FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

リサイクルショップでインセンス

うちの近くには街中にしては
比較的大きなリサイクルショップがあります。
リサイクルショップって得てしてでかいもんですけど。

二階建てで、二階は服飾系ばかり。
最近はやんちゃな服も余り着なくなったので、
季節の変わり目に、2000円程度の古着を2、3点買います。

そのリサイクルショップで
上記の通り服や楽器の関連、家具、色んなものを買っているのですが
その中で
「ちょっと変わった使い方をしてるかも知れないな」
という買い物があります。

お香です。




私は基本的に家で文章を書くことはないんですが、
最後の追い込みをしたりどうにもしめきにりに間に合いそうにない場合は
家の近くの喫茶店は22時で閉まってしまうので
仕方なく家でやります。

そのときは
アンビエントやらミニマルやらな曲を
敢えて遠くに置いたモノラルのスピーカー
(一昨年の会社の社員イベントで貰ったこれ)
から流しながら作業します。すげえいいもの貰ったのに何と非道い使い道か。

BGM音声って、
ステレオでいい音で流すとなんだか自己主張が強くて
環境音になってくれないんですよね。

環境音楽は、経験上、絶対モノラルがいいと思います。
ある程度音が平面的になってくれる方が、気分が落ち着きます。
それまでは適当なスピーカーをモノラル変換したりしてたんですが
いいものを貰ったので活用させて貰っています。
ありがとうございます(誰に言っている

このスピーカーは高いだけあって、なんだか流石と言いますか
モノラルで兵站にのされた音なのに、それでもぶ厚い音がします。

音自体にBOSEらしい色づけがしてあって、低音が強くなっている感じはありますね。
モノラルらしい平面な音は、非常にBGM感でてよいです。
作業中には離れた場所においていますが、出来れば天井から吊したいです。


話がずれました。
音楽以外に、作業に施しているモノが幾つかあって

・マキネッタでつくった雑なカフェオレ
・タバコ(キセルやパイプは灰落としがなく作業の邪魔にならなくていいですよ)
それに

・お香

です。

これら三つのウチ
何もしないが5
カフェオレが3
タバコ1
お香1
位の感じで
気分転換と作業続行を自分に強いています。
意志力が弱いので家でなんとか作業を続けるのに必死なのです。


で、このお香なんですけど
私は何のこだわりもなくて
火を付けて、香りが漂ってて
しばらくするとそれがなくなってくれれば
何でもいいって感じです。
ホントに好きな人には怒られるんでしょうけど。

なので、
敢えてわざわざどこかの高いお香を決めて買うとか
そういうことはしていません。

そこでリサイクルショップなんです。

リサイクルショップの
「マジでゴミばっかりどかどかと詰め込まれているようなコーナー」
にはたまに
フレグランスが固まっておいてあります。
そこには多分使い道に困ったお香やアロマオイルが
ドカドカと投げられていて
100円とか、こないだ買ったのは80円とか。

リサイクルショップにあるそう言うのって
湿気てて使えないとかありそうですけど
今のところそんなモノに当たったことはありません。
1パッケージに別のも一緒にぶち込まれてて倍の容量だったこともあります。
本当にゴミを売っている感じです。
でも使えるものとして手に入るのが、なんだか楽しいですね。

気分はPCのジャンクパーツあさりです。
どうせ安いしゴミのつもりで持って帰ってしまおうみたいな。
元々ゴミ程度のもので事足りる用途なのでそれでいいんです。
上記の通り、
そんなに頻繁には使いませんからそれで十分なんですよね。

何の香りが手に入るかわからないし、
買ってきてもパッケージに香りが欠いてなかったり
アソートタイプでは中がしっちゃかめっちゃかになってて
香りを示す文字がどの線香を指してるのかわからないこともあります。

そんなのも含めて、結構楽しいです。


とりとめも無く終わり。

普通の青歯モバイルキーボードを、モバイル左右分離キーボード(青歯)にした話

これは余計な話なんですが
東方蛍光祭っていう同人イベントが一昨年と去年とあって、
それぞれのイベントで文庫本三冊分くらい相当のSSを頒布しました。

一回目でそれまでで最長の文量を書いて
二回目でまたそれを少し増す量を書いて。

これがどんなもんなのかと言うのかはよくわかりませんけど
故あって記録をしていた期間の平均で言うと
書いている一日はsjis換算で10~30KByte位(気分と場面でブレ)だったようです。

