ

コメントで「表現すること」という言葉を頂いたので、
いい機会だから少し考えておこうかなと思うのです。

いえ、何が、と申しますと、
私のやってることが「表現」なのかということですね。

まあ一般的な意味では勿論「表現」であることに間違いはないですし、
その一般的な意味で私に向けられているであろうこともわかるのですけれど。

昔、学生時代に「なんで絵なんて描いてるのか」なんてことを
まあ、親ですけど、話す機会があって。
もう、ぶっちゃけその話題が出た時点で負け確定って言うか
かみ合わないしこっちの意見は通らないのがわかってるので
始まった瞬間DiveInBlueだったんですけれど。

別に仕事にするつもりもないし
沢山の人に受け入れられるように書くつもりもないし
それをビジネスにつなげようとも思ってない
好きに書きたいだけ
作りはするけど、人に伝わって欲しいとは思ってない

っていったら

売れない絵なんて表現ではない
売れて初めて表現であって
その努力をしないのはただの甘え。子供。おままごと。

と一蹴されたことがありました。

かみ合わない理由は
出力=表現というスタンスである私と
影響=表現というスタンスである親と
その違いであって
確かに、親の言うことも正しいのはわかる。

だから質が悪いというか、
間違っていないからこっちも押し切れないというか
感覚の違いというのを
違いとして留置してくれない人なので
右から左へ流すしかなかった。

結局その場は流して終わったんですけど
そうしてやりとりするときに
「表現とは何なのだろう」
「私がやってることは何なんだろう」
という疑問は浮き彫りになったのは確かで

振り返ってみると
私は絵を描くときに
「書きたいから書いているだけで、伝えたいことがあるから書いているわけではない」
んですよね。

そうして考えてみると
「発端や動機は何であれ、出力を伴えば」表現として扱うのか、
それとも
「何らかの意思を持っただけ出力を」表現として扱うのか
もしくは
「その出力が導き出した何らかの外的な影響を以て」表現とするのか
三種類が見えてくるわけです。

私はそのころ文章を書いていなかったので
伝えたいことなどまだ無かった。
ただ、巧く絵を描きたくて、
自分が見て「このキャラ可愛い、これを作りたい」って思っただけで書いていた。
そういう出力物を「表現」といってしまうのは
確かに違うような気がしていて、
だから何も言い返せなかった。

今、まともに絵を描けないのは、
こうした「芯の無さ」が「信念の無さ」につながっていて
力を失ったからなのかなあと、
死んでしまった「絵」というモノに対して思うこともしばしばあります。

死んでしまった、と思ってもたまに落書きをしたくなったりするのは
確かにそれは自分の中では「表現」というほど大それたモノではなくて
ジャンクフードのような
安っぽくて、死んだ後でも引きずり出せる程度のモノだったのだろうと思います。



時は流れて
今は、SSを書くようになりました。
SSについては、主張したい事ありきでつくっているので
あのころの絵よりは、メッセージを込めて書いているつもりです。

こっちをならば「表現」としてもいいかなあ、とは思うのですけれど
最後の難関「周りに与えた影響」を以て表現とするのであれば
それはまだ私の中では「表現たり得ない」のかなと思います。

まあこれは、スタンスより最終目標、みたいな性格を帯びているので
真面目に全てを考えるつもりもないのですけれど。

なれば、
表現とは、意志だ、という事に帰結せざるを得ない。

そういう風に考えてみると
わたしがあれやこれやとやっている趣味?の中には
「表現であるもの」と、「表現ではないモノ」が混じっているような気がします。

そういう「表現」であるのは、文章だけです。(メッセージがある)
実は「カラオケ」も「絵」も「演奏」も表現ではないように感ています。(メッセージがない)

そして、
私の文章を読んで「ああ、みこう悠長の取扱説明書だね」と言われることがあるくらい
つまりメッセージの伝達としては、一部の人には成功しているようで
逆に絵や歌では、そこに「私」という伝播はない。メッセージもない。読み取れる自分らしさもない。

「表現」とは、何なのだろうなあ。
やりたいことをやっていだけが、表現だとは、もはや言えないのだろうなあ。

難しい。

この記事へのコメント

ふむ

自己の発露、が表現である、とくりにゃーは考えます。
なにか、プロダクツがあって、その中に「自己」というものがあれば、それは「表現」なのではないかと。(さっきから、このキーボード「費用減」と変換してくれる。コストかけちゃいけないのかい。)
なので、たぶん、私がこうやってコメント書いていることも「表現」だと判断します。(自分が書いてきたさまざまなコンピュータプログラムも、コードの中に「私」という意志が含まれているので、表現物だと思っています。)
Twitter でさえも表現であると考えます。世界に対する自分の発露、ですから。(ま、そういう意味では、くりにゃーは「表現」について、緩すぎですにゃ。)

