FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

Windows環境でタッチパッドT651を使う

Windowsタブレットのタッチスクリーンって操作しにくいと思います(断言)

マウス付いてりゃいいんですけど
個人的に最近タッチパッドが魅力的でして。

「なんでタブレットでわざわざタッチパッド」
っていうのはもはやただの使い心地の趣味なので
ああだこおだと言うつもりはないです。


Windows用の無線のタッチパッドって
青歯だとキーボードと一体になったこういう奴
しかないんですよね。
普通の四角い板だけをマウスの代わりにするような奴で
キーボードと独立してるのは殆ど無くて、
あっても全部電波無線で要ドングル。

タブレットのUSBポートは貴重な資源であります。
場合によっては給電を要するので塞がりますし
そんなものの対応のためにUSBハブぶら下げるのも美しくありません。
お前の美学とかどうでもいい

とにかく
Windows環境では青歯接続のタッチパッド独立のデバイスというのが無い。
何故だ、本当に解せない。

でタイトルの通り
T651というロジクール製のタッチパッドがあるんですがこれはMac用です。
T650というのがWindows用なんですが例に漏れずドングルが必要なのでイヤ。
何故青歯にしなかったのだ…というか共用にしてよう。

Mac用の青歯タッチパッドをWinにペアリングするとどうなるかっていうと
・タップでの左クリック
・ホールドでの右クリック
・二本指スライドでのスクロール
は出来るのですが

ドラッグが出来ない。

のです。

T651って結構昔のデバイスなので安値で投げ売りされてるので
たまに2000円台とかで買えルみたいです、私は2800円くらいで売ってたのを買いました。
Amazonではいつの間にか無くなってますね…ヤフオクだと4000円弱でしょうか。

Macにつなげば4点タッチとか非常にリッチな機能にありつけるというのに
これは悲しい。せめてドラッグくらい出来れば十分なんですけど。

まあタブレットなので
ドラッグが必要なシーンではタッチスクリーンで済ませばいいし
最初はそう割り切ってました。
でもやっぱりタッチパネルだと操作性が悪い。
ウィンドウの大きさを変えたいときとかイライラします。
そろそろ私も老人力高めです。


何よりですね、
T651の表面すべすべで気持ちいいのでこっちでやりたい
ってなります。

一応蛇足に付け足しておきますと、
キーを打ってて誤操作してハンマーでブチ割りたくなる
ノーパソのアレとは本当にさわり心地が全然違うんです。
一緒にすると地獄に落とされるレベルです。

ついでに言うと職場貸与のノートPCではセキュリティ云々とか言って
メーカー提供のドライバをDL出来ず、
タッチパッドをオフに出来ないことがあって殺意倍増。お前が地獄に落ちろ。

T651(おそらくはT650も、本家のMagicTrackpadもそうなんでしょう)の表面、
マジですべすべで気持ちいい。

巨乳キャラでおっぱいマウスパッドがあるんだから
貧乳キャラやショタキャラでおっぱいトラックパッドがあってもいいだろ

って位触ってて気持ちいいです。すべすべ。
操作してるだけで気分よくなれます。

キーボードと独立なので好きな場所におけるので使わなければ横に放り出してもいいし
右に置いても真ん中においても
タブレットならキーボードの奥側においてもいい。

このさわり心地のためにマウスもトラックボールも止めていいって思えます。



で、
ダメ元でロジクールさんのところ見に行ったけど
やっぱりMac用のドライバしかないですね。

ダメ元で
「MacのCampfire上のWindowsでMacのMagicTrackpadを使うためのドライバ」
を示すiniファイルを取り出して
「T651のドライバとして読み込ませる」
という暴挙
にでてみたのですが
Windowsが落ちてしまうだけでした。

ダメと言えば当たり前にダメダメなんですけど、
まさかマウスドライバに変なもん突っ込んだだけで
OSが何の警告表示もなくあの懐かしい感じでスコンと落ちる
とは思ってませんでした。


というわけで次の方法を探ります。

マウスユーティリティジャンルのフリーソフトで
例えば
トリプルクリックをしたらドラッグホールドをボタン押下無しで続けてくれる
ようなマウス支援機能を持ったものが無いかなあ、
なんて探しましたが
そんな都合のいいもんはありませんでした。

作れって話ですか? 御免ですね。




ので次の手次の手となって落ち着いたのが
キーボードでマウスを操作する系のアプリでホットキー切替が効くモノ
でした。

右左クリックを特定のキーに割り当てておいて普段は不使用
ドラッグが必要になったらホットキー起動して
特定のキーでマウスのキーを代用しようということです。

これを入れるとタッチパッドをデバイスとして用意する必要そのものがなくなる
んですが、
既にT651を使うこと自体が目的化しているのでもはやどうでもいいです。

さて
この手のあぷりは結構あるような気がするので何でもいいんですけど。
私は適当に見つかったKBMouseというフリーソフトを使わせて貰いました。

常駐するんですがまあいいかな。
個人的に全く有効活用できていない「カナ切替キー」
(SPキーの右の、いつの間にか誤爆して入力モード訳わからなくなって殺したくなるキー
こいつは一体何に使うのだという位使わない)
に有効/無効切替を割り当てて、
マウス左右ボタンのクリック以外は使わないんで
他のマッピングは全部外します。付けといてもいいと思うんですが。

不適合トラックパッドを無理に使うために発見したアプリなんですけど
普通に有用なアプリに見えます。かなり色々設定できますねこれ。

それはさておき
これでドラッグが必要なときにはカナ切替キーを押して、
クリックにマッピングしたキーを押しながら
トラックパッドをすーと動かせばドラッグできます。

どうせトラックパッドなんて両手では触らないので
左手はキーボードに置き去り前提で構わないと思ってます。


このアプリにはスタートアップ登録の機能もあるんですが
Windows様から
VC++のDLLがねーよクソが
って怒られました。

スタートアップくらい
ただ実行ファイルのショトカを自分で突っ込めばいいんですが
何故かムキになってVC++ランタイムを入れてしまいました。
反省しています。




とりあえず、これでWindowsタブレットでT651を不足機能無く使えそうです。
タブレットならタッチスクリーンで逃げれますけど
もしタッチ機能の無いデスクトップでこのトラックパッドを使う場合には
同じ方法で妥協もアリかなと思います。
でも悪いこと言わないんで
デスクトップならT651でなくT650買って下さい。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/2628-5953a378