FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難家族の子供へのいじめ

いじめってものの本質をすっ飛ばしてる。

いじめる方はね、
いじめるべき対象を見つけると
いじめるべきポイントを後から見つけてそこを責めるの。

いじめられる方は
そのポイントの有無だけが原因でいじめられているとは限らない。

「避難で来たことでいじめられている」
のではなく
「いじめられる子供は避難で来ていた家族だった」
ってケースの方が多いだろう。


勿論環境の変化で適応できなかったケースなどもあろうけど
それを原発事故や地震が招いた悲劇と言う片づけ方にするのは

「単に理由や口実が欲しいだけだろ、大人がさ」

としか思えない。



いじめと言う現象を大人の理性が理解できないものだから
こじつけられそうな理由を見つけてそこに委ねたがっている。
おとなにとって都合がいい。
それだけだ。

子供は理不尽に追い込まれると
子供の持つ狭い世界の中から何とか理由を見つけて対応しようとするが
いじめを悪化させたりそこから精神状態を望ましくない方へ進行させてしまうのは
そうした狭い視野から抜け出せないからだ。

ところがどうか、
この件を見て明らかだ、
おとなまでも都合のいい理由を見つけて
狭い見解の中で決着しようとしている。


この分じゃ、いじめはこれからも無くならんだろう。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2587-6b663369

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。