FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】仕事のイライラで色々衝動買いした。

先週半ばから仕事がクソ忙しくて、
内容というか職場でも色々アレで
さすがに口を開けば呪わしい言葉ばかり吐きかねなかったので
tweetを控えてましたが、

先の投稿の通りSSをかける程度には元気でしたので大丈夫です。
まあ、その心情が出たからか
明るめでえっちしてるだけのはずのSSが
なんともどっちつかずな感じになって
微妙な出来になったのは
まあそういう心の発露的なアレアレ


週があけてやっと気分が落ち着きました。





ストレスというかただの短期的なイライラではあったのと
ちょうど愛用のボールペンが壊れたので
文具店に行って衝動害してしまいましたので
どうせなので色々と記事にしようかなと。






◆壊れたボールペン
ダウンフォースはもう5本くらい持っていて
それぞれに別の太さやインクのリフィルを入れて使っていますが
一番古株だった緑色君の、クリップ部分が折れてしまいました。

ダウンフォースはクリップが折れると芯を出せない構造なので
コレでアウトです。
買い替え。

コレ自体は特筆すべきこともなく、ダウンフォースを買い足しただけです。



◆買い足しのシグノ
ボールペン「shigno」の1.0は
インクの出が半端ないので
コレで絵を描いたりすると一瞬でインクがなくなります。
なくなったまま放置されていたので、買い足してきました。

このさらさらぬるぬるの太さと書き味の組み合わせは
何度書いても新鮮です。

小範囲程度並べた塗りにも使えるので
ボールペンで絵を描くとき、
インクの色の統一性をとろうとしなければ必須ボールペンです。

(同じ黒でもボールペンによって色の差があるので、
これの統一を取るつもりがあれば、
それなりの選択が必要)



◆なんか見つけたペン①
まあ買いに行ったのは新宿世界堂本店だったんですけど
ボールペンは1階にありますんで、上の2本は1階で買いました。
ですが、ペンを探して遊ぶには
漫画コーナーを見逃すわけには行きません。
密かに面白いペンがおいてあることがある
(文具扱いではなく画材扱いされている)
ので、ここにも顔を出すと、
案の定みたことのないペンがおいてありました。

タチカワ「ラインマーカーA.T」

実際に新商品なのかどうかは知りません(ぁ
はじめてみたというだけです。

コレはボールペンではなくて
漫画用の「つけペン」を万年筆のようにインクタンク搭載にしたタイプのペンの一つ。

面白いのがこのペン先なんですが
万年筆や漫画の付けペンみたいな形をしているけど
先端が丸まっていて、

「上に上るようにも書ける」

ペンの感触は、硬いスクールペン。
でも丸い先端のお陰で引っかかりは少なく、
きれいな抜きが出来る。

コレならボールペンで書くみたいな乱暴なペン使いでも
入り抜きが出来るかもしれないなと一本購入してみました。


引いた線。

こういう丸や曲線を、付けペンなどに比べて容易に引けると同時に
付けペンのように強弱が付けられる。






◆なんか見つけたペン②
もう一本。
OHTOの「グラフィックライナー」

OHOTOといえばボールペンにおいて
ニードルポイントのチップに定評がある。
らしい。

恐らく、
漫画の枠線引きとかの一定の太さの線を引くミリペンの代替として
漫画コーナーにおいてあったのだと思う。

0.05~1.0までの数種類があったので
とりあえず1.0を試す。

さらさら。
すげーさらさら。水っぽさはSARASAを上回るのでは。
1.0で、さっき1階で買ったSHIGNOと比較してしまいたくなる。

比較してみた。
Shigno_1.0(上)とグラフィックライナー_1.0(下)
2013020603.jpg


さらさらとした水のようなインクは
紙によっては若干滲む。
Shignoよりもほんの少しにじみが発生するうえに
黒が若干薄い気がする。
1.0について言えば、Shignoのほうがいいような気がした。