勿論それは毎日ではなくちゃんと書いていた土日だけ、
平日はせいぜい5Kbyteとかだったと思うので、
常にその速度だったわけではありません。

まあ速さがどうだということはこの際どうでもいいんですが
何が言いたいかというと

「ちまたで言う文字入力による肩こりってこれか!」

ってことです。

私ももう若くありませんし加齢もあるのでしょうけど
そんな文量を書いたのも初めてなモノで
一回目は寝てる姿勢が悪いのかとか思ってたんですが
明らかに件の原稿をやっているときに悪化するので
ああ、これが噂に聞く奴なのか…と変に感心していました。

なんかスイッチが入ってしまったらしく、
痛みは治まることなく今も薄らぎながらも続いており
確かに土日に文章でも書こうかなと遊んでいると悪化するようになってしまいました。

ちなみにCGやっててもなります。地獄か。



その間ずっと使っていたのは3Eの3E-BKY1
モバイルキーボードとしてかなりいい品質だと思っています。

私は自宅でSS書けないので
文字打ちに使えるのは外に持って行けるキーボードに限られます。

実は自宅のPCはFILCOのマジェスタッチで
これももう10年くらい使ってて
キートップが殆ど亡くなっちゃってるんですけど
こいつでSSを書いたことはありません。
意志力がダニレベルなので、家で書けないんですね。雑魚。

前述の3Eのモバイルキーボードの方も
もう何年も使っているんですが
殆ど充電をした記憶がありません、かなり電池が持ちます。
キータッチもパンタグラフにしてはいいし
サイズもよいし、造りも堅牢でバックライトもある。
何より縦6段キーボードは
私はカタカナローマ字変換にFキー多用するので本当にありがたい。
縦6段のモバイルキーボードって他にないんじゃないかなあ…

キーボードの縦の段数はモバイルや小型キーボードを語る上で
余り注目されないパラメータだけど使い心地には驚異の影響する。
なんせキーの数が2桁違うんですからね。
スペック表にキー数は表示されますが、余り言及されないポイントだと思います。


その他変わったことと言えば
アプリケーションキーがないので
Shift+F10とか言う奇妙なショートカットに慣れたことでしょうか。
英字配列に文句を言う人もいるようですが私は気になりませんでした。
デバイス側で設定すればアンダースコア含めて印字通りの入力になります。

こいつがあるせいで、
「2in1PCなんてどうせしょぼいキー付いてるだけでしょ、
 イランからタブレットとして売ってくれ」

とか思ってしまうようになりました。

ちょっと話を盛っている感はありますが
こいつは素直にお勧めできます。



さて、こんなお気に入りのモバイルキーボードがあるというのに
こいつもやはりキーボードの宿命には勝てませんでした。

私の首肩を攻撃してくるようになったのです。
愛しの妻に愛想を尽かされたあげく罵られる気分ってこんな感じでしょうか。
多分違いますね。


そんなことを言ってても仕方が無いので
私は噂の「左右分離キーボード」をチェックし始めます。
奇しくもBAROCCOの日本語配列が店頭に並んで程なくしてからのことで

「こ、これが私を救ってくれるのか…タケエ

と震えておりました。
左右分離で有効そうな現行機が他に見当たらないので
ボーナスが入ったら買おうかなとか妄想ばかりして買わずにいたんですけど
ある日気付いたんです。

「こいつ、有線接続じゃん
 タブレットに(わざわざ変換かハブ噛ませないと)付かねえ
 勢いで買わなくてよかった…」

大体、
喫茶店とか外でSS書くのに、
毎回こんなモノを鞄から出している奴がいたら
私は「なにイキってんだこいつキモ」
って思う
と考え、もはや買う意欲を失いました。



買う意欲を失ったはいいんですけど肩は治るわけでもないので
モバイルキーボードで左右分離のモノは無いのか
と探すも
ないんですねこれ。

へー、ないのか。

こないだWindows用のタッチパッドもないってなったばかりです。

これもないのかよ。おかしいだろ。
なんで無いの?私なんか変な要求してる?
してると思います。


というわけで
既存のモバイルキーボードを改造することを考えました。
既存のモバイルキーボードはだいたい二つ折りで
真ん中を折ったり曲げたりしても平気な配線で接続しているようで

早い話が
そこをぶった切って自分でリケーブルすればいい訳です。
電子工作の知識なんか無くったって出来るだろうと思ったんですよね。

で、犠牲になってもらえそうなキーボードを探していると
おあつらえ向きな子を見つけました。

BSKBB14
なんと最初からケーブルが切ってある!
携行時は折りたたむのではなく分離して
使用するときに左右を連結させるという変態仕様です。

正直最初これ見たとき
「分離で無線なキーボードあるんじゃん、しかも安いわ」
って思ったんですけど
分離状態だと機能せず合体しないとまともに戦えないって言う
変形合体ロボのロマンのイランところまで再現してくれています。
分離すると左側しか使えないんですね~かわいい~

