FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】20120922_ライブごっこしてきた_準備編

前日・感想編。

■9/22のライブごっこ
【やった曲/歌ってくれた方(敬称略)】
東方妖々夢 / みこう、スギ
バトルフィールドアシンメトリック / 桜花
ダンスダンスレヴァリエ / 森くま
最速最高シャッターガール / 銀蔵
明星ロケット / 神さま
グリニッジジェットシティ / スギ
エモーショナルルール / 渓樹
ってゐ! / トラジローの飼い主
細い線 / 土竜
星空ロジック / マロ
八咫烏の憂鬱 / 煌月うーや
リグルリグルリグル / みこう→うたえてない



■ライブ「ごっこ」をしてきました。
去る2012/09/22に、ライブ「ごっこ」をしてきました。

私が北海道に帰るので、その前に遊んでおこうということで
「ライブくさいことやりたいね」
でもメンバー4人とも楽器担当でVoがいない。
せっかくなので誰かに歌ってもらいたい。
じゃあ知り合いをかりだして歌わせようか。
と言うこと。

あと、
スタジオのライブスペースと、
持ち込みカラオケのデータ、
映像音響設備を使って
ステージの上でカラオケと言う遊びをやりたかったので

ライブごっこ遊びと、
大げさなカラオケオフの2軸を持った遊びをしてきました。

カラオケは特に準備することなんて無いんで
私を含めた4名にとってはライブごっこ部分がメインイベントです。

「ごっこ」です。
正確な意味でライブではないですし、
それを謳えるほどのレベルではないことも、
「ごっこ」とする理由です。

まあ一番演奏レベル低いの明らかに私なんですけど。



カラオケ部分については当エントリに起こしません。




■「生きた心地がしなかった」
が第一の感想でした。

とにかく運が悪かった。
話自体は半年くらい前から、
実際にスケジューリングしたのは
3ヶ月くらい前からだったのだけど
容赦なく無茶振りを発生させる、日常のお仕事。
実行日の三日前に、
危うく休出を求められかねない空気になって、
やり場のない不安感と怒りを抱えていたのも、今となっては思い出。

現在進行形だった期間は、生きた心地のしない2ヶ月間でした。
終わってみれば、充実というか、濃厚と言うか、安っぽいながらもそんな感想。

しばらくblogを書いていなかったことの一つの要因として
仕事が忙しすぎて気力が失せていたと言うのがあります。
忙しい程度なら文句をblogにぶつけることも多々あるのですが、
それさえかなわない状況。
しかしながら、
その辛さを補っても余りある実りが、ありました。





■再認識
そもそも根性のない私が、
こうも長く続けられたのには自分でも驚いています。

かれこれ2年(いつの間にそんなに経っていたのか)も
同じメンバーでずっとやってきたわけですが、
途中で投げ出すこともせずせっせと練習しては
平均すると月にいっぺんに満たない合同練習に顔を出していました。

楽器をやって遊びたいと言う「思いつき」で
高価なおもちゃを買ってしまったわけですが、
実際に始めてみると「思いつき」ではなくて
今となっては「一念発起」だったのだなあと自覚のないそれに
自分で苦笑いするばかり。

前にエントリに書いていたmonotribeにしてもそうですし、
買った楽器を練習しているときも
2時間や3時間があっという間に過ぎていく。

面子に混ぜてもらっていた当初は
「いやー、買ったばっかりだし、
何やっても新鮮だから飽きずに練習できてますが、
この先どうなることやら」
なんていってたんですが
結局2年たってもそれは変わらず。

もともと音楽が好きだったのはあるのですが
「音楽、好きなんだなあ」と再認識しています。



■スケジュールの決定
ライブをしましょうと言うことが話しに上がり、
メンバーだけに公開されたmixiコミュニティに
トピックが出来上がった日付が、2011/10/25。

ベース担当のとろさんは、
今回実際に会場となったスタジオを探し当てて
実際に練習の会場に推挙したり
他の会場を品定めしたりと動いていたようですが
(さすが首謀者とろさん)
実際に話が進み始めたのは12年6月に入ってから。
トピックの流れを見直す限り、
9月にやろうと言うことで話はさくさくと進み、
6末には概ねの方針が決まり、
7頭には9/22に決定していたようです。



私の私生活としては
8月に入ってから仕事からの帰宅が日付変更後になることがほとんど、
8末~9頭には職場で徹夜で作業することも出てきました。
帰宅すると25時を過ぎており、
曲の練習、
もしくは期間が近づいた頃にはフライヤーの作成やコスチュームの作成を
帰宅後25時以降から行わなければならないと言う状態に。
平均して4時くらいに就寝して、7時前には起きる、ちう状態でした。

また、7月半ば頃には社員旅行の話が持ち上がり、それが9/22とか。
心苦しく重いながらも社員旅行を蹴り
(仮にスケジュール決定前に社員旅行が決定していれば、ずれたでしょうけど)
もう何が何でも完遂しなければならなくなりました。

