FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【携帯】泥

WindowsMobileがもう終わったので
RaspberryPiで何とかならんかともがいたのですが
あれこれと環境構築に時間を取られ過ぎて、
目的のSS執筆に着手できず空白時間がそろそろ許容できない状態になったので
仕方なくもう携帯電話とタブレット両方を一気にAndroidに変えました。

二つ合わせて2万円強という糞安ペアですが使ってみた感想。

「何この安定感!」
「何このコスパ!」

私の場合モバイルデバイスに求める用途が
文章執筆なので偏っていると言えば偏っているんですが
もともとそんなに特殊なものだとは思ってないのですが…

文章の記述なんて
現代の携帯電話やタブレットデバイスのカタログスペックに書いてある処理能力なら
鼻で嗤うような作業だと、思っていたんですよ。
だってファイルサイズなんてどんなにいったって
1MByte行かないんですよ(行く場合もありますが

でも出来ないんですよ。

今迄自宅で書く以外の環境は
(私は基本家では書きませんが)

WindowsCE
ガラケー(Windwos7搭載携帯)
iPhone+iPAD
WindowsMobile+Windows8.1タブレット
RaspberryPi(時間的猶予がなく頓挫)
Android携帯+Androidタブレット

と遷移してきたわけですが
ただテキストファイルを書くだけでもかなり熟慮して選ばないといけない。

なんかひでーなっとくいかないんですよね……

CPUにもメモリにもギガとかのってて、
なんでただのプレーンテキスト1メガ程度の編集できないのか。

WindowsMobileを選択したのが本当に致命的な大ミスでした。
触ってみた経験的なところだけ言えばいい経験だったと言えなくもないですが
その間のQOLの駄々下がりったら半端なものではありませんでした。

WindowsMobileを使ったことのない人、
「スマホなんて名に選んだって大して違わんのにQOLだなんて大げさな」
って思うでしょ?
わたしもそう思ってたんです。
甘い。まじで。
あれは使った人間にしかわからない絶望感がある。
MS社に不信を抱くレベル。


で、今回生まれて初めてAndroidに触ってみることにしたというわけです。


まあ文章を書くところに戻りますと。

アンドロイドで文字を書く環境としては割とベーシックな環境に落ち着いたんじゃないかと。

「ハルナアウトライン」
「Dropbox」
「Jota+」
「Google日本語入力」

特に変な環境はないので語るべき事は無いですね。
本当はAtokにしようかと思ったんですが
今はやめときます。

全製品パスポート化されるらしいことなので
一旦その後の動向を待ちます。

また
手持ちのタブレットが、「MediaPad T2 8 Pro」(の中古)なんですが
こいつが、
ハードウェアキーボードを接続しても
ソフトウェアキーボードを画面から消すことが出来ないという欠陥を抱えている。
Androidのバージョンが一個古いためみたい。

「Google日本語入力」ではなく
別のIMEである「nicoWnnG IME」だけは、
IMEソフト側から能動的にソフトウェアキーボードを消すオプションが入っているんですが
他のものにはない。
Android側のアップデートで対応されているので
IME側で対応することはもうないでしょう。
「nicoWnnG IME」にしなかった理由は…
なんだったかな、艦橋検討中に何か問題があったからやめたんだけど
もう忘れてしまった。

Androidの事不勉強な中で環境構築したから
今もう一度見直したら「nicoWnnG IME」にするかもしれません。

まあそれにしても、「Atokお試し版」を試したところ
やっぱりソフトウェアキーボードは消せなかったので
どのみち不完全を我慢して使うのならお金を払うところでもないかなと
一旦やめました。

ただ、
Atokのサイトを閲覧していると
AtokForAndroidのpro版になると
わざわざ物理機ボードのサポートが記載されているんですよね。
もしかするとPro版は
能動的にキーボードを消すオプションが乗っかってるかもしれないのですが…
なんかそこまでこだわる気にもなれなかったので
「Google日本語入力」にしました。


SS執筆、なんて
小説の執筆とかシナリオ作成
みたいに大それたもんじゃないのですが
一応目に入ったのは、
「JotterPad」だったんですが
アウトラインの管理が気に喰わなかったのでやめました。
枝の管理はディレクトリで行うっぽいのが、あんまり。
外部連携が効くのかは確かめていません。
なんだかポートレイトで使うことが前提っぽく思えたのもやめた理由です。
(私は携帯電話にも物理キーボードを付けてランドスケープで使用しています)

タイプライタースクロールするのは魅力的だったのと
ハルナアウトラインはクラウドと直接連携できないんですが
その他の部分で「ハルナアウトライン」が圧倒的でした。

ハルナアウトラインは
今まで使ったアウトラインエディタの中で一番使いやすいかもしれない。


外部連携でJota+に連携して使っています。
Jota+はカスタマイズ性が高く
私のお気に入りの「黒バックに緑文字」にできる。
検索や置換など不足なし。

外部連携は
iPhoneやiPadで、
iTextEditorとAtokPadを連携していたのと
同じ感じでした。
アプリの切り替え時に注意しないとデグレする。

ハルナアウトラインの.holファイルを
Dropboxに保存して、
携帯電話とタブレットの間、
最終的にはデスクトップと連携しています。

Dropboxに.holファイルをいちいち保存するのだけは手間だなあって思います。
特にDropboxからローカルにエクスポートするとき
同名のファイルを上書きしてくれないし、
どうしますかとの問い合わせもなく
勝手に末尾に(n)を付けられるので
いちいち旧ファイルを削除してリネームする必要があります。
これはdropbox側のクソ仕様だなと思いました。


とりあえず、
android携帯+AndroidタブレットでSS1本かけたので、
目下このまま行こうと思います。



はあ、それにしても
WindowsMobileを脱出できたことで
非常に心穏やかになれました。
めでたしめでたしです。
急な出費はきつかったですが…。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2613-6ae4aa6d