0.05。
個人的にはこっち推しかな。
1.0のときと同じように、インクがさらさらとすごいよく出る。
超極細系のペンの癖に驚異的なインクフロー。
細さ的には「HI-TEC-C」の0.3~0.4くらいの細さの線を
それに比べて全くかすれやペン先の引っ掛かりを感じさせない。
ボールペン絵の主軸をこっちにしてもいいくらい。
このボールペンは細いほうが魅力が引き立つ感じがした。

ただ、
か細くかすれる寸前の線を集合しまくって書く
最近の私のボールペンの絵の描き方には
少しばかり一本の線が強すぎるイメージ。
コレをやるには
やっぱり「HI-TEC-Cの0.25」以外は無いかなと思ってます。

HI-TEC-C_0.25(上)とグラフィックライナー_0.05(下)
2013020604.jpg



◆万年筆
で、結局ずーーーっと気になっていた万年筆を買ってしまいました。
LammyのSafari、2012限定グリーン。


ぶっちゃけ
万年筆が万年筆らしい形状をしているそのデザイン、
あの丸っこくて太くてちょっと短い感じ
私は好きじゃありません。

でも、Lammyのだけは好きで
あの限定色緑色を見た瞬間
「これほしい!!かわいい!!」
って去年くらいから言ってました。

万年筆自体を倦厭してたんですけど
前述のイライラMAXで
ボールペン探してたときに目に入れてしまって
衝動買いしてしまいました。


緑色が好きなので
小物を緑色に染めていってます。

この間買ったミドリカンパニーのメモ帳「SANTINA」に
組み合わせたいですね。左は普段使いのスケジュール帳。
2013020601.jpg



買ったはいいんですけど、インクフローが悪いのか何なのか
「入り」が非常に悪い。
インクが出ないことがあって、
イライラMAXの衝動買いで買った万年筆が、
使っていてイライラMAXとは
そのままで置いておくのも可哀想。
折角可愛い色なのでちゃんと使いたいです。

twitterで色々と話を聞かせてもらったんですが
調整しに行ったほうがいいとのこと。

買ってその場で調整しないと使い物にならないなんて
だったら買ったとき最初からそうしてくれればいいのに。
コレだから玄人の嗜好品の「一見さんお断り具合」は好きじゃないんだよな…。



暇が出来た土日に早めに調整にいってくることにします。



書くと、こんな感じになります。
字がへったくそなのはほっといてください。
2013020605.jpg

中程にインクが出なくて文字になっていないところがあると思いますが
それが頻繁に発生します。




◆喫煙具
万年筆を買った後、新宿のKAGAYAへ行って
手巻きたばこ用のローリングマシンを買ってきました。
なんか黒いやつがあったので、
このデザインがいいなと思って買ってみたものの
いつも吸っているフィルタ径(5.3mm)に合わない。
巻いてみてもユルユルのスカスカになってとてもじゃないが使い物にならなかったので
次の休み(万年筆の調整をするとき)くらいに
6mmフィルタでも買って来る事にします。


ライターは幾つか持ってるんですが
私はそうたくさんたばこを吸うわけではないので
いざ吸おうと思ったときにはオイルライターのオイルが抜けていることが多くて
ガスライターに戻そうかと思ったんですが
マッチの存在を思い出しました。

マッチ刷った時の燐の香りが好きなのでマッチにしようと。
マッチだとライターよりも荷物を小さく出来るので
喫煙具一式の運搬をピルケースに収めることが出来ます。

左が5.3mm巻けなくてしょんぼりしたローリングマシン。
右がたばこ入れてるピルケース。
2013020606.jpg

中こんな感じ。
2013020607.jpg
右下に、マッチの鑢部分を切ったものが入ってます。
まあこういうセッティングもまた気分によって変わるんですが。

この記事へのコメント

Re:【日記】仕事のイライラで色々衝動買いした。

がっちゃんこマシンかったのね。これも変なコツいるよねw

Re: Re:【日記】仕事のイライラで色々衝動買いした。

コツがわかってないせいなのかな、と思ったんですが、
フィルタ径が足りてないことに気づいてあわわわ。

喫煙具も、買っても説明書とかなにも付いてなくて
不親切って言うか、わかってる人しか買わないだろ精神あるよね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2482-a05fa762