FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】博麗神社例大祭9感想

第九回博麗神社例大祭、お疲れ様でございました。
経緯と感想でも書こうかなと思います。


■謝辞

重ね重ねに成りますが、
東方project×日本酒合同誌
を頒布させていただきました。

おかげさまで、搬入分については完売いたしました。

委託・通販については
ComicZINさまで当日より委託・通販が開始されております。
とらのあなさまでは検討中となっておりますも委託・通販が開始されました。
メロンブックスさまでの扱いはございません。
他ショップでの扱いはございません。
DLサイト系での扱いは未定です。

そう大した数の委託は印刷しておりませんので、
お求めの方はお急ぎいただければと存じます。

また、AKIBAblogさまで取り上げていただきました

このたびの合同誌について、
参加者様、お求めいただいた方、twitterでRTしていただいた方など
方々の皆様のご協力あってのことと、大変感謝しております。
ありがとうございました。

vol.2を期待する声を沢山いただいておりますが
今のところ未定とだけさせていただきます。

第一に
フルカラー本は印刷コストが高いので経済的にツライ
(これ一番です…いかんともしがたい)
のと、
同人界に最近増えてきた日本酒関係の本との差別化として
・専門的になりすぎないこと
・本を製作するに当たって該当銘柄の試飲会を併設すること
ははずせないと考えていますので
その辺の練りこみとかも考えると
そんなに短いスパンでは実現できそうにありません…。

年単位で向こう側だとお考えいただいたほうが正しいと思います。




■日記

当日は、
私は会場周辺に宿を取っておりましたので
サークル入場開始の7:30に、
主催のふらんそわと、
当日コスプレをする予定でしたので
コスプレの衣装を提供してくれる森くまさん
と待ち合わせをしておりました。

7:30に合流して会場入り。
サークルブースまでたどり着いてから、私は更衣室へ。
当日は天子コスでした。
衣装の完成度に目をきらきらさせながら着替えてブースに戻ります。
20120527_01
20120527_01 posted by (C)みこう悠長

ブースに戻ると設営は既に終わっており、
参加者さまや、一部当企画の試飲会に参加していただいた方に、
主催と一緒にご挨拶に行きます。

(もう一名の編集協力者のからぁは開場に来ませんでした。
基本的に主催陣3名は出不精の変わり者の集団です)

まだ会場に着いてない、いつくる、もういる、あっちもまわる、など
何度も自ブースを基点に行ったりきたりしている間
森くまさんにお留守番をお願いしてありました。ありがとうございます。
まあ一般開場前に我々のような弱小サークルに挨拶に来る人などあるわけもなく
森くまさんは眠気と戦っておりました。

挨拶先では、
主催のふらんそわはともかく、いきなり女装した奴(私)がやってきたので
みなさんたいそう青い顔をなされていました。

とてもよい気味です。




そんなこんなで一般開場です。

私たちのサークルはいつも
売り子(基本的にいつも私)が席を立つ必要が出るのは午後からで
それでもほとんどの時間はいすに座って過ごしています。

今回も例に漏れず、
開場後は皆さん大手にまっしぐらのようで
座ってました。

どうも今回配置されたブースは
柱のある列が近かったからでしょうか
ブース内の後方奥行きがとても広くなっていまして
ブースに3人いるのもなんとなく許容できる感じになっていました。

ので結構まったりと時間を過ごしてました。

ちらほらと開場まもなくから「日本酒合同下さい」といらしていただく方もあって
「あー、さすがにtwitterでまわしてもらえただけあって、午前中も若干はお客さん来るねー」
って話していました。

右隣のサークルさんは列こそできていないものの飛ぶように売れており
(さすがに固定客層があるサークルさんは凄いなー)
なんて見てました。

当日
ふらんそわはいつも服用している薬を忘れた状態で前日から東京入りしたこともあり
どうにも体調が優れない様子。
ブース協力者の森くまさんも、私のコスをぎりぎりまで調整していてくれたせいか
眠気にグロッキー。
また、
私もふらんそわもあまり買い物に行く方ではないので
サークルブースの中から見える向かいの通路しか状況がわかっておりませんで
一般参加者の入場にどれくらいの時間がかかったのかとか全然知りません。

一人、一人、とぽろぽろ五月雨式に日本酒合同をお求めの方がいらっしゃって
混み合うことはなかったですが
接客自体は比較的日ませずにやっている状態。
売り子のやりがいがあるって感じで楽しかったです。
「ありがとうございます」っていうの、ちょっと快感でした。

