FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【ぽたあん】FiioE6を新調?

先日秋葉原に買い物に行ったのですが、
友人はタブレットのペン先を購入。

私はというと
「接点復活剤」が欲しかった。

この間
初めてのポータブルアンプとして購入した
FiioのE6ですが
ジャック部分が馬鹿になりかけているのか
ケーブルのズレで音が途切れるようになってしまいました。

Fiio6は廉価ポタアンで樹脂製のボディの割りに
カッターの刃などを接合部分に差し入れてもあく気配がなく
妙に堅牢なつくりになっている。
それはそれでいいのだけど、
こういうときに
「だめもとでいいから開腹したい」っていうのに応えてくれないのだよな。

inのミニジャックとoutのミニジャックが直列向き合って設置されており
この二つの孔が本体を貫通して向こうが見えるようになっている。
正直この構造には驚いたわけですが
光が通るので目を凝らして中の様子をうかがい知ることができるという
よくわからないメリットがあります。


で。
開腹できないから何とか目を凝らして中を見てみたんですが

結局わかりません。
右ホット

私の希望としては、ケーブル側のジャックが弱ったのだと思いたかった。
家にある別のケーブルを使ってみたところ、
接触不良による途切れは劇的に減った。

とりあえずリケーブルしてみようかな…。
ということで、
付属の接続用オス-オス極短ケーブルを止めて
オヤイデさんのちょっといいやつを付けてみます。
なので

もうね、ポタアン自体は4000円足らず、
プレイヤーも10000円程度だって言うのに
このすっげー短いケーブルさん3000円弱とか
オーディオ界隈怖い。

「他に短くてオス-オスでL字L字のものは…」
「これしかおいてないです」
(マジでか……そんなハイエンドでまとめるような再生環境じゃないのに)

ケーブルのつくりはしっかりしてる。
これは対応機器があれば遣いまわして長く付き合えるケーブルかもしれないな。
とは思ったものの
この長さでオス-オスとかポタアン以外何に使うのという感じ。

で。

結局接触不良は直らず。

原因がポタアンのinよりもデバイス側にありそうだというところまでは
たどり着いたんですが、
実際どの接点がヘタっているのかわかりません。

買ってきた接点復活王を
ポタアンのin側ジャックに吹きかけてみます。



直りません!



こりゃダメだなー。

買ってきてそんなに日がたたないうちに使えなくなってしまいました。
やっぱり廉価モデルだからだめになりやすいのかなー。

かといって、
E6が「安物買いの銭失い」とは思っていないんです。
とにかく大きいものを持ち歩く気にならないので
E6が今のところベストチョイスだと思ってます。


で、接点復活王で復活しなかったので
仕方なくE6を新しく買い足そうと、
後日お店へ。

せっかくだから色々見ておこうと思って
ポタアンのコーナーを見て回る。
どれもこれもでかすぎだ。

何が悲しくて
常時フロッピーディスクドライブ大のデバイスを
持って歩かないといけないのか。

そうか!
フロッピーで曲を聴いていると思えばいいのか!
いやだ!

で、E6の次にいいかなと思ったのは
iBassAUDIOのA-01ですが、これでも結局少し大きくなる。
大きさに目を瞑ったとしても、音の味付けが緩い。
私はアマチュアですので、
音の味付けもジャンクな方が好きです。
FiioE6の青LEDイコライザが気に入っています。
iBassA01は味付けが2種類あるけどあまり魅力的じゃなかった。
たぶん関西風の上品な味付けなんだろう。
そして大きい、音が好きじゃないにも関わらず値段が倍以上する。
ので選択肢に入ってくることはなかった。

とにかく小型のやつが欲しい。性能はそこそこでいい。



そいでも
E6がこうもあっさりと壊れてしまうと、
少し高いお金を出してもいいのを買うべきなのかとか思っちゃって
とりあえずデモ展示してあるA01に
自分のオーディオとイヤホンを指し直して
もう一度視聴してみます。

「やっぱあんまし値段に見合ってる気がしn……!?」

なんと。
展示品のアンプでも
今私が悩んでいるのと同じように
音が途切れるではないですか。


となるとこれは…
プレイヤー側のジャックが問題なのか…?
盲点だった。

なぜ盲点だったかというと、
イヤホンを直接プレイヤーにつないでいる間は
接触不良をまったく感じたことがなかったからだ。

だが、
まったく別のポタアンをオス-オスで接続したところ
接触う不良が起こる。
ちなみにオス-オスケーブルは
オヤイデさんの新品だからヘタってると言うことは考えにくい。



整理しなおす。

デバイスは二つ。

①【私の音楽プレイヤー】-ケーブル-【私のポタアン】-イヤホン
接触不良の音切れが発生する。

②【私の音楽プレイヤー】-イヤホン
接触不良しない。
→音楽プレイヤーとイヤホンに問題はない、と思っていた!

