FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【島みやえい子】ひかりなでしこをちゃんと聞く。

と言うわけで、
帰宅後
CDをプレイヤーにいれてヘッドフォンできちんと聴きました。

予測通り
scheherazadeは好みの曲でした。
ああいう、あらびあーん、な曲、好きです。

シェヘラザードだと思ったら
歌でシャハラザードって言ってましたね。
この単語を覚えたのは
天空のエスカフローネ」に登場するマシンの名前でした。
こちらはシェラザードとなっていましたね。
あっちの言葉は英語以上に
日本語に置き換えるときに誤差が生じるようです。


話を戻しますと。
今回のCDでは
作曲そのものがえーこセンセではない歌は
奈落の花
の一曲のみで
歌のないCDの導入用の曲「Introduction」を除けば、
「奈落の花」以外の11曲全てが彼女の楽曲となっています。
編曲は他の人がしているようですが。
ぶっちゃけここまでなら
I've色を排除して島みやCDとして出してもよかったんじゃないかと。
奈落の花以外にはアレンジとしてしか参加していないというのに
でかでかとI'veのロゴがあったのは、
I've自体嫌いではないのに、少し辟易としてしまった。

I'veが入るなら、
中沢伴行+島みやえい子がかなり好きξので、
奈落の花以外にそんな楽曲をいれて欲しかった。

そんなわけで、
ほぼ名実共に、
シンガーソングライターとしての島みやえい子のCD
と言える1枚になっていました。

13曲中1曲が歌無し(Introduction)
残り12曲中6曲は既に他のCDなどで手元にある曲。
・ひかりなでしこ
・ATLANTE
・観覧車
・scheherazade
・あすなろの木
・ハルミチル
が初めて音源をてにした曲になります。

また
・青い果実
については
アレンジが、既存のCD「青い果実」に収録されたものとは違うので
これも加えてもいいかもしれません。
前のオリジナルバージョンの方が好きですが。
曲調があまり変わってない割りには
単に余計なものが加わった感じがします。


今回新しく耳にした曲で
音楽が一番好きだったのは「scheherazade」
歌詞が一番好きなのが「観覧車」
「ひかりなでしこ」はハイアベレージで。
今回のCDのベスト3はこの3曲です。
既知の曲をいれるとこうではないですが、とりあえず。

既知の曲について言及すると、
「ひぐらし」などから入ったファンの人に
「十四の月」あたりの曲を提示している点で、
このCDは価値があると思う。
ホラー?以外の歌がこそいいのだと
知ってもらえたらいいなあ。
とりあえず男の私がいいなと思うのは置いておくとして、
個人的な見解から言えば
女性の方が共感しやすい歌詞が多いんじゃないかと思う。
「ひぐらし」あたりばかりをとっかかりとしていると
女性の耳に入る機会が少ないんじゃないだろうか。
えーこセンセもライブで漏らしていたとおり
女性にも聞いて貰いたい曲が多い。

好きなのか嫌いなのかは、男の私には解りませんが。


さ、
次は運命の輪。
例によって、試聴可能なのにまだ試聴すらしていません。
映画の前売りチケットに付属していたショートバージョンと
アレンジが違うというアコギなやり方だけはしていて欲しくないなw

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/748-e9b50c87