FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【うらごえ】喉潰し法はダメだろ…

裏声のことをきちんとネットなどで調べたことがなかったので
調べてみた。


なんか色々種類があるようですが
結局自分がやってるのがなんなのかは不明ー。

でも喉に力入れてやってるから
いいものじゃないのは確定したww

お腹に力入れたって声かわんねーよ…… orz




少し関係のない話。

喉を潰して治すと声域が広がっているという
(素人にうよる伝聞を含む)記述がちらほら僅かにあった。

これ以降割と長くつらつら書きますけど
つまり
「え、コレって笑い飛ばすジョークだと思って他のに
 マジで思ってる人居るのか」
ってショックを受けたからです。

ちゃんと否定する記述も多々あるので
色々と大丈夫だとは思うのですが。


絶対しない方がいいとおもう……。

高音だったら裏声が手っ取り早いってw
みんな、裏声使おうZE!




すんません。

話題を戻し。
あれって
練習がかさんでそう言う結果が偶然出来たために形成された
ただの都市伝説だよな?
(つまり、潰したことに夜のではなくて、
潰すほど練習したことによる、声域の拡大、
の曲解)

「喉が枯れる」程度に「限界付近の練習をする・限界を知る」
だったらまだ解るけど
経験上、一度潰れたら
ぱっと見(聞)地声では治ったように聞こえても
特に声の制御力がガタ落ちになります。
また、今まで出せていた声に妙なノイズが混じるようになったりする場合があります。

喘息の発作で咳き込みまくって、
一度喉を潰してからと言うものの、
それ以降は
・裏声を使った場合の声域が1~2音程度下がった
 地声はちゃんと比較してないけど、
 タブン変わってないか下がった。
・地声と裏声の境界付近、裏声寄りの部分で
 ノイズが入るようになり、
 転換点が目立つ・転換点付近の声量が出ない状態になった
・声の制御がきかなくなった
 (音階の調節・音量の調節・声を波打たせる奴(ビブラート?)など)
・鼻の奥、喉と鼻の穴の分岐点付近、鼻側に堅い痰が溜まりやすくなった
と、悪いことづくめ。

喘息の発作が出たのが2年か3年前で、
1年くらいは酷く声が制御できなかったし
更に今でも苦労する音が残ってしまっていますし
ノイズが除去できてません。

喘息で潰すのと、使い潰すのは違うと想いますが
後遺症のリスクを考えるといい方法ではないと思います……。

それがまことしやかに言われているというのは
どれだけ藁をも掴む状態なんだか。


ま、
私のはただの裏声であって
地声を高くするという声ではないので何とも言えませんが。



あと
男の人が高音のを練習する目標として
水樹奈々の歌を歌いたい」っていう内容が多くて
マジで吹いたw
どんだけ信者いるんだw

水樹奈々の曲って
個人的にあまりHITしないんですけど
BRAVE PHOENIX」辺りがスキでたまに歌いますが
(あとは「Heart-shaped chant」「Dancing in the velvet moon」を練習中。)
一応、高いなとはおもいながらも、
音自体は(それなりの声量を伴って)でる。

今、歌いたいのに声でなくて悔しいのは
SoundHorizon」と「志方あきこ」。
コレも練習はしますけど、喉潰す方法はやらないでしょうねえ……。

適当に何度も歌って出そうと試みていると
その内捻る出せるようになるのでそこから今度は負担を下げる方へ。
出ない声を出そうとするにはそれで十分です。

喉を潰さなくても
SoundHorizonの「ARK」(0:09付近のメロのTOP2音がギリギリすぎる)
黒の預言書」(1:12付近のTOP2音位がギリギリすぎる)
志方あきこの「花帰葬」が、
ちゃんと練習しようと思えるくらいにまででるようになりました。
→声が出る出ないはとりあえずクリアしたので
 声の出し方とか歌い方と言った制御を練習したい。

先の記事で書いた
ねこ巫女れいむ」の一番高いところも
音だけで言えば、とりあえず難なくでます。

喉潰し法なんてやらなくても、
水樹奈々の歌は歌えます。
(例に挙げた三曲にくらべれば低いことが多いので、と言う意味で。)

今の私の声が
(ある程度の実質と、
男が出しているという時点での、ある程度の先入観によって)
キモ系の声なのはよーく別ってますが

じゃあ潰せば綺麗になるかって言うと
絶対ならねえw

なので、それはやらない方がいいと思います。

この記事へのコメント

>喉を潰して声域拡張
1回倒されると強くなれるサイヤ人思い出した
これがゲーム脳の恐ろしさか・・・(違)
ちゃんとした発声練習で人類皆ソプラニスタになって欲しいものですな。

サイヤ喉と呼ぼうwww

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monostation.blog112.fc2.com/tb.php/986-2992af50