FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】ひとり居酒屋

一人で居酒屋に行く機会が非常に増えています。


■前座
「おひとりさま」とか言う言葉がずいぶん昔にできて、
この言葉はもともと女性向けに作り上げられたものだと記憶していますが、
これが最近はずいぶん市民権を得ているように感じます。

市民権を得ているというか、
言葉が存在することによって
無視にも近い許容(無視されない場合奇異の目が飛ぶ)へ変わっただけで
別に「普通のこと」にはなっていないような感じもしますが。

この「無視にも近い許容」というのを「市民権の獲得」と評するのには
少々違和感を感じるところです。
「市民権の獲得」とは「普通のこと」になることをいうような気がします。


もともと「おひとりさま」って言葉が女性向けにできた背景ってのは、
男性が一人でバーだのスナックだの行きつけのところを決めてよく行く
という少し古臭いというかおじさんくさい風潮に対して
「一人で外出する」という要素だけを抽出した上で
女性もそういうものがあってもいいんじゃないのという観点と
世の女性の欲求(とわずかに現れた動向)が
合致したことで生まれたものだと思っています。
もちろんそれをサイドから指示する要素に
女性の社会進出であるとか経済的独立というものもすくなくないと思います。

男性について言えば、
居酒屋でのお一人様なんてのは
昔から別にそう珍しいものではないような気がしています。
居酒屋という言葉の頭に「チェーン系の」というのをつけると
確かにあまり無かったかもしれませんが。

今は飲食店でも何でも
数人がけのテーブルの規模を減らして、
一人二人用のテーブルやスペースを増やす傾向にあります。
都会のマクドナルドとかのファーストフードは最たる例で
3人とか4人で行くと席探しに苦労するほど。



ただ、昔の男性のお一人様って言うのは
家族があって、家に帰る前に引っ掛けていくとか
そういう側面もあっただろうことを考えると
単身である私がそれをやるのには少々変なところがあるようにも感じます。

まあそれはどうでもいいんです。
どうせ無視されようが奇異だろうが
私が一人で居酒屋に行くことが多くなったということに代わりは無いので。





■近況
そんなわけで
私もおっさんになったもので
ひとりで居酒屋とかに行くことが多くなりましたが

その実態は、
最近若者が一人で喫茶店で本を読んだり勉強したりしてる
ってのと同じだとおもってます。…思ってます!(強調

(私は一人っ子なので
家にいると兄弟がうるさくて勉強できないとか
そういう背景の有無についてはわかりません)

たまに
居酒屋で文庫本左手に持ちながら
右手で酒とおつまみを往復してるおじさんいますよね
あれとおなじ。
最近はキャリアウーマンくらいのお姉さんも
本を読みながらお酒とご飯してるひと、稀に見ますね。


私はあんまり本を読むほうじゃないので
まだ読書兼晩酌というのはやったことが無いのですが
読書ではなくて、SS書いてます。


お酒と焼き鳥頼んで携帯でSSかき。
最近はiPadMiniをワープロ使用するようにいろいろ変えたので
正面にiPad、少し横にずらしてお酒とおつまみ
みたいな感じになっていますが。

家でSS書く気にならないんですよね。
携帯でSS書いてるのはそのせいで
メインは通勤時間で、
最近はこの一人居酒屋(もしくは喫茶店)執筆の割合が増えています。




■効果のほど

もともとSSなんて家で書く気が無い人間なので
「効果」というか「必要」なんですけれど

一人で居酒屋に行くことに気負いがあって
周囲の目が気になってしまって
集中できなかった時期はありましたが
3回目にもなれば
そんなものどうでもよくなってしまいました。

絵描きさんが
ファーストフードで作業するというのは
比較的よく聞く話です。
これは絵描きの人口が爆発してるから耳に入りやすいだけで
文章でもやってる人はきっといると思うんですよね。



