FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

長時間労働と生産性、同一労働同一賃金の幻想

日本人の一人単位時間当たりの生産性は先進国でもかなり低いという結果は
別に昨今明らかになった事実ではない。昔から言われている。

「長時間労働があるから単位時間当たりの生産密度がおちている」
と言われているが、私にはどうもそればかりとは思えない。
勿論そういう側面もあるのだろうけれど。


今は崩れつつあるが
「万人中流」「年功序列」「生涯雇用」
の日本の旧来の体制がを考慮に入れなければならない。

対して、日本型の雇用形態とは逆の欧米では
トリクルダウンさえ生まない貧富の差という問題がある。


長時間労働≒悪
という視点が生まれたところでにわかに声が上がっているのは
「仕事量は変わらないのに時間だけ短縮を求められる」
ということだ。

今後、ここにスポットライトが当たっていくと思う。

今迄は
「一つの仕事に対して能力が多少追いつかなくとも時間でカバーしていた」
という観点はあるはずだ。

長時間労働という悪のイメージに一時的に蓋をしてみてみると
ある仕事をうまくこなす人間パラメータAがあったとして
Aが足らないから時間を費やす
(つまり対疲労能力や対ストレス能力といったパラメータでパラメータAを補う)
というのは、
多様性のひとつの選択肢だったという見方は出来る。

残業によるカバーを安易に封じられ
一定時間に一定の仕事をこなさなければ「失格」。
使用パラメータの限定と言う形の選択肢の減少は
もろ手を挙げて賛成すべきなのだろうか。
私には一縷の不安がある。

これは価値観の単一化に拍車をかける気がしている。
仕事「甲」をこなすのに、パラメータAが高い人間以外は不要。
時間でカバーする逃げは許さない。
経済活動主体である企業は効率を重視せざるを得ないのだから
そうした人間の選別を促進するだろう。
その「足を切るための鎌」を、今回見事に作り出した。

自分に大した能力があると自信のある人は
こうした「長時間労働に対する"無差別な"非難」と言うのを喜ぶだろう。
みんな長時間労働に対して悪のイメージを掲げて
その撤廃を祝福しているのだ、
きっとみんな高い能力があるのだろう。私は無い。

私の様な能力が足りていないと自覚しつつ
それでも企業人としてそれなりの立場を確保していないと
生活そのものが成り立たないという人間には
本来多少なりともこの風潮には恐怖感を抱くところだと思う。

「やべ、この作業苦手だ……時間かかるけどまあ時間かけてでも終わらせるか」
という選択肢は、もうなくなる。
必要時間が多すぎる場合は他の人の進捗に影響が出るからとか
自分の体がもたないからとか
そういう理由でスケジュール調整の相談はあるだろう。

でももはや
そうした裁量は許されず
「時間内にはできません。申し訳ありません」
しか答えが残されないとしたら、どうだろう。私は恐ろしい。

勿論過労死するほどの長時間労働を回避できないというのは問題だが、
今の長時間労働を万事悪役に仕立てる風潮を素直に受け入れたとき
自分はきっと会社内で「仕事できないクズ」みたいなレッテルがついて
それで終わるだけだろうな、と思っている。


時間内に仕事をこなせる能力を持った人間だけが生き残り
そうではない人間は落伍者となる。

万民中流とは対極にあり
能力/成果第一主義により
労働内容による搾取と富強の格差が進んでいる欧米
失業率が決して低くは無く、
移民ひとつで職の有無の危機に瀕する状況を見れば
少し未来の自分をそこに見出すのは自然なことではないのだろうか。

皆能力があって自身があるから
そういう恐怖感とは無縁なのだろうか。



もう一つ。
「同一労働同一賃金」が話題に上がっている。
この話の全身には
「フリーライダー」という
今は死語になった言葉がある。

仕事できない中高年社員が低賃金の若者を搾取している
という状況を「タダ乗り」と称した言葉だが
これを是正するためにも
同一労働同一賃金が求められているというかんじ。


でも、
私は年を取ってから今と同じように働ける気がしない。
皆、本当に自分が年を取ったときに
若い頃と同じかそれ以上に働けると思っているのだろうか。

「年長への敬意」の歪んだ形としてのみ
生涯雇用と年功序列があった訳ではないと思う。
一定部分社会保障として機能していたはずだ。


歳をとって、
まあ順当な人間生活を送っている人なら
30、40、50で自分の子供を育てることになるだろうけれど
人間は歳をとるにつれて労働の質が確実に落ちる。
それと比例するように賃金がおちていくなら
本当に子どもを育てていけるのだろうか。

若い頃にガッツリ稼いで老後分すべて蓄えたり
もう二度と転がり落ちないような地位についてしまったりと、
前述の
「パラメータを縛られた上で仕事をこなし続けられる
一部の選ばれた能力のある人間」だけが、
こうした
「年をとっても安定した生活をできる」
という形になるのではないのか。

少なくとも私はIT屋で働いているが
20年後に、20年後らしい、
生産性が高く20年後の年齢に必要な金額を得るに見合った
そんな仕事ができるようになっているとは、思えない。
それは能力の面もあるし、
所属している企業のビジネスモデル問題もある。

ただでさえ
「長くいればそれなりに賃金が上がる」という空気の会社ではないのだ
恐らく私は20年後安アパートで
きゅうきゅうとした生活を送っているだろう。
それまでに親を養育するための費用もねん出し続けなければならない。
だから老後破産もあるかもしれない。
勿論家庭を持つこともできない。

いいたかないが、
親を養うのが終わったあと(つまり亡くなった後)で、
そのころにやっと自分のためにお金を使えるようになる
みたいな状況の人間もいる。

その未来に向かって
同一労働同一賃金は、夢の体制ではなく死の宣告でしかない。







長時間労働を悪とみる風潮の涵養は、
生産性向上をもたらす福音ではない。
ただ、生産性のいい人間だけを生き残らせる外科手術だ。

同一労働同一賃金は、
低賃金労働を払拭する夜明けではない。
ただ、生産性の低い老人を餓死させる安楽死の方法だ。


能力があるみんなにとってはそうではないのかもしれないが、
少なくとも私にとってはそうだ。


このパラダイムシフトは景気のいい時に来てほしかった。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2589-8a869e0a