FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「有難う〇〇(店名)」

私はすこぶる性格が悪いので
どうにも臍の曲がったモノの見方をするらしいです。


ネットが普及して
SNSでのつながりがいろんな場所で喧伝されるようになって
「拡散」という言葉がすっかり市民権を得たうえで
更に死語にまでなりそうなくらいな昨今ですが

SNS拡散する情報の鉄板ネタに
お店の閉店情報がありますね。
SNSの普及以前からそうであったとは思うんですが
他の色んな情報同様加速してる感じがします。

「好きだったんだけどなあ、有難う〇〇(店名)!」
とか
「青春を思い出します。閉店は残念です」
など
まあ紋切型の言葉と共に拡散されていきます。

私もいい年ですから
お気に入りのお店がなくなってしまうなんてこともよくありました。
その時には私は決まって
「ありがとう」なんて言葉を口にする気にはなれませんでした。

「跡取りがいないとか、移転ならいいんだけど……
 経営悪化だったら嫌だな。もっと来てあげればよかったな」

勿論自分一人が足しげく通ったからって
そのお店の経営が上向くなんてことはないんでしょうけれど
私はいつもお店の閉店を見ると罪悪感というか後ろめたさの方が勝っていました。
今もそうですね。


閉店情報がBUZZっていたりすると
性格がひねくれている私は
何だかひどく腹立たしく思うのです。

「残念だとか大好きだったとかいうなら、
 それよりももう少しお金を落としてあげればよかったとか思わないのかなあ
 後ろめたさとかないんだろうか」

重ねるようですが、
別にお前ら一人一人が行けば店はなくならなかったなんて
牧歌的なハッピーエンドを望んでいるわけではないんですが
やっぱり何だか
そのBUZZをみてると腹立たしくなってしまう。

結局、
閉店っていうイベントをダシにして
好きなもの自己紹介で
仲良しの輪を広げたいだけなんじゃないの?
同情ポーズ見せて繋がって気持ちよくなりたいだけなんじゃないの?
なんて。

閉店情報のBUZZを見ると
必死に「経営悪化が原因ではない」という記述を探してしまう。
でも結局それも見つからないことが結構あって
「なくなるイベントに群がってるだけで中はどうでもいい」
が浮き彫りになってしまったりして
もっと嫌な気分を感じてしまう。

もし経営悪化だってわかってしまったら
お店の人はこういう言葉がBUZZっているのを見てどう思うだろう。
私だったら「好きって口で言うだけで店には来ない人たち…」って思う気がする。
そう思った上で更にうまく経営できなかったことに自己嫌悪するだろう。
その気分を想像すると、そのBUZZに乗る気にはとてもなれない。



まあ、性格の悪い人間の感じ方ですから、
一笑に付して無視して下さい。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2619-ab522d24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。