バッファロー、なんでこんなんつくろうとおもったんだ。

恐らくモバイルキーボードの黎明期に
折りたたみキーボードがまだ弱かった頃の産物なんだろうと思います。
折るからもろくなるなら、分けておく仕様の方がきっと頑丈だろうと。

実際、かなり頑丈です。
今ではダサいと言われそうな角の立つカチッとしたフォルムで
分離格納時に表面に出てくる化粧板はかなり剛性がありそうですし
引っ掻き耐性もありそう。

左右連結させるのに金属棒のアンカー伸ばすって
どんだけかっこいいんだよ、無駄に。

挙げ句の果てにスマホのスタンドまでキーボード内に格納するって
ってもう何かロマン詰め込みすぎて変態過ぎますよね。

で、このキーボードの左右の結線方法が、
スプリングコネクタって
秋月とかAITENDOとか言っても規格化パーツとして売ってないようなモノなんですけど
「とりあえず接触してればOKっしょ?」
っていう乱暴な(でもFFCなんかに比べれば余程頑強)ものなので
「ああ、これはリケーブルすればきっと使えるな」
と確信に至ったわけです。

中を開けてみると、キーを受け取った
電導性塗布されたプラ板みたいなのをケーブルに収束して、
1.5mmピッチのスプリングコネクタの並んだ基板にコネクトされていました。
ピン数は上記の画像を見ての通り、14。
baroccoはUSBケーブルで左右をつなぐようなんですが
このままリケーブルするにはUSBではピン数が足りないので諦めました。

この基板をもいで、
スプリングコネクタを出すのではなくて
標準2.54mmピッチに変換してからピンヘッダを付け、
左右の接続は標準ピッチなフラットケーブルにしようと考えました。
これならピン数は自由です。

で、実際にやってみました。
DjR5YbGU0AISy2a.jpg

普通の標準ピッチのフラットケーブルで接続して
機能することが確認され、
後はこのまま基板を納める方法を考えて
納めてしまえばできあがり。

と言ったところで、
半田ごてを重要な部分に落としてしまって壊しました。

上述の電導性を持ったプラ板を焼いてしまい、
ちょっと私の力では復旧できそうにありませんでした。
完成目前にして水泡です。
その瞬間泣きそうになりましたね。


ってなことをそういうのに詳しい友人に話したところ
「なんとかするから送れ」
との神発言です。

なんか一週間もせずにパワーアップして送り返されてきました。

画像
ケーブルまでスマートになっている…。
あと民家に隣接する店舗の駐車場とかに張ってある
「お静かに」の画像を更に豆柴に魔改造したデカールが張ってある。


「SCSI機器内部接続用のケーブルでレアアイテムだから」
みたいなことを言っていた気がするけど私にはよくわかりません。

先の記事で調整したタッチパッドを間に挟んで、
タブレットはアームで目の高さ辺りに吊っています。
IMG_20180822_220540.jpg

近い、近いぞ。
人をダメにするSS書き環境が整う日が近い。
後はヘッドレストの付いた椅子を用意して、
浅く腰掛けて少し上を見るような姿勢でだらりと文字を打てる
車椅子の未来宇宙な気分で作業できるようにすれば
流石にそこまですれば家でSSが書けるはずだ。


自己弁護のつもりではないんですが
私もあそこで半田ごて落とさなければ作れたと思うのと、
一個成功すれば今度は
2.54標準ピッチではなく1.27ハーフピッチのピンヘッドにして
フラットケーブルではなく各ケーブルを収束したモノにすれば
もう少しマシに出来ると思っています。
実は破損したタイミングで素材をもう一つ手元に確保してある。

というわけで友人に作って貰ったこれが破損しても
もう一台後備えがある状態になっています。

しかし友人曰く
「最近青歯ユニット簡単に手に入るし
その気になれば好きなキーボードぶった切って作れるから
お気に入りの子(※)をリョナりたくなったら相談しろ」
と神のような言葉を頂いております。
この友人マジで何でも出来るんだよな…。
※キーボードのことです





で、出来上がったキーボードなんですけど
まあキーボードが好きな人とかは見て直ぐにわかったと思うんですが
キーの配置まで変態です。

画像
IMG_20180822_220626.jpgIMG_20180822_235756.jpg

左Altと左ctrlの詰め込み方が、ゴミクソです。

あと本来ホームポジションでは右手で入力する
「y」が左にあります。
(ついでに言うと私は「g」「b」まで前のキー次第でたまに右手で押す癖がある)
「BS」も「|\」と共存させられています。
「ESC」が「全半」と共存です。

