FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【忘年会】身内ver

いろいろと疲れて(肉体的に)更新時に記事にしていませんでしたが
いい加減時期が過ぎて仕舞う前に描いてしまおうと思います。

去る土曜日、大學時代の友人で集まって忘年会を行いました。

19:00に新宿南口集合
集まったのは8名。
どうやら黒豚の美味しいお店の予定らしい。

幹事はまだ仕事らしく遅れている。
セキュリティのきついデータセンターに入っているらしく
携帯は昼から取り上げられているとのことで連絡は取れない。


「予約?どうやら取れない店らしいよ?
 昼前に音信不通になるって連絡あってからぷっつり」





えっ?
この忘年会シーズンにノープランですか!?






因みに幹事の人は、そういうことを放り投げるタイプの奴ではない。
面倒くさいだのといいながらきっちりとこなすんだが……今回ばかりは失敗したなw

幹事とは後から合流と言うことにして他の店を探すことに。


「このシーズンに正攻法じゃ8人は入れないわなあ……。
 セールスマン的飛び込みで探すかー。」


結局は一発目の店で席があって入れてしまったわけだが。
その実態は、以下。



最初に目についたビルに入って

「上から適当に攻めて……」
「これやばくね?」
「いいっていいって」

あんまり人の群がっていないビル。
7名ぞろぞろ入っていきます。

エレベーターで一緒に乗った知らない人方は1つ下のフロアで降りる。
その扉にかいま見えた光景が


「……1つ下のフロアでこれかw」
「やばいかもなww」
「財布は大丈夫か?」


で、最上階に着いてしまう。


高級料理店にありがちな、小さなカウンターがあつらえてあり、
女性二人がお出迎え。

私と一人を除いた他のメンツは戦々恐々としているが……
私はその時点で諦めた。

(財布のことは諦めた。むしろ入ったのも「縁」と思って、美味しいものを堪能して帰ろう)

エレベータを下りて7名であることを告げると

「ただいま席をご用意いたしますので少々お待ち下さい」



「えっと、トクシュウキン…?よめねえ」
看板に書いてある漢字がまず読めない。
普通に左から読んでいた時点で間違い。
看板に書いてあったのは右から読む仕様。

ここ

北京ダックのお店でした。




ということで、つかつかと進んでいく。



ええ、どう見てもカジュアルファッションではいる店じゃないんですけど
現時点で居る7名全員超カジュアル。
それもいいカジュアルではなくて、どちらかと言えば学生風味な安っぽい。
一名ワイシャツをこざっぱりと決めてたので、100歩退いても許せる出で立ちは彼くらいか。
私?
長袖TシャツにGジャン。
……笑えよ。

出る前にジャケット+綿パンにするか迷って結局こっちを選んだ私の負け。
(二択になると必ず負けるパッシブ能力)





個室に通される。

「もう肝据えようぜーw」

さっさと席に座る私。
既に阿呆。






メニューの値段を見て腰が引けてる一同を尻目に、
同じく肝を決めた一名が、がんがん頼む。
いいぜ、その調子だ。
やっぱこういう店に来たら斑目プレイ(値段を見ない)だよな。
それに便乗。

…バカ。
私明らかにバカ。
来る前に超久しぶりにバーチャロン4thやって気分昂ぶってるからって。





結論から言いますと
思ったほど高くなく、美味しい。

いや、安い店じゃないですけどね。


お酒系は、割と手頃な値段からあって少し驚いた。
それでも安酒とはいかない美味しいお酒で、食も進む。

基本的に飲み会と言っても
ワタミとかそんなところにしか行かないような貧相な私の舌には
そこで出てくる食べ物は全て
とてつもなく美味しいものでした。



北京ダック
スープ
点心
デザート

あといっこ、実は最初に変わり種の


これ


あんまり美味しくはなかったけど
1つくらいはネタを。


店に着いてから30分強で幹事合流。




「ずいぶんいい店選んだね」



実はこいつが一番金持ち。
彼からすればこの位の店の方が食べ応えはあるかも知れない。





仕事の近況や来年のことなどを話しながら
賑々しく1次会終了。


「しばらく何喰ってもまずいな……」
とかいいながら。




一人12000円ほど。

正直2万前後は覚悟してた(こういう店の相場が解る人間ではないので)が
思ったほどいかなくて財布も保った。
保たなかったらカード……。








二次会は朝までカラオケ。

「何か頼む?」
「今なら何食べても残飯と同じだぜ?」

私はカラオケで一人で履歴縛り。
やたらめったら「創聖のアクエリオン」が履歴に入っているのには驚いた。
ページをめくるとぽんぽん出てくる。

まあ、この曲がいいなんて、何を今更、といった感じだが。

フリータイムで入ったので一人3000円。








忘年会で朝まで遊んで15000円ならまあ、年に一回くらい許せるかな。


因みにカラオケ代は幹事の彼が出してくれました。
ごちそうさまです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/661-611bc8d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。