FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【iPhone】キーボードケース

こんなバカなものつくりました。
iPhoneがクラムシェル型端末に!
・・・ばかですね。

市販のスライドキーボードが既に品薄で
しかもiphone6以降のキーボードが軒並みキーは位置などの面でクソっぽいので
泣く泣く自分で逃げ道を探したというのが実態です。



携帯電話以外に撮影するものがトイデジカメしかないので画像が荒いですが。
2015052402.jpg2015052403.jpg

キーボードだけだとこう。横にあるケースは後述。
2015052401.jpg

半自作といってもやったのは
こうやってスペーサを挟んで蝶番を付け直して
(携帯自体を挟めるように)厚み許容を持たせただけです。
2015052406.jpg


ついでに痛くしました。
2015052404.jpg


携帯とキーボードは、
廉価な携帯カバーをアダプタとして
マジックテープでくっついています。
なんという安っぽさか。

でもこの脱着可能アダプタを採用したおかげで
今私の携帯は無印iPhone5ですが
6になったところで使い続けることができます。
全角/半角キーのバインドをソフトウェア側で改竄すれば
Android端末だってwindowsphoneだって使え・・・るかどうか検証は出来てません。

で、こうして半自作したという実績があれば
素材となるキーボードが別物になっても応用が利く。
ヤッタネ!


用意したのは
・小型キーボード(メイン素材)
・樹脂棒(キーボード側に携帯を受容する空間を持たせるためのスペーサ)
・蝶番(元のキーボードに備わっている物を破壊するので)
・百均の携帯ケース(なければ普通のケースの一番安いやつ/背が平滑なもの)
・マジックテープ一組
・もろもろ工具(今回使ったのは、ドライバー、瞬間接着剤、金鑢。すべて百均)
・他。ふたのないキーボードならふたになる板とか、元の蝶番を壊した穴が気になるならパテとか

①キーボード
お気に入りの小型キーボードを用意します。
携帯ゲーム持ちで親指入力ができるやつ。
私のは2000円くらいの。

②樹脂棒
チョイスしたキーボードと携帯電話によって変える。
キーボードに取り付けられる厚みと
携帯電話の厚みを受容できる高さをもつものなら
まあ何でも。木でもいいかも。
私は、ハンズに売ってた樹脂棒がちょうどよかったので
キーボードの横幅長さにカットしてもらった。
切るのも自分でやってしまえばことさら高いものではない。
300円くらい。

③蝶番
スペーサ樹脂棒とふたを可動固定させるのに必要。
クラムシェルのキモ。
私はハンズでよさそうな樹脂蝶番があったのでこれにした。
200円くらい。
スペーサとかふたの材質にフィットしたものなら何でもいい。

④ケース
携帯電話を直接キーボードにくっつけると
取り外しできなくて後で泣いて死ぬと思ったので
ケースを間に挟むことに。
取り外せないとカメラが使えなくなるなどいろいろあるし。
結果としてiPhone以外でも使えるおもちゃになった。
iPhoneケースなら百均にあるので(驚いたことにいまだに4のまであった)
私は百均で100円。
ただかぶせるだけの平滑なケースならなんでもいいです。
背が平滑出ないと?Eのマジックテープをつけるのに苦労するかも。


⑤マジックテープ
なんでもいい。
私は百均の手芸コーナーにあったやつ。
100円で余るほど手に入った。
ケースごと端末を入れ替えるという発想から、
脱着可能な一番安易な方法としてチョイス。
まあボタンでも何でもいいんじゃないですかね。


⑥工具
基本はドライバーがあればいいと思います。
スペーサ樹脂板とキーボードをくっつけるのには
ねじは現実的には無理なので
(キーボードの内部構造に依存するので侵襲する方法は避けたい)
ここは瞬間接着剤を使います。
私はふたと蝶番を接着剤では強度を保って接着できなかったので
(いい接着剤を使えばたぶん行ける)
ふたと蝶番はねじ止めして、板を貫通したねじの先を金鑢でそぎ落としたので
金鑢が工具に含まれます。百均の金鑢で十分。


⑦ふた
ふたがないキーボードをチョイスした場合は
別途ふたとなる板を調達します。
このふたがなければ携帯電話を括り付けられません。
キーボードと同じサイズにカットした板なら
木でも何でもいいんじゃないでしょうか。
私のキーボードはふた付ですが、3mm程度の硬質プラです。



まあ、見たまんまに組み立てるだけなので作り方なんてものはないですが。
実際キーボード以外には1000円、
全部合計しても3、4000円くらいでできちゃうのが分かった。


キーボード付携帯電話が市場から消えて久しいわけですが
iPhoneのキーボード一体型ケースがiphpne6のものから急に品質が悪くなってるので
このままそれも消滅するんじゃないかとおもいます。

さらにはこういう小さいキーボードが市場から姿を消すんじゃないか
ちう危惧も感じてます。



余談ですが、富士通からこんなHENTAI携帯が見えてきて
これがもし発売されるなら
こう言うキーボードは絶対にほしくなると思うのですよね。
このHENTAI携帯にキーボードが付くかどうかは疑わしいというか
今の携帯市場の流れでは搭載は期待薄だと思います。
(反面、個人的にはあのサイズでタッチのみにてwidows8を操作する機体のははっきり言って産廃だと思います。
 F07Cはキーボードどころかトラックボールまで備えていたのでよかったのですが・・・)

富士通のHENTAI具合に期待。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2547-3e6346ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。