極めつけが「DEL」キーの位置です。
頭にケツがありその先に鼻がある不合理身体生物
ニコチャン大王顔負けの配置です。

結構学習コストが高いです。


あと、これ製品情報にも書かれていないんですが
この特殊なALTとCTRLのせいなのか
キーによっては2キーロールオーバーになります。
前のキーボードで
CTRL+ALT+Cに割り当てていたショートカットが
このキーボードにしたら機能しなくて
最初なんだかわからなかったんですが
つまり3キー同時押しを認識しない組み合わせがあります。
CTRL+ALTと何らかのキーです。
3キーロールオーバー可能なキーもあります。
どれがダメなのかは調査していませんが

テキストエディタMeryに設定していたショートカットの多くが
これのせいで死んだので、再設定しました。
でも元々ごちゃごちゃになってて整理しなきゃなって思ってたんで
これを契機に綺麗になったのも事実です。


あんまりにもキー配置の学習コストが高すぎるので
キーの読み替えアプリ「KEYSWAP」
で、勝手にキーを入れ替えました。
KEYSWAPは常駐しないのでリソースも食いません。素敵なアプリです。


・地獄のような縦幅半分のALT/CTRLは、両方ともCTRLキーにしました。
・殆ど使わない無変換キーをツブしてALTにしました
上記二つで普通のキーボードに近いCTRL/ALTの配置になります。

・全半キーは使用頻度が低く、私はESCキーを多用するのでこの二つを入れ替えました
このキーボードではfnでの共存キーなので、同時押し関係の交換です

・右側変換(fnとSP同時押し)を右CTRLとしました
・カタカナひらがなキーをALTにしました
・「DEL」と「_\」を入れ替えました
右側の左下にALT/CTRL/DELを集めて学習コストを下げると同時に
カーソルキー左を押すつもりでDEL誤爆を防ぎ
比較的使用頻度のあるアンダースコアを押しやすい位置に少々移動

これで大分使いやすくなりました。


色々ありましたが
「左右分離キーボードで充電式青歯接続、かつモバイルできる薄さ」
という唯一品が出来上がりました。
概ね満足しています。
これ以上は本当に自作キーボードの沼に入るしかないなと思います。

Windows環境でタッチパッドT651を使う

Windowsタブレットのタッチスクリーンって操作しにくいと思います(断言)

マウス付いてりゃいいんですけど
個人的に最近タッチパッドが魅力的でして。

「なんでタブレットでわざわざタッチパッド」
っていうのはもはやただの使い心地の趣味なので
ああだこおだと言うつもりはないです。


Windows用の無線のタッチパッドって
青歯だとキーボードと一体になったこういう奴
しかないんですよね。
普通の四角い板だけをマウスの代わりにするような奴で
キーボードと独立してるのは殆ど無くて、
あっても全部電波無線で要ドングル。

タブレットのUSBポートは貴重な資源であります。
場合によっては給電を要するので塞がりますし
そんなものの対応のためにUSBハブぶら下げるのも美しくありません。
お前の美学とかどうでもいい

とにかく
Windows環境では青歯接続のタッチパッド独立のデバイスというのが無い。
何故だ、本当に解せない。

でタイトルの通り
T651というロジクール製のタッチパッドがあるんですがこれはMac用です。
T650というのがWindows用なんですが例に漏れずドングルが必要なのでイヤ。
何故青歯にしなかったのだ…というか共用にしてよう。

Mac用の青歯タッチパッドをWinにペアリングするとどうなるかっていうと
・タップでの左クリック
・ホールドでの右クリック
・二本指スライドでのスクロール
は出来るのですが

ドラッグが出来ない。

のです。

T651って結構昔のデバイスなので安値で投げ売りされてるので
たまに2000円台とかで買えルみたいです、私は2800円くらいで売ってたのを買いました。
Amazonではいつの間にか無くなってますね…ヤフオクだと4000円弱でしょうか。

Macにつなげば4点タッチとか非常にリッチな機能にありつけるというのに
これは悲しい。せめてドラッグくらい出来れば十分なんですけど。

まあタブレットなので
ドラッグが必要なシーンではタッチスクリーンで済ませばいいし
最初はそう割り切ってました。
でもやっぱりタッチパネルだと操作性が悪い。
ウィンドウの大きさを変えたいときとかイライラします。
そろそろ私も老人力高めです。


何よりですね、
T651の表面すべすべで気持ちいいのでこっちでやりたい
ってなります。

一応蛇足に付け足しておきますと、
キーを打ってて誤操作してハンマーでブチ割りたくなる
ノーパソのアレとは本当にさわり心地が全然違うんです。
一緒にすると地獄に落とされるレベルです。

