FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モノ】万年筆

前に記事にも書いたんですが、
LammyのSafariを買ったわけですが

ノートに10数ページメモを取るくらい使って
カートリッジが一つなくなったので中間報告の覚書。

まだ調整に出せていないのですが
まだ出だしに引っかかりを感じるのは変わってません。

このペン、
親指と人差し指のポジションに削りガ入っていて
逆に言うと
そのポジショニングを強制される。

私の持ち方ってなんかこの親指と人差し指のポジショニングだと
意識してないと紙に対してニブが斜めに当たる。

もしかしたら
出だしの引っかかりは書くときにこの意識が途切れて斜めに当たってるからかな
と思い始めてます。

調整するときにはペン軸少しまわしてもらえるかなあ。


あとこのペンを持って航空機に乗る機会を得たんですが
無知ゆえにそのまま持ち込んで
機内でメモ書きでもしようと思ってたんですが
気圧変化でインクがどばっと。

ボールペン派だったので完全に失念していました。

帰りは上向きにしといたらとりあえず漏れは防げました。
が、機内で安定航路に入って一番気圧が下がったなと思って書き出してみたところ
下がり切ってなかったらしくてやっぱり漏れました。
インクが一定以上減っている場合は
ただ上向きにすれば空気だけが漏れる状態で回避できるようではありましたが…


twitterやwebで対策法を見ていたら
①インクを満タンか空にして上向きにしろ
②気圧変化に強い万年筆を使う
とある。
また上記で判明した
③カートリッジ式でも一定以上インクが減っていればただ上向きにする
でも回避できるみたい。

個人的にデザインで選んだペンなので②は選択肢に入らない。
今持ってるペンの全否定になる。

したがって①か③をどうにかするわけですが
どちらにしてもカートリッジ式では
タイミングを見ての満タンも空も無理。

なので、
safariに合致するコンバータを買う必要がありそうです。



ボールペンってすごいんですねって思いました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2483-aec1e9d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。