③【私の音楽プレイヤー】-ケーブル-【展示品のポタアン】-イヤホン
接触不良の音切れが発生する。

new!!
③接触不良が起こるコトは私の中では想定外。
・ケーブルは新品
・展示品のポタアンがそんなコンディションとはおもえない

何が、間違っているんだ…。

全然関係のない展示品の音楽プレイヤーで視聴してみたいとは感じたけれど
ちょっとそれは気が引ける。

というかこれが判明した以上、
とりうる行動の選択肢は二つ。
・音楽プレイヤーを新調するか
・その前に音楽プレイヤー側のメスジャックに接点復活王を使ってみる

当然まずは後者を試すわけですが
とりあえずせっかくお店にいるので
音楽プレイヤーの品揃えでも見てニヤニヤして帰りますか。

もし接触不良がプレイヤー側の問題で
接点復活剤を使用しても復帰しないようであれば
新しいものを買わなければならないので。

と、音楽プレイヤーコーナーに行くと
walkmanが特設コーナーしてたけど、
とりあえずwalkmanはパス。
常展で広範囲を占めているipodもパス。

その後ろで肩身が狭そうにしている
kenwoodやらcowonやらtrancsend、iriverを見て回る。
victorやらcreativeやらは何故かおいてなかった。

walkmanをパスした理由は特にない。
単にブランド料で価格が高そうに思ったから。
ちゃんと見もせずに。

transcendやっすいなー。
でもこんなんでいいきもするなー。
なんて、せっかくポタアン付けるんだから
せいぜいミドルレンジくらいは維持したい。
transcendにもミドルレンジ価格帯のがあった。
悪くなさそうだった。


で、
cowonの評判がいいので見てみたら

「で、でけえ…」

なんか動画を見る前提なのか
電子書籍再生媒体くらいのサイズある。
で、普通に小さいのは隅っこ。

あー、うーん。
つまり再生デバイスがでかければ
ポタアンが多少でかいのも気にならない?

何かそれは騙されている気がする。

携帯オーディオプレイヤーで動画や画像を見るつもりはないので
そんなでかいのは却下。

今もってるのがkenwoodの生産終了モデルなので
それの上位番なんかを一応見てみる。

デザインとして、
おもちゃっぽいのがすきなんだなあ。
MediaKEGの家電チックなのに硬派になりきれない
ビミョーな感じが好きだ。
いまどきタッチパネルじゃない感じが好きだ。
最近新モデルが出ていないようなのでちょっと残念。
最近数シリーズは新作ほど質が落ちてるらしく心配。

今持ってるやつの一つ後のモデルが
音がいいとのコトなので
もし手持ちのがだめになればそれにしようかな。



てなわけで
なんとなく新しいものを回避してしまう老人力をむき出しにして
MediaKeg_MG-G608を念頭(最新モデルではない…)に、帰宅。



とりあえずプレイヤーのメスジャックの方に
接点復活剤を吹き込む。

げっ、かけすぎた。

でろーん。。

何か危険な気がする。
とりあえず表面をふき取って滴るのを全部滴らせて
一日以上置いてからスイッチを入れることにします。

……

さて、今までと同じ構成でチャレンジ。

お。

あー。

うん?

びみょー…

接触不良は
「少なくなったもののたまに出る」
位にまで減少。
ポケットに入れて安定していれば途切れは気にならない。

まあ
これでいいか。

わざわざ出費をかさませる必要もないし。
(日記のエントリは前後してしまったが、
monotribeが欲しくて節約を気にしている)




そういえば
携帯音楽プレイヤーを持ち歩くようになったのは
携帯電話を今のF07-Cにしたからであって、
それはその一つ前の携帯電話が
Windowsmobile(≠Windowsphone)で
音楽再生アプリを使用できたから。
今のF07Cは携帯モードだとMTP転送をしなければならないので
面倒くさくて使い物にならず
音楽プレイヤーを別デバイスに切り出すことにしたわけですが
結果として、ポータブルアンプを使うことを考えれば
音楽プレイヤーの外出しは正解だったかもしれません。

というのは
私はSSを電車など外出時に携帯で書くので
携帯で文字を書きながら音楽を聴いていると
ポタアンが死ぬほど邪魔になることが請合い。

なるほどそういう点から考えて
音楽プレイヤーを電話と切り離すことができないiPhoneに
キーボードが付けられたとしても
便利どころか不便になってしまうかもしれないなあ。

もちろん携帯電話サイズのワープロが発売されれば
この限りはないですが…。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2442-f6d710a8