ついでに言うと職場貸与のノートPCではセキュリティ云々とか言って
メーカー提供のドライバをDL出来ず、
タッチパッドをオフに出来ないことがあって殺意倍増。お前が地獄に落ちろ。

T651(おそらくはT650も、本家のMagicTrackpadもそうなんでしょう)の表面、
マジですべすべで気持ちいい。

巨乳キャラでおっぱいマウスパッドがあるんだから
貧乳キャラやショタキャラでおっぱいトラックパッドがあってもいいだろ

って位触ってて気持ちいいです。すべすべ。
操作してるだけで気分よくなれます。

キーボードと独立なので好きな場所におけるので使わなければ横に放り出してもいいし
右に置いても真ん中においても
タブレットならキーボードの奥側においてもいい。

このさわり心地のためにマウスもトラックボールも止めていいって思えます。



で、
ダメ元でロジクールさんのところ見に行ったけど
やっぱりMac用のドライバしかないですね。

ダメ元で
「MacのCampfire上のWindowsでMacのMagicTrackpadを使うためのドライバ」
を示すiniファイルを取り出して
「T651のドライバとして読み込ませる」
という暴挙
にでてみたのですが
Windowsが落ちてしまうだけでした。

ダメと言えば当たり前にダメダメなんですけど、
まさかマウスドライバに変なもん突っ込んだだけで
OSが何の警告表示もなくあの懐かしい感じでスコンと落ちる
とは思ってませんでした。


というわけで次の方法を探ります。

マウスユーティリティジャンルのフリーソフトで
例えば
トリプルクリックをしたらドラッグホールドをボタン押下無しで続けてくれる
ようなマウス支援機能を持ったものが無いかなあ、
なんて探しましたが
そんな都合のいいもんはありませんでした。

作れって話ですか? 御免ですね。




ので次の手次の手となって落ち着いたのが
キーボードでマウスを操作する系のアプリでホットキー切替が効くモノ
でした。

右左クリックを特定のキーに割り当てておいて普段は不使用
ドラッグが必要になったらホットキー起動して
特定のキーでマウスのキーを代用しようということです。

これを入れるとタッチパッドをデバイスとして用意する必要そのものがなくなる
んですが、
既にT651を使うこと自体が目的化しているのでもはやどうでもいいです。

さて
この手のあぷりは結構あるような気がするので何でもいいんですけど。
私は適当に見つかったKBMouseというフリーソフトを使わせて貰いました。

常駐するんですがまあいいかな。
個人的に全く有効活用できていない「カナ切替キー」
(SPキーの右の、いつの間にか誤爆して入力モード訳わからなくなって殺したくなるキー
こいつは一体何に使うのだという位使わない)
に有効/無効切替を割り当てて、
マウス左右ボタンのクリック以外は使わないんで
他のマッピングは全部外します。付けといてもいいと思うんですが。

不適合トラックパッドを無理に使うために発見したアプリなんですけど
普通に有用なアプリに見えます。かなり色々設定できますねこれ。

それはさておき
これでドラッグが必要なときにはカナ切替キーを押して、
クリックにマッピングしたキーを押しながら
トラックパッドをすーと動かせばドラッグできます。

どうせトラックパッドなんて両手では触らないので
左手はキーボードに置き去り前提で構わないと思ってます。


このアプリにはスタートアップ登録の機能もあるんですが
Windows様から
VC++のDLLがねーよクソが
って怒られました。

スタートアップくらい
ただ実行ファイルのショトカを自分で突っ込めばいいんですが
何故かムキになってVC++ランタイムを入れてしまいました。
反省しています。




とりあえず、これでWindowsタブレットでT651を不足機能無く使えそうです。
タブレットならタッチスクリーンで逃げれますけど
もしタッチ機能の無いデスクトップでこのトラックパッドを使う場合には
同じ方法で妥協もアリかなと思います。
でも悪いこと言わないんで
デスクトップならT651でなくT650買って下さい。

【勇儀/萃香/さとり/こいし】勇儀玉責

キンタマ虐めと、精子の睾丸逆注入は
いずれ書きたいモノの一つでした。夢が一つ叶った(?)
ホントに可能かどうかは知りません。多分無理でしょう。

誰でやるか迷ってたんですが、勇儀はやってみてぴったりだなと思いました。

内容的に特に語ることはありませんが、
読みは「ユウギギョクサイ」ということにしといてください。
玉砕とかけたつもりなんですけどどうにも巧く表現できそうになかったので
そのまま玉責にしました。