冒頭で「生きた心地がしなかった」としたのは
緊張感と睡眠時間の面で、こういうことです。



■練習
最初「今んところ4人になってから練習した曲って5曲ですね」
ってところで、5曲くらいかなと言う流れで話が立ち上がったようですが
詳細が決まったレスでは突然16曲に増えていました。

もともと私がいない3人でやっていたところに
私が混ざってったものなので、
3人でやっていた頃の曲が結構あり、
それを含めたうえでどれをやるかということから話が始まって
曲をを決定したわけですが

実際に決定したセットリストの内
半分くらいは私にとっては新曲ちう憂き目に。

ですがまあ、
もともとの話が「私が帰るから」ということで
せっかく企画してもらったのだからきっちり憶えよう、と。

……思っていたところに仕事で忙殺です。

一応舐める程度には全曲やりましたが、
ミスを減らすほどには練習し切れませんでした。
口惜しい!



■会場
とろろろろさんが探してきたM.Studioというスタジオですが
永山というたいそう辺鄙(失礼)なところにあります。

音楽スタジオといえば、
池袋やら渋谷やらといった交通の便がよく若者の多い街にある印象ですが
このスタジオは駅は京王線と小田急しかなくJRはとまらない
しかも駅まで徒歩で5分くらいかかるという立地。

正直なんでこんなところでスタジオを開設しようと思ったのかと
オーナーを疑いたくなるところですが

これが結構繁盛している様子。
値段の割りに広いからでしょうか。
郊外住まいの人には逆に都合がいい立地なのかもしれません。

私の家からだと実は池袋に出るのと同じくらいの時間でいけるので
立地は気にならないです。
実際そう言う人も多いと言うことかもしれません。

機材のよしあしは私にはわかりません。

とにかく手作り感が凄い。
店内装飾とかは全部自分でやってる感じです。
エスニックと言うかエキゾチックと言うかサイケデリックと言うか。
そんな感じの店内装飾。

練習に言ったりすると、
使用していないライブスペースは
休憩用の空間として開放されていて
看板やら何やらの作りかけが置いてあることもありましたw

あと、半地下なので、電話によっては電波が入りません。

売店の品揃えも特殊で、
輸入食品店においてありそうな
輸入飲料や、タバコの品揃えはほとんどが海外タバコ。

ピックや弦やらドラムスティックなんかも売っているようで
楽器屋がないだろうこの付近にあっては
消耗品はこの店で一式準備できるようになっているようで
便利だろうと思われました。

本やCD、レコードについては
売り物として機能しているのか少々疑問がありましたが、
雰囲気作りには一役買っている様子。
スワヒリ語的な何かとよくわからない絵が描かれた本とか
怪しげです。



■準備
どうせやるんだから盛り込んでみたいこと全部盛り込んで遊ぼうぜ
っていうことになったので

・フライヤー作ろう
・ポスター貼ろう
・立て看板出そう
・痛楽器仕様にしよう
・仕込んででもアンコール貰おう
・コスプレしよう

ってことになった。
フライヤーとポスターの絵を同じにしたのは
死ぬほど忙しくなった結果から見れば幸いでした。
縦長垂れポスターはもっと縦に長くても良かったかなあと思ってます。
A1を縦に2分割した大きさです。

フライヤー。

A5にするかA4にするか迷いましたがA4。
印刷をお任せしたとろさんが、クラフト用紙を持ち込んで、
配布分のいくらかがクラフト用紙になってました。
いい味。



リグルコスはする流れだったので
加えてアレンジ妹紅コスをしようと思ったので
コスも作ってました。
コスっつっても、既存のズボンを加工するだけですが。

赤がきつすぎて使い道のないカラージーンズ(ユニクロ)に
破りと退色ダメージを与えて、
あと生地屋で買ってきた白のデニム地と
和柄の赤リボンを組み合わせてお札のようなものを作り
これをカシメでジーンズに固定するというだけのもの。

退色ダメージについては
キッチンハイターを刷毛にとって
擦りつけたりぶちまけたりしたわけですが
案外いい感じになりました。
ミシンがあれば余裕で1日で出来るコスですね。
ミシンがないのでお札を一つ一つ手縫いして死ぬ目を見ました。

痛楽器はやろうと思ってたんですが
使ってる楽器に、思いのほかスペースが無かったので断念。
やるなら綿密に計算したドラスティックな加工が必要そうです。

仕込みアンコール。
別に、こう、名前の知れたバンドでもなければ
こっちからお願いして呼んで、来てもらってるギャラリーですから
仕込まないとアンコールなんてしてもらえないわけです。
して欲しいと言うか、こう、アンコールってのやったwwww
っていうお遊びが欲しくて。

予め誰かにお願いして言い出してもらうのもいいかなと思ったんですが
ここはスギさんが上手いMCでもってってくれました。
口下手な私じゃ無理。



■当日へ
そんなわけでとりあえず
私としては準備周到とは遥かに遠い状態ではありましたが
望むと望まざるとに関わらず9/22はきたわけで…



当日編へ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2460-0d72bf4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。