ちらほらと知り合いの方なんかもいらっしゃって
そのときにあんまりおしゃべりの相手とかできなかったのは心残りです。

こうやってみると
同人イベントって
作り手と読み手の交流の場にはならないんだなって思いました。

立ち読み可能なのって
ブースの横幅的には二人くらいなので
既に一人立ってる横に「どうぞー」って促したりなんて
いつものイベント参加じゃやったことない。

二人立ち読みしてて
その後ろに一人くらいが待ってる間とか凄く申し訳なかったです。

並んで待ってる人の様子を見て、
その人が立ち読みじゃなくて決め買いで待ってるような雰囲気のときは
手挙げて「こちらでお伺いしますー」とか
同人始めてから初めて言ったというか、
言うことなんて想像したことさえなかった。

たまに大波が来て一人で売り子の手が回らなくって
「ごめん、ちょっと手伝って!」
って後ろに控えてるふらんそわに言って
2列で対応したのなんて、初めてじゃないだろうか。

今迄で一番神経使う、楽しい、売り子でした。
あー、日ごろから人気のあるサークルだと
売り子も楽しいんだろうなあって思いました。

当日いらしてくれた
蒼介さん、煌月さん、鯖みそさんはコスしていて
わー、みんなレベルたけーなー、って色々話したかったんですが
売り子忙しくてあまり話せませんでした。しくしく。


売り子の合間にtwitterみていると
「akibaブログで写真がついーとされてたよ」
との報告を受ける。
なんだかよくわからないけれど写真がついーとされていた。
comicZINにおいてあるものらしい。
「なんか凄い幸運に恵まれてる気がする」
なんていいあいつつ
委託可否の連絡ってきてたっけ?
ZIN?とら?メロンはだめだったよね?
など
微妙にきょどっている私。
まあ私がきょどっても仕方がない。



しばしあとで。
「日本酒合同これだ」
ジャケットを着た男性が、女性と一緒に現れた。
ちょっと他の一般の参加者と雰囲気が違う。
なんというか、紳士的というか。洗練されてる?落ち着いてる?

「今日の例大祭ではこれだけは入手しないとって思ってたんだ」
「ありがとうございますー」

twitterのRTが結構回っていてくれていたので
こうして決め買いにいらしてくれる方もあるので嬉しかったです。
が、なんとなく、これは、雰囲気が違う。
なんか、後から言うのでは説得力ないんですが、なんか、オーラ違う。

「私、君の美術館って音楽サークルで」……
「はい、ああ、君美、(え?)」
「これ、どうぞ」

とCDを一枚差し出される。
目の前に差し出されたCDジャケットを見て
しばらくそれが何なのか認識できず、
3拍子くらい置いてから認識できたところで青くなる私。

「え!?あ、ああ!?ありがとうございます!!」

その後は覚えてない。

ふらんそわ「今の知り合い?」
わたし「あ、あ、あ、君の美術館て、あ、あ、あ」
森くま「そのCDは?」
わたし「あ、あ、あ、君美の、CD」

一人で震え上がってる私。
(今の多分黒岩さんだよね…)

ふらんそわは東方VAを聞かないので知らなかったけど
森くまさんは結構聞くので言えばわかってくれた。
二人とも私がいきなり緊張し始めたので、後ろから怪訝に思っていたよう。
僥倖でした。


その後も順調に頒布は進み
なんていうのか、列が出来ると言うほどではないんですが
常にちょろちょろはけていく感じで
自ブース分は完売。

他のブースに委託している分をふらんそわに回収してもらいに行く。
2ブースにて委託設置させてもらっていたのですが
そちらもほうも大分捌けていました。

あとはまあなんだかんだで一般参加者さんも落ち着いて
購買意欲も落ち着いたかなというくらいでちょうどだいたいなくなる感じ。

私はその後の打ち上げで
親しい(と私が勝手に思い込んでる)人に差し上げるために
「10冊かってくね」ってことで10冊内部購入したわけですが
それを含んで14時過ぎくらいにほぼ完売となりました。

その後軽くコスプレスペースを見て回って
更衣室が超大手になる前に着替えて終了。


そんな感じの例大祭でした。
売り子をしていただけなので、出来事はほとんどありませんね。


とりあえず、お疲れ様でした。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2451-aa5e3181