そういえばここんところ何作か、投降したっきりこのblogにアーカイブしてなかったな…。

以下、アーカイブ
続きを読む

ドンキの「ジブン専用PC&タブレット3」を買った話

Windowsタブレットは
iWork7というwindows8.1の中国製のタブレット
を持っているわけですが

こいつ悪くないんですけどとにかく本体ストレージがノミの脳みそほどしかなくて
WindowsUpdateしながらちゃんと運用なんかしようモノなら
あっという間に容量警告が出ます。
メモリを圧迫して挙動が不安定になるという、
コレ絶対作って満足しただろって感じ。

せっせと不要ファイルを消したり、
黒画面からJunction設定で
Windowsの既定ディレクトリを無理矢理SDカードに移動したりして
ごまかしごまかし使ってたんですがどうにもこうにも無理が来ました。

こいつにOffice365Soloが入ってるっていうんですから
何ていうか
「三輪トラックに無理に滑腔砲乗っけたって動けて敵に当てれれば戦車と同じ」
みたいな無茶な兵器思想の様な感さえありちょっと愉快です。ジオンか。

でもこの子の7inchという一緒に出かけたくなるサイズ感は
本当にいい子でした

以前、東方夜伽話で公開/東方蛍光祭1で頒布した
「筋書き通りのスカイブルー」というSSは
文庫本サイズの本で1000ページくらいの容量だったんですけど
基本的にこのiWork7で書き切りました。

7インチタブレットとOnenoteで執筆という、
一般的な文章書きからすると狂気といわれそうな環境でしたが
当時使っていたWindowsMobileとの親和性も鑑みて
個人的には割と気に入っていました。
やはり
「Windowsであることの信頼感」
「タブレットだから外でも書けること(というか家で書かない)」
「7インチというお出かけに邪魔にならないサイズ」
が強かったと思っています。

Windowsタブレットは現在最低8インチとなってしまっています。
8インチって個人的に一番どうしようもないサイズなんですよね。異論は認めます。

7インチ知っちゃうと小回りが利くようなサイズ感じゃないし
かといって
10インチクラスみたいに大画面を感じられるわけでもないし
ほんと水陸両用設計では宇宙運用できないことを思い知らされます。
せめて赤くして処理速度が1.3倍にでもなるならしますよ。


さて、このiWork7ですが
上述の通りもう容量逼迫で使い物にならないので
なんか玩具にでもしてしまおうと思ってUEFI弄ってたら
間違ってWindows起動前のUSB認識をオフにしてしまったらしく
(今となっては確認取れず)
タブレットでこれをしてしまうと当然PS/2キーボードなんか刺さりませんから
二度とUEFIにアクセスできなくなるというアホをしでかしまして
まあWindwosが起動すれば認識するんですけど
なんだかキズモノ娘になってしまったので、
容量の件もあり放り出しています。



それからしばらくして
もう一回大きめのSSを書く機会が生じて
同じく東方夜伽話で公開*東方蛍光祭2で頒布した「雲わく道に山居の命」って
文庫本で1200ページくらいのSSを
Android携帯とAndroidタブレットで書いたんですけど
「やっぱりWindowsがいいな」ってことを思いました。


AndroidでSS環境は、機能的には満足しています。
環境を整えるのに必要な経済的な投資もWindowsに比べて圧倒的に低い。
iPhone?Macなんて金持ちの持ち物だ。
Androidタブレットは当然Android携帯電話との親和性も高く、
出先で気軽に書くことも含めて
性能-コスト-小回りの各面でかなり強い。
AndroidでSSを書くということについては大いにアリだと思っています。

Androidでまあ人に向かって「そこそこ長いもの書いたよ」って言える程度のSSを
実際に自分で書いてみた時に感じたのは
Windows環境で書きたがる自分の贅沢さということでした。
単にアプリの都合だったり、シングルタスクなUIへの不満だったり
それは些細なことでしかなかったからです。

「小説書くのにAndroid(もしくは携帯電話)とか、ないわ」ってのは
「クリエイターなら、Macだろ」みたいな薄っぺらなモノです。

それでも私は総合的に見てWindwosを好んでしまいました。
上述の通り、DTP作業をするときのアプリとの親和性や
マルチタスク(ウィンドウUI)環境への欲求が強いだけです。


とはいえ、
Winddowsタブレット(あるいはノートPC)なんて
マルチメディアがフルで扱えるようなパワフルなマシンなんて、
SSを書くような目的では不要なんですよね。

昔出回っていた「ネットブック」みたいな
そういうレベルのモノでいいんですけどこれが中々ない。
そういう点では、上述のiWork7ってのは非常に優秀なマシンでした。
価格も1万円ちょっとと、とても安かったですしね。

2万円台のタブレットって枠で探すといくつか出てくるんですが
評価がまちまちなのと、なんだか不安感がつきまとう。
メーカー的には有名なんですけど、何なんでしょうかねえ。

