FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【自分】結局自己矛盾を拭えない愚鈍な私

3れんキュー。

なにしてようかなー。
こっからは自分のストレス発散に書いただけです。
スルーでおk










人種が違うって、痛感した。



結局、普通の人とつきあおうと努力しても
根本的な部分で違って
齟齬が生じる。

努力そのものは否定しない。
自画自賛するつもりではないが
するべきだとは思うし、
自分は割とがんばったつもりだった。

けど、結局究極的には無理なんだな。

引きこもり系オタクは
大人しく引きこもってれば良かったんだ。

まあそんなことは
薄々感じてたけど。





で、
極力

自分がやられて嫌なことはしないように。

自分が人にさせたことが
もし自分に降り懸かってきたときには甘んじてやるように。

人間関係とはそうあるべきだと思うし
そうやって生きてきたつもりだけど

結局自分はそれを出来てなかった。





ある二人がしていることを笑ってみていた。
二人は周りに言われてやっているわけではなく
二人の間のノリでそれをやっている。
嫌だと思いながらやっているようには見えない。

それを私は笑ってみていたのに

それが自分に降り懸かってきたら
本気で怖くなって動けなくなってしまった。
身を縮こめて、むしろ泣く寸前。
(人に何かされた恐怖で泣きそうになるなんて、
 もう一生無いと思っていたが…w)

しかしこれは、
前述の「自分がさせたことを~」に反してる。
確かに私が周りにそれをさせたわけではない。
でも
私はそれを笑ってみていたんだ。

たとえば虐めの現場で
黙認している奴はやっているのと同罪だと思う。
だから

私は自分で自分に反駁できる。
「お前は人にさせていたことを自分でやらない卑怯者だ。
 それを嫌だと思うお前は臆病者だ。」
と。

二人と周りは好きでノリでやってるのだから気にするな、
自分が嫌だと思うことを、周りがやる(やらせる)のが悪い。
と自分に言いきかせたつもりだが。


それは
お酒の飲め(ま)ない人に
「何で飲まないのよ?」
みたいに言うのとて同じこと。
強くはないまでも私はそれを口に出したことはあるし
思っているだけなら数知れない。

結局私は利己的になるまいと必死に足掻きながら
この上なく利己的にしか動けない人間なんだ。

後から考えると
自分が本当に矮小で、
そうわかっていながらも
その場では何も出来ずに動けずにいた自分がもっと情けなくて、
また泣きそうになった。








でも多分、あのノリには私はついて行けない。
ついて行こうとさえ思えない。

根っから社交的な人は
将来的目標的にはそれが出来るようになろうとするかも知れない。
だが私はなろうと思うどころか嫌悪感さえ感じた。

だから、あの場で、こう思ったからには
次はあの輪には参加できない。

自分(存在ではなく意思)など消えてしまえばいい。
そうすれば周りに流されて何でもして
その場の空気を澱すこともない。

自分を棚に上げて嫌だと思う自分が、自分を維持しようとするから
場を悪くして、場にいる人の気分も害する。
私はその場には居ない方が、いい。




一人は嫌なのに
やっぱり一人の方が気が楽なのか……?



私自身が既に破綻している。
何処に行けばいいんだろう。





しばらく家から出たくないな……。

この記事へのコメント

なにがあったのw

(´・ω・`)
我侭でもいいじゃない、道民だもの。
でっかいやきそば弁当でも食って道イオン補給して<s>開き直れ</s>元気だせ。
//数人でカラオケ入っても何一つ歌わずに過ごしてる自分は腹を切って死ぬべきであるー

演じてる自分に嫌気が差すのはわかるわー。
うわべのうわべのうわべ!

元気出して。
あんまり考え込んで発狂すると戻れなくなるかもよ、東京のブツブツ言って歩いている人の仲間入りになっちゃうかもよ。
楽しいこと考えようぜ、人のことは言えないが(^ー^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

色々あったんですが結局自分の問題なので。
誰も悪くないし私(の性質)が悪いだけです。
よく「鬱じゃね?w」みたいに聞かれますが
自分を客観視したときに
平然としていられないという感じでして。
ちがうんだよ!←中2的発音(意味的にも)で

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/935-06f0c797