思考の周り具合でいえば、
「オフィスの心理学として
 会議中に資料だけ目の前において話すよりも
 何かを食いながら話すほうが、
 相手の同意を得やすい」
というのがあるようですが
自分ひとりに対してそれをやっている感じでしょうか。

作りこんで書く人には向かないかもしれませんけど
私みたいに思ったこと吐き出すだけの書き方してる人には
「酒飲んで管を巻く」ってのを文章にぶつけるだけなので
そういう風にスイッチすると、とてもはかどります。

何より
「SS書くぞ!」って気負ってPCの前に向かう作業感は無いので
趣味で遊んで書いてる人にはお勧めしたいですね
食いながら書くの。

プロ思考の人は知りません。
スケッチ位にはできるんじゃないですかね。




■お財布

一応ちゃんと考えながら書かなきゃいけないので
酒は自動的に抑え気味になります。

非常にお行儀が悪いのですが
食べ物を一口口に入れてもぐもぐしてる間に文章のこと考えて
考えた文を書いて、
また次ぎ考えるのにお酒かおつまみ口に入れて
っていう繰り返し。

喫茶店で書いてる人がいれば
コーヒーを口に入れるのと同じ感じでお酒を飲む。

このご飯(お酒)と文章の行き来のせいで、
両方スローペースになるので非常にリラックスできます

こうしたペースダウンは
もちろん文章の執筆速度が集中時よりは落ちますが
集中して気疲れして書かなくなるよりは遥かにいいですし
お財布的に言えば非常に安上がりになります。

汚いスローフード(?)

かなり腹いっぱい、好きなもの好きなだけ頼んだつもりでも
2000円強だったりするので


喫茶店で文章書くのに
コーヒー2杯とドーナツとか何か。
で、これが食事と別枠であることを考えると
さほど高いものではないと思います。

家に帰ればご飯があって、
コーヒー一杯だけで粘る?
そんな人は知りません(



もし決まったお店ができるようなら
いっそボトルを入れてしまうのもいいかな
なんて思ってしまいますね。





■頼み方
これはSSかくというのとはあんまり関係ないんですけど
一人で居酒屋に行くと好きなものが頼めます。
当然ですけど、頼んだもの全部一人で食えます。

一人カラオケとそこのへんの心理は同じですね。


料理の場合はさめてしまうということを考えなきゃいけないので
頼み方もすごくちまちまになります。

私の場合は、
お酒一杯と一緒に料理1品、もしくは焼き鳥3,4串
ってのを繰り返します。

取り皿を使わないで直箸しちゃえる快感なー。
焼き鳥もそのまま串からくえちゃうね。えへへ。
これは何気に居酒屋だとあんまりやらないよね。
小物な幸福感あります。


お酒についでも
「あいてるね、次は何飲む?」
って聞かれること無いのでマイペースでのめるので
基本酔っ払うことはありません。
水をついでに一杯もらっておけばなおのこと大丈夫。
すごく大人しいお酒になりますし
そうやって飲めばお酒の味を楽しむっていう余裕も生まれます。

(次のお酒を聞かれたくないとか聞くのはだめとか
 そんなつもりではないです。
 複数で行けば聞くべきだし聞いて欲しい部分もあります。)



■所感
これって、
「家で機材に向かう必要が無いアクティビティ」
がないとできないことなんですよね。

絵はどうしてもPCか画材並べた机かに向かう必要がありますし
ゲームはちょっと一緒にご飯食べる感じにならない

でも、テレビを見るとか動画を見るというのなら?
アニメを撮り溜めて後で見るっていうのをやってる人なら
それが数時間にもわたるようなら結構有効な楽しみ方なんじゃないかと思います。
ご飯や飲み物が勝手に出てくるし
そのくせ一人の世界でいられる。

私はすっかりアニメを見なくなってしまいましたが
録画する機器を買うようなことがあればまた見るようになるかもしれません。
そうしたら、ぜひ試してみたいなと思います。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2531-659f8907

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。