FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽器】Keyterがいっぱいでてきました

keyterの波来てますね。
ほらきたー、私の先見はまちがってなかったぜー(?

Korgがrk-100sをリリースするようです。
まあkeyterの流れというよりは、
ビンテージ回顧の一環のような気はしますが。

また、AlesisもVortexWirelessをリリース。
無印Vortexに
無線USBによるMIDI信号の送信機能を付与した
本当の飛び道具ですね。

いったん絶滅したkeyterですが、
各社何か投入しようとしてはいたのでしょうね。

Keyterの時代が終わった、というより
偶然出来たエアスポットだったというだけかもしれません。

Rolandが最初に飛び込んだのですが
まさに人身御供となった印象。

それをベースにニーズを掴み、
それぞれの特色を出した機種を投入してきたところでしょうか。
急に品揃えが分厚くなりました。

そろそろCASIOさんが…
YAMAHAはもうこういうイロモノは出すまいな…

おのおの微妙に得意分野が違います。
新しければいいという感じでもないですし
今話題沸騰のRK-100Sが無敵という感じでもないです。


私はax-synthと無印Votexを持っていますが、
たぶん一番要らない子達を持っていることになります。
やはり後発は強いですねorz



現行Keyterズ5機。


◆Ax-Synth(Roland)
 高い。重い。でかい。斧。

【長所】
 ・標準サイズ49鍵盤。
  (他のKeyterは殆どが37鍵盤)
 ・音源搭載Roland自慢の「SuperNATURAL」を一部搭載。
  (音源搭載をメリットと取るか否かは人によります)
 ・音源搭載により最適化されたモジュレーションバーでの変化
  (特に考えなしにでもビブラートで変化を与えられるのは
  後述のMIDIコンVortexにない魅力)
 
 【短所】
 ・MIDIパラメータを弄るコントローラは豊かとはいえない。
 ・スプリット、レイヤーは出来ない。
 ・というか特筆する機能はない。
 ・重い。
 ・高い。
 ・でかい。



◆Ax-09 Lucina(Roland)
 少し高い。少し重い。少し重い。鉈。Ax-Synthの妹。
 
 【長所】
 ・USBメモリ差込口を有し、
  保存されたオーディオファイルを再生して演奏とMixして
  オーディオアウトする機能がある。
 ・ボタン等が鍵盤の手前に配置されており操作性に優れる。
 ・音源搭載。
  (音源搭載をメリットと取るか否かは人によります)
 ・EXT IN端子有り
  →ただのレコーダをルーパーの様に使えるかもしれない
 ・音源搭載により最適化されたモジュレーションバーでの変化
  (特に考えなしにでもビブラートで変化を与えられるのは
  後述のMIDIコンVortexにない魅力)
 
 【短所】
 ・MIDIパラメータを弄るコントローラは豊かとはいえない。
 ・スプリット、レイヤーは出来ない。



◆Vortex(Alesis)
 MIDIコン。渦。
 
 【長所】
 ・安い。2万くらい。
  (音源非搭載のコントローラなので)
 ・軽い。
 ・アサイナブルなPAD*8。
 ・アサイナブルなロータリーエンコーダー*3。
 ・鍵盤部分をスプリット設定できる
 ・本体の傾きをMIDI信号に変換して送信する機能がある。
 
 【短所】
 ・音源がない
  (音源非搭載をデメリットと取るか否かは人によります)
 ・一部のボタンが過敏すぎて1ずつ移動しないことがある
 ・オクターブシフトはボタンで出来るが、
  トランスポーズは極めてやりづらい。



◆VortexWireless(Alesis)
 MIDIコン。無線USBがデフォルトで乗っかってる以外無印Vortexと同 じ。
 
 【長所】
 ・値段的に無印と大して変わらないかも。
  (無印持ってる人爆死かも)
 ・無線USB搭載。MIDI信号を無線で伝送できる。
 ・あとは無印Vortexと同じ。
 
 【短所】
 ・無印Vortexと同じ。



◆RK-100S(KORG)※エントリ執筆時未発売
 おおむかしのいさんRK-100の復刻デザイン。
 でもMIDIコンじゃない。むぎ。
 
 【長所】
 ・鍵盤の手前に長いリボンコントローラが設置されていて
  他のKeyterとは演奏に際して一線を画す
 ・音源搭載(MicroKorgXL相当)
  (音源搭載をメリットと取るか否かは人によります)
 ・アルペジエイター機能搭載
 ・ボコーダ機能搭載
 ・AudioIn端子有り
  →ただのレコーダをルーパーの様に使えるかもしれない
   ※ただし、Inはマイクと共用なので、
    ボコーダ使用時にはミキサーを介さないと
    オーディオ入力は不能と思われる。
 ・なんかよくわからないジョイスティック。
  ランダムアクセスできないコントローラだけど
  シーケンシャルで済む操作については誤操作が少なそう
 ・カラバリに赤がある。なにげに重要かと思う。
 ・木ボディ。個人的にはあまりメリットではないが。
 
 【短所】
 ・ミニサイズ37鍵盤。
  →正しくはMS-20miniで開発した「スリム鍵盤」とのこと。
   奥行きが標準サイズ、幅がミニサイズ。
   割と弾き易いらしいので短所とならないかもしれないし
   逆に全体を殺しかねないリスクを負っている。
 ・MIDIパラメータを弄るコントローラは豊かとはいえない。
 ・個人的にあまりデザイン自体は好きではない。RK-100の方が好き。 
  (人によります)
 ・話題沸騰なので買うと確実に人と被る
  ここも結構重要なポイントと思います。
 ・むぎの奴じゃなくなった。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2524-d9fe67e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。