FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【日記】コミティアの後の飲み会

去るコミティアにて、友人がコピー誌を出してましたが

私は行きませんでした。


コミティア辛いんです。

みんな意識が高いので
私みたいな
「もう絵で人に認められよう」とか
「読んでもらおう」とか
思うのを諦めた身としては。

当然「見切った」であるとか「捨てた」ではなく
「諦めた」わけですから
いまだにがんばっている人達はとてもまぶしくて
見ていると自分が非常に惨めになります。

勿論全員がそうとは言わないですが
ブース回ってるとそういう人達が目立つのは確かで
たといコミティアでなくても
 (コミティアはオリジナルオンリーなので、
  意識の高い方々が一入多い)
たとえばまだ比較的顔を出している東方系のイベントであったとしても
他のブースを見て回る時間はきわめて短いです。

「おー、すごいなー、こういうのつくりたいなー」
って思ってるうちはいいんですけど
だんだん惨めになってくるので
そういう風になりかけたら早々に自分のブースに引っ込みなおします。



さて、
そんなこんなでコミティアにいかなかったわけですが
友人は旧来の知り合いと本を出していたそうなので
打ち上げに呼んでもらいました。


ここでは詳細を伏せますが
なにやら
「同窓会+身内呑み」
の様な感じののりです。

かく言う私も「身内」の方で参加させてもらったのですが。


「同窓会」という雰囲気というのには然る理由がありまして
つまり中心になる「師(とりあえず仮称)」がいらっしゃって
その方を囲って(あるいは囲わずw)に
でも肩肘張らずに打ち上げしましょう
という感じみたいです。

私はその会に関る人は
最初に書いた「友人」とあと一名しか知らないんですが
まあ、コミュ障の私でもさほど辛くなく飲んでいることができました。



年齢が割りとばらばらなんですよね。
私はtwitterで知り合った人たちや
SS関係(東方夜伽話)で知り合った人たちと会うことが多いのですが
基本みんな年下です。

まあ私が分野に不相応に大概おっさんというだけですが。

そこは年下も上もいるし
囲われてる方は勿論年上で

「あー、久しぶりに(年上として扱う必要がある)年上がいる場だなあ」

と思って飲んでました。
割と楽しかったです。




落書き帳を持っていっていたので人に見せる流れになって
その「師(仮)」が私の落書き帳を見ることに。

(あー、やめてー……
 でもここで見るなぁとか嫌がっても空気読めてないし、
 第一面白くないので大人しく見られておこう)

とか思いながら。



最近ボールペンでしか落書きしてないので
落書き帳もボールペンだらけです。

でもなんかその
ボールペンで書いているのが面白がられたのか
妙に面白がられて
(あと、私がゲスト扱い且つ
 その人がもう酔っ払っていたのもあるだろうケド)

それをきっかけに色々と話すことができました。


酔いと社交辞令のこともあろうと思うけど
絵を生業にしてる人から
ボールペンで書いている絵をボールペンだからという観点でよく言ってもらったことは
非常にうれしかったです。


なんか
趣味なりにがんばろうって思いました。






それとは関係はないですが
最初に書いた「友人」の出しているコピー誌関係で
絵で原稿参加させてもらうことになっています。

いい機会だし
漫画を欠く努力を始めてみようかなと思います。
あと久しぶりに東方以外。




東方関連では
とある合同誌で絵を描くことに……
なると思ってたんですが
文章で参加することになりました。

(もともと文担当が多く絵担当が足りなさそうなので、
 私は絵担当>文担当で参加させてもらえるようお願いしていた)



まあ
絵にせよ文にせよ
私は意識低い趣味人なので
がんばらない程度にがんばろうと思います。





漫画もボールペンで描こうかと思ってたんだけど
さすがにアレなんで控えようかなあと。
許されるならボールペンですが
ダメそうなら順当にコミスタ使うべきでしょうしね。

そういや、コミスタのディスクどこいったかなあ…

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2490-eeed20b4