そんな中で知ったのが
前置きが長い
ドンキの「ジブン専用PC&タブレット3」
でした。

これは明らかに自分の悪い癖なんですけど
「どうせ不安感があるなら、一番面白そうな奴にする」
ってことで、こいつが凄く気になりました。

スペック上とてもコスパがいい。妙にいい。
で、それをPCメーカーとか家電屋でなくて、ドンキが出してるって、
どう考えても胡散臭すぎるじゃないですか。


発売から1ヶ月弱?経ってから

「前のSS書き終わって一息ついたし
 やっぱりWindowsがいいし、
 まだ売ってるようなら買ってみようかな」

と思ってネットを見たんですけど

「こんなの出るよ!」っていう前情報の状態で放置されたモノばかりが目に付きます。
使用感レビューと称した記事の多くは
どっかからコピーしてきたんだろっていう感じの内容か、
カタログスペックについて語っているだけ。
実際に使ってみたらしいモノはホントに少ないし
殆どの場合、基本的に「こんなクソ機体」ってこき下ろしている。

でもそういうユーザってヘビーユーザーなんですよね、大概。
PC(タブレット)なら、
「高解像度動画バリバリ見て、3Dゲームどかどかやれないとクソ」
みたいな。

私はWindowsタブレットに動画もゲームも求めてないし
何だったら2D落書きをしょぼしょぼ、だなんてことさえ考えてない。

処理能力の点では
「テキスト編集だけ」だなんて
「ネットサーフィンとSNS専用マシンです」
ってのと同じくらい志が底辺なので
そうした人たちのレビューは
書いてあることは正しいんだろうけど参考にならないと思ってみています。

5ちゃんとか見ると
「自分以外に他人にお勧めすることが出来ないって意味で"ジブン専用PC"wwwww」
ってのに対して
「自分でマッチした使い道考える位でないとこれ買う資格ねえよ」
とか
性能ではなくてユースとしてピーキーな感じがひしひしと伝わってきます。


そんな意識の高さは持ち合わせてないんですが
上記の通り多くを求めていない認識はあったので価格の安さと
ちょっとドンキまで行ってコレくださいって言える感じの手軽さに押されて買ってしまいました。

まあ残ってる店舗を電話しまくって探したんですけど。


当時は新大久保にまだ数台残っていたらしいので新大久保で買ってきました。
やはり
胡散臭い程に接客態度のいい店員ににっこにこされながら対応して貰った
のでちょっと怖かったんですが
まあドンキくらい名の知れた店で下手を打つと下手なことになることくらい店もわかってるだろうし
ある程度信用してもよかろうということで。

では使用感。

スペック的なモノやアウトラインは他の記事でも読んで下さい。



■ハードウェア構成
【画面】
物理サイズは10インチクラスだけれど、
ディスプレイの解像度が低いので大きさのメリット感は薄い。
ただまあ、
この価格のこのスペックのタブレットで高解像度を乗っけられても
そうそうやることもないので、相応かなと思っています。
何より、文字を打つ用途なら、十分な解像度です。

ここで
ポメラハイエンド機DM200の画面解像度
をご覧下さい。
こんなもんありゃ十分なんですよ。

ディスプレイの無駄に視野角がよく、
喫茶店などでエロSSを書いてると
隣の席からでも♥まみれの頭の悪い文章がもろに見えてしまいます。
大きなマイナスポイントです。

価格の割に評価が高いディスプレイを採用していると思います。

【サイズ感】
当然ディスプレイに引っ張られるんですが
10インチ。
個人的なユース(文章打ち)に対しては無駄にでかいという印象です。
作業する分にはいいんですけどね、
やっぱり持ってくときに「よいしょっと」感があるし

「ちょっと出かけるけどもしかしたら時間が出来るかも知れないから
持ってくだけもってこっかな」
って時には持って行きたくありません。
7インチならそういう気分で持って行けた。

【キーボード】
2on1タブレットとしての存在を前面に出しているので
キーボード(ドック)が付いているのですが
私は自分の気に入りのキーボードがあるので
即座に取って箱に戻して封印の地(北バレンヌ)に送りました。
ルドンでないだけ有難く思え。

ちょっとだけ触った感じは、
キーが小さく、キータッチも悪い。
1000円キーボードの雑魚メンブレンより更に雑魚。
サイズ的に当然ですけど。
タブレットを操作するために付いてる付属品と考えると相応かなという感じ。

ただこのキーボード(ドック)、
USB-Aポートが左右側面に一つずつ配置されている
のはかなりいいと思う。
売り文句通りノーパソ的な使い方するときの使い勝手の良さも
ちゃんと考えたんだろうな、と思います。私は取っ払いましたけど。