それをどう受け取るのかは受取手の価値観に委ねられる。表現者は、世界に放つのみで、結果については無責任で良いのだと思います。
(だから、オウム真理党の街頭演説も「表現」だと考えるし、マハポーシャのDOS/V仮面のパフォーマンス・「ちょー・ちょー・ちょーやすい」の連呼も「表現」と考える。そこに「善悪」の判断はない。問題になっている児ポのコミックス問題についても、都知事の受け取りとマニアの受け取りのずれが生じているだけで、かたや「表現」ではないと切り捨てて規制するし、かたや「表現」として珍重する。切り捨てた当の本人が、エロを「小説」として発表しているから、「コミックス・アニメ」を対象として「小説」を対象としなかったから、ラノベ系が許されているのは、まさに恣意的なものでしょ?)

みこうさんのアウトプットには、みこうさんが宿っている、と感じます。特に絵なんて、みこうさんそのものだし。音楽は、うーん、わかんない。もう少し練習が必要だと思うけど、それはそれで表現なんじゃないのかな。下手/上手いで「表現であるかないか」を分けるべきではないと思うし。それ言うと、相撲力士の歌大会をテレビで「表現」することは、矛盾行為になっちゃうし。
アウトプットすること、そのものが表現であると考えます。

Re: 【所感】表現ってなんだ

言いたいことだいたいくりにゃーさんに言われちゃってるなぁ。
まあ補足的にいくつか言ってみますか。

まずくりにゃーさんの言う表現、自己の発露としての表現は、主観としての表現の定義ですね。
それと比較して、みこうさんの親御さんの言う表現は、客観としての表現の定義です。
「他の人から見て」「社会的に見て」定義する表現のことですね。まあ客観と言いつつ、「どの程度から表現と言えるのか」の判断基準は曖昧ですが。
どちらが正解というものではないと思います。

二つ目の補足、表現に込めるメッセージについて。
まあ、メッセージ性を込めた表現が大事という論に異論は無いわけですが。
だがしかし。
たとえば「リグルちゃんかわいいよ」と思いながら描いた絵が、メッセージ性皆無と果たして言えるのでしょうか。
そこには「リグルちゃんかわいいよ」というメッセージが込められているのではないでしょうか(くりにゃーさんの言うように、自己の発露と言ってもいい)。
「このキャラ可愛い、これを作りたい」と思う、その気持ちは充分、「芯」になりうるものだと思います。

もう一つ、これは完全に私個人の話ですが。
「創作」においては、主観も客観も、絶対に必要というわけではない。
ただ、「作品」という結果があればいい、
突き詰めれば、創作は作品のためだけにあるものだ、と考えています。
まあ、その作品や創作行為に誰がどんな感情を付加するかなんてのは、人それぞれですけどね。

Re: ふむ

私の旧来の「表現」については、仰るとおり感じており、同意です。

それと同時に
「一切認識されないモノは存在していないのは同じだ」
という、簡単に言うと「いしころぼうし」みたいな状態について、
つまり、誰にも影響を及ぼさない出力については
「表現」として存在していないのと同じだろう、という見方は払拭できないでいます。

それがある意味で商業主義につながりうる見方であるのもわかっていますし、
だからこそ、商業主義を端から否定できないでいる理由でもあります。

商業主義の「大多数に遡及することこそ価値」というスタンスは
創作における知名度・地位、ある意味でそれが勝利だと言える場所への道として
確かにもっともわかりやすく、その源泉故に大多数に認められる地位になりうるのだとも思うのです。

それは「表現」かも知れないけれど、「表現として機能しない」
という状態でしょうか。
その状態に陥って、私は「表現しています」と言えるのだろうか、という疑問ですね。

非常にやっかいです。
結局は、力が物を言うので。

Re: Re: 【所感】表現ってなんだ

仰るとおり、払拭できないで悩んでいる問題は、
主観的価値か、客観的価値か、の差に帰結します。
客観的価値が無ければ、意味がない、ということですね。

主観的価値を持ってモノをつくりつつ
客観的価値を否定できないのが私です。

従って、「作品があればいい」というスタンスでモノをつくる割りには
その作品がそこに転がっている意味を求めてしまう。

私が私だと思っている私がすでにあるのだから
そこに転がっているのが、「私でしかない」のであれば、
わざわざ苦労してそこに排泄しなくてもいい。

なんか、「人って何で生きてるの?」っていうのと同じになってきましたね。
考えたらまともに生きられなくなる気は、してきました。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2359-c7b15bd8