FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【自戒】楽天的なのかなんなのか

もう東京に出てきてから何年になるのか、
もう9年とか10年とかになったんじゃないかな。
カウントしてないからよくわかんないですが。



中高と中二思想で(自己物語化型みたいな)自殺を考えたりするくらい
それ以降はマイナス思考。

大学に入ってからも就職してからも
未来に対しては懐疑的で不安ばかり。
それは今でもそうなんですよね。

気分的に塞ぎ込んでしまうことは今もあって
そういう方向で物語化ではなく逃避的な感じで
しにてーなー、
とか思うことはあるんですよね。

それこそちょっと前には薬もらった位には、
未来に希望を持てないし自信もないし。



ただ、不思議だなって思うのは
未来に対して恐怖さえ感じてマイナス思考で希望も持っていない虚無思考なのに

過去の失敗や悪いことぜーんぶひっくるめても
過去に対しては妙に楽天的に考えれているんですよね。

もちろん「ここはこうするべきだった」とか
「あそこでああしちゃったから終わった」って言うのは認めた上で
その失敗コミコミで今の自分になってるんだし、
なんか結局死なずに生きてるんだから、まあ悪くなかったんじゃない?
(よかった!とは全肯定ではないけど)
って感じてるところがある。



これって変ですよね。

過去が悪く無かったなら、未来も悪くは無いだろうって思えるはずなのにそれは無いし
逆に、未来に希望を持ってないなら、それは過去のせいだと思ってもいいはずなのに
どっちでもない。

いっそ過去をずるずる引きずる割に未来に楽天的で失敗を繰り返す
という方が道理な気がするんですけど。


未来に閉塞感を感じていながら過去にだけやたらと楽天的、というのは
一体どういう心理状態なんだろうか。
自分でもよくわからない。


これを自覚したのはつい最近のことで。
うーん、単に年をとって過去については吹っ切れたのかなあっていう見方はできるんですけど。。。
なんかよくわかんないなあ。


自分で自覚もあるし、
「普段どうでもいいときは運も間も悪いのに、
 ここぞって時に(あくまで最低限でだけど)運がよくて切り抜ける」
とか
「八方塞かと思ったら、
 なぜか結局周囲の人間が助けてくれてなんとかなる」
とか。
私をよく知る幾許かの人も言ってるので、
そういうことが関係しているのかもしれない。
だとしたら、あんまり楽天的であることはよくない気がしますが
あくまで運と他力本願で生きてきたってことを理解できてないってことですから。

うーん。

もうちょっと年取ったら
未来についても吹っ切れて楽になるんだろうか。
もしくはまた過去に後悔する方向に転向するかもしれない。


なんて、こんなことをこの年になってもなお考えてるのだから
中二思考自体は抜けてないんだろうなあ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2551-8173cffd