キーボードにはタッチバッドが付いているけど、
タッチディスプレイであるタブレットであることを考えるとなくてもいいかなと思い、
私は自前のモバイルキーボードとタブレット部分だけで運用しています。

体に合わない付属品を無理に運用しようと思うと不幸になるだけなので、
さっさと別れさせて別の青歯キーボードと再婚させてあげた方が幸せです。

文字を打つ用途なら付属品を使用するよりも
気に入りのキーボードを自分で用意する方が幸せですしね。


【インターフェイス】
上述の通り、キーボード部分は亡き者にされていますので
存在するのはタブレット側に備わったモノだけ。
USB-C(流行の上下逆でもいい奴)が一つと
HDMI-D(いちばんちっこいHDMI)が一つ。

HDMIは個人的なユースで使う予定がないので語りません。
動画とか見るつもりないし、ゲームもせんだろうし
スペック的にそれは無理がある気がするので、
おまけ程度のインターフェイスかなと思って眺めてます。

USB-Cは充電コネクタを兼ねているので、
充/給電中はハブを使用しないとUSB機器を接続できません。
外行くのにハブを持って歩くのも馬鹿らしいので
周辺機器を青歯で統一することに。

元々Androidタブレットからの乗り換えなので
無線USBドングルが要るようなキーボードは持ってないんですが
マウスやタッチパッドを付けたいなと思うときには注意かも知れません。

特に青歯接続のWindows用タッチパッドっていうのは
1機種か2機種しか存在しないようです。
まあタブレットにタッチオパッド要るかどうかって話ですけど。

Mac用の販売後爆死したらしいタッチパッドが
半額以下で捨て売りされていたので買ってみたんですが
ドラッグが出来ない以外はそこそこ幸せになりました。
そもそも文章入力中にマウスドラッグとかしないですしね。
タブレットでもWindowsのUIはやっぱり
それでもポインティングデバイスがあった方が細かなところで幸福度が高いです。




■アプリとか
【プリイン】
こいつにはOfficeMobileが入っているんですが
(ディスプレイサイズが規定以下の場合は無料で使えるというアレに則っているらしい)
iWork7よりはマシだろうと思って、
Office365Soloを入れてみたところ
まあやっぱり容量をクソ圧迫したのですぐMobileに戻しました。

普段使いならMobileでも十分ですし。

そのほか会社の推し?アプリとかが入っていたりもしません。
起動後はかなりクリーンなwindows10で好感が持てます。
バックドアがあるとかそういうのは私の技術力ではわかりません。


【メモリとかCPUとか処理速度】
文章入力しかしないので不足を感じたことがない。以上。
と、いいたいところなんですけど
セキュリティソフトを入れると結構重たくなります。

私は信用できるアプリやディレクトリを監視対象から外しています。
推奨はしませんけど、それで劇的に改善しました。

安めのタブレットを使うと必ずそうなんですけど
起動直後にWindowsUpdateとか、Defenderの更新とかしにいきがちなので
その間はどうあっても激烈に重いです。これは諦めてます。


【他】
あと、起動直後に
VB.NETっぽい何かの謎のウィンドウがいくつも連なって表示されては
即座に消える
んですがコレは何なんだろう。
まだ調査できていません。


■稼働時間
あんまりちゃんとはかってないというか
そんなに長時間無電源で作業しようと思わないので
三時間以上確保されていればどうでもいいと思ってるんですが、
経験上逆算すると
テキスト入力とその間の調べ物ブラウジング程度では
公称通り5時間程度は持ったなという印象です。

ただ、
私がフル充電きっちりしてから出かける何て几帳面な性格ではないので
4時間程度を目安にしています。


■総評
満足しています。
ユースを限定してのことになるので全面的に推せるというかというと
それは圧倒的にNOなんですが
ライトなユースであればマッチするだろうと思います。

出先でWindows環境内で文章入力する、
という目的では不満が出る要素は今のところありません。
とりあえず
sjis換算で200kbyte程度のSSを書き上げた&その期間使い続けましたが
起動しなくなったとかそういうこともなく安定しています。

何より使い慣れたWindows環境なので
出先で何か「ん?」ってことがあっても自前で対処できるのが安心感です。
Androidは余り詳しくないので、何か問題があったときに
「これはオレが悪いのか?アプリか?OSか?」と切り分けが出来ずに
ひいては解決も出来ないことが多いんですが
それがないというだけでも精神的に楽です。

文章打ち以外の用途でどうなのかは知りません。自分で試してください。

多分、ドンキが狙ったライトなユーザ層ってところに
テキスト程度の文章作成やウェブブラウジング程度のユースは
ぴったりはまっているのだと思います。

でも個人的にはキーボード要らなかったんであと2000円